バートランド・ラッセル

人物・団体ページへ

神秘主義と論理

バートランド・ラッセル

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784622074250
ISBN 10 : 4622074257
フォーマット
発行年月
2008年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20

内容詳細

イギリスの哲学者、ラッセル自選のエッセイ集。表題作をはじめとして、科学が提示する新しい世界像の中で、人間はどのような信仰を構築し売るかを論じた「自由人の信仰」など、その明晰な哲学の全貌を収録する。

【著者紹介】
バートランド・ラッセル : 1872‐1970。イギリスの哲学者。ケンブリッジ大学で数学・哲学を学んだ。1910‐13年にはホワイトヘッドと共に画期的な著作『プリンキピア・マテマティカ』(3巻)を著わし論理学や数学基礎論に貢献した。第一次大戦が勃発するや平和運動に身を投じて母校の講師の職を追われ、1918年には4ヵ月半投獄される。以後社会評論や哲学の著述に専念し、ヴィトゲンシュタインとの相互影響のもとに論理実証主義の形成によって大きな影響を与えた。1950年哲学者として3度目のノーベル文学賞受賞。また原爆禁止運動の指導者のひとりとして99歳の生涯を閉じるまで活動を続けた

江森巳之助 : 1917年東京に生れる。1942年東京大学法学部卒業。元経団連国際部長、図書館長。2001年歿(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バートランド・ラッセル

1872‐1970。1872年生まれ。イギリスの哲学者。17世紀以来のイギリスの貴族ラッセル家に生れる。ケンブリッジ大学で数学・哲学を学んだ。1910‐13年にはホワイトヘッドと共に画期的な著作『プリンキピア・マテマティカ』(3巻)を著わし、論理学や数学基礎論に貢献した。第一次大戦が勃発するや平和運

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品