バーナード・ウェーバー

人物・団体ページへ

アイラのおとまり

バーナード・ウェーバー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784198607401
ISBN 10 : 4198607400
フォーマット
発行年月
1997年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
48p;28

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • kiisuke さん

    はじめてのおとまり。アイラは迷っています。大好きなぬいぐるみのタータを連れていこうか、どうしようか…。ひとりでおとまりすることへの不安とお友達に対するプライドの間で葛藤する成長の途中にある子どもの気持ちが伝わってきて愛おしい。ホッと安心できる嬉しいオチは『ネタばらし』したいところですが、がまんがまん…^ - ^ところで『ワニのライルシリーズ』でもお馴染みのこちらの作者、子どもたちの豊かな表情がチャールズシュルツの描くピーナッツシリーズにどこか似ていると感じるのは私だけかな^ ^アメリカのロングセラー絵本。

  • しぃ さん

    かわいい。まだ甘えたいけど、外では格好つけたい、そんな微妙な年頃の男の子のお話です。男の子同士ってまた独特にかわいいなあ。

  • mari さん

    おとまりの前に子どもに読んであげたい、とっても可愛い本!ぬいぐるみ、お友達も同じで、安心して眠る姿が微笑ましい。

  • ゆ さん

    久々のヒット絵本。いつもくまのぬいぐるみと寝ている男の子が、友達の家に泊まりに行く時にくまを持っていく持って行かないを家族とやりとりする。気持ちを逆なでするお姉ちゃんと意地を張る男の子の構図がリアル。くまを持っていくか聞いても話をそらす友達だが、彼も実はくまと寝てるというオチ。 えっフーフーちゃん? がわが家の流行語に。

  • ぱせり さん

    イベントじゃない日の、この子たちの普段のおやすみなさいの時間が透けて見えるのがいいです。二人が心寄せる大切な宝物が微笑ましくて。思い切り背伸びした二人も、気持ちよさそうな寝顔の二人も、なんてかわいいんだろう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バーナード・ウェーバー

1921年〜2013年。30冊以上の作品を持つアメリカの作家。代表作に、文章と絵の両方を手がけた「ワニのライル」シリーズ(大日本図書)がある

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品