DVD 輸入盤

【中古:盤質B】 チャイコフスキー『くるみ割り人形』 マリインスキー劇場バレエ団、ゲルギエフ指揮

バレエ&ダンス

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
B
特記事項
:
なし
コメント
:
盤中央部にひび割れあり
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
0743217
レーベル
Europe
画面サイズ
ワイドスクリーン
カラー
フォーマット
DVD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

マリンスキー劇場バレエ団、ゲルギエフ指揮/『くるみ割り人形』

チャイコフスキーのバレエ『白鳥の湖』で手兵マリインスキー劇場を用い、音楽のみのヴァージョンと、バレエの映像版の2種をリリースしたばかりゲルギエフ。『白鳥』の次に選ばれるのが『くるみ割り人形』、というのはさほど驚くことではないでしょう。但しご注意を。当盤の『くるみ』は、クリスマスに子供向けに上演される伝統的かつ心温まるヴァージョンではなく、「大人のための」演出がなされたものなのです。演出を担当したのは、世界的に有名な前衛美術家ミハイル・シェミャーキン。彼らしい人目を惹く衣裳と衝撃的な舞台装置がまずは「売り」となります。(この公演は彼らのパリ公演でも披露されています。振り付けはキリル・シモノフ)。
 また、『白鳥の湖』でロパートキナを起用していたように、映像では最高のダンサーの踊りが収録されているのも実に魅力的です。今回もマリインスキーの若きスターで日本でも既に有名な、レオニード・サラファーノフ(プリンシパル)と、当劇場でもソーモアと並びヴィジュアルのよさで知られるイリーナ・ゴールプ(セカンド・ソリスト)が出演しているのでバレエ・ファンには決して見逃せないものでしょう。類稀なる身体能力を誇るサラファーノフ以下、通常とは異なるプロダクションにもかかわらず、踊りの質が下がることなど微塵もないことは言うまでもありません。さらに、通常のバレエではカットや曲順の入れ替えなど普通に行われるものですが、当盤では完全ノー・カット版による演奏なので、チャイコフスキーのスコアを隅から隅まで味わえるのも嬉しくもまた、貴重。先の『白鳥の湖』と是非併せて揃えたいDVDです。2007年のクリスマスに向けてのリリース。(ユニバーサルIMS)

・チャイコフスキー:バレエ『くるみ割り人形』
 振付:キリル・シモノフ
 演出:ミハイル・シェミャーキン
 出演:
 イリーナ・ゴールプ
 レオニード・サラファーノフ
 マリンスキー劇場バレエ団
 管弦楽:マリインスキー劇場管弦楽団
 指揮:ワレリー・ゲルギエフ
 収録:2006年12月、サンクトペテルブルク、マリインスキー劇場


 収録時間:88分
 画面:カラー、16:9
 音声:リニアPCMステレオ、DTS 5.1chサラウンド
 NTSC
 Region All

収録曲   

  • 01. Tchaikovsky: Nutcracker- Complete Ballet

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
人にはそれぞれ好みというものがあって、こ...

投稿日:2010/08/24 (火)

人にはそれぞれ好みというものがあって、これは、HMVのレヴューにもあるように、いわゆる、クリスマスにやる童話的な、オーソドックスな『くるみ割り人形』ではありません。原作のホフマンのブラックでちょっとグロい幻想的な雰囲気がよく現れています。ストーリーや結末も違っていて、まったく別物と考えた方がいいでしょう。クリスマスのおとぎ話的『くるみ割り』が退屈な僕は、かなり楽しめました。たとえば、シュバンクマイエルとか好きな人も、それなりに楽しめるかも。ちなみに、マーシャを踊っているのは、ゲルギエフ・ロパートキナの『白鳥』で、王子の友達を踊っています(そのほか、四羽の小白鳥なども)。

LaLaLa さん | 滋賀県 | 不明

4
★
★
☆
☆
☆
ゲルギエフ・オケの演奏は、かなり素晴らしい...

投稿日:2007/12/18 (火)

ゲルギエフ・オケの演奏は、かなり素晴らしい(但しスヴェトラーノフ、、ロジェストヴェンスキーの同曲のDVDの演奏よりは落ちる)。反面、ダンスが「くるみ割り人形」のような幻想バレエに全くふさわしくなく、観ていて気分が悪くなる。これは新規さ、奇抜さを装ったシモノフの振り付けが、プティパ・イワノフのオーソドックスな振り付けに比べて非常に低レベルだからだ。例えばこのバレエの最高のハイライトの一つであるパドドゥの振り付けの貧弱さは情けなくなるほどだ。

聴楽斎 さん | 神奈川県茅ヶ崎市 | 不明

2
★
★
★
★
☆
先刻キエフバレエの素朴な「くるみ割り」を...

投稿日:2007/11/20 (火)

先刻キエフバレエの素朴な「くるみ割り」を見たばかりの目には、いささか刺激の強すぎる演出(ほとんどパロディと言ってもよいほどだ)に馴染むのには時間がかかりそうだ。 そのキエフバレエ出身で日本でも人気急上昇中のサラファーノフ演じる王子のあどけなさの残る容姿と卓抜した技術のギャップも見所である(出番が少ないのが非常に残念、普通の演出で見てみたかった) 演出は奇抜だが、ゲルギエフ指揮のオーケストラは速めのテンポで正面からぐいぐいと押していく、これは見事というほか無い。 観る前に若干の心の準備が必要かもしれない。

天然芝 さん | 秋田県 | 不明

3

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品