バージニア リー バートン

人物・団体ページへ

ちいさいおうち 大型絵本 第47刷改版

バージニア リー バートン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784001105537
ISBN 10 : 4001105535
フォーマット
出版社
発行年月
1965年12月
日本
追加情報
:
24×25cm,40p

内容詳細

静かないなかに、ちいさいおうちがたっていました。
まわりに工場ができ、にぎやかな町になるにつれて、ちいさいおうちは、白いヒナギクの花の咲きみだれるいなかの景色をなつかしく思うのでした。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • pino さん

    小さい家は、静かな田舎で暮らしていた。美しい四季を見つめる顔は、とても幸せそう。やがて、周辺の開発が進み、静かな生活は一変する。ビルに囲まれた小さい家が元気をなくし朽ち果てていく様子が痛い。私が知っている小さい家は、茅葺で、おばあさんが一人で住んでいた。石を踏んで川を渡るとあった。ある年、川は、コンクリートで整備され、その変りように愕然とした。おばあさんも、間もなく亡くなった。この本は環境問題も訴えているようだけど、今は、小さい家の幸運な物語だと捉えたい。茅葺の家も、幸せな顔して、川向こうを見つめていた。

  • 月讀命 さん

    この本は、幼稚園の時に初めて読んだ本です。45年くらい前に、叔母に貰らい何度もなんども読みました。中学に行く頃には、既に家には無かった。最近、本屋の児童書コーナーで見つけ懐かしさのあまり購入してしまいました。 雛罌粟の咲く丘に一軒のちいさいおうちがあり、そこが徐々に都市化されてゆく。都会の喧噪の中の寂しい環境に取り残されてゆく。その後、この家はジャッキで田舎に運ばれ、自分の居場所に戻れると云うお話。 今この本を読むと自分自身にダブらせ、私には居場所が無く、過去を懐かんでいる様に思えるのは私だけでしょうか。

  • エンブレムT さん

    「この おうち ニコニコしてるねぇ」図書館のおススメ絵本のコーナーで、ウチの7歳児が表紙に興味を示したので借りてみました。ストーリーはノスタルジー色が濃くなんだか深いかも、と思いましたが・・・そうか!世界的にも評価が高い歴史のある絵本だったのですね!!ある時は嬉しそうに、またある時は寂しそうに、家が表情豊かな顔のように変化してみえます。なるほどなぁ〜!!『また お日さまを みることができ、お月さまや ほしも みられます』のところで小さくホッとしてる気配がして、読み聞かせの醍醐味も味わえました。良書です。

  • モリー さん

    原書に引き続き翻訳を読みました。原書から受ける印象と翻訳から受けるそれとの若干のズレが、深読みへと私を誘いました。例えば、「あぱーとめんと・はうすやら こうだんじゅうたくやらが」小さい家を囲んでいく様子を説明する部分ですが、原文で使用されている単語は、「apartment houses and tenement houses」です。英語で読む方が、都市における貧富の格差をより意識させられます。また、小さな家は古くてもしっかり作られているため、最後はヒナギクの咲く丘に移動してパッピーエンドを迎えますが↓続く

  • 手を洗う♪みどりpiyopiyo♪ さん

    お日さま色のひなぎくの咲く表紙を見ると なんだかにっこりしちゃいます。大好きなお話♡ ■ひなぎくの咲く丘でのんびり暮らしてたちいさいおうは、周りがどんどん街になって…。ちいさいおうちは、それをみな じっとみていました。■何回読んでも、途中で泣きそうになって最後はほっとしてにっこりしちゃいます。ちいさいおうちは、もうすこしも さびしくなんか なくなりました。いなかでは、なにもかもが たいへん しずかでした。■ばーとんさんと いしいももこさん。■新しい暮らし、よかったね( ' ᵕ ' )

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バージニア リー バートン

Virginia Lee Demetrios。1909‐1968。マサチューセッツ工科大学の学監を父とし、イギリス生まれの詩人兼音楽家を母として、マサチューセッツ州の小さな町に生まれた。23歳で、ボストンで絵の教えをうけたギリシャ系の彫刻家、ジョージ・ディミトリオスと結婚して、フォリーコーヴに定住。

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド