CD 輸入盤

管弦楽のための協奏曲 スクロヴァチェフスキ / ザールブリュッケン放送響

バルトーク (1881-1945)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
OC306
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD

商品説明

巨匠スクロヴァチェフスキの最新録音
エームス・クラシックスより発売決定!!



バルトーク:管弦楽のための協奏曲、弦楽のためのディヴェルティメント
スクロヴァチェフスキ 指揮 ザールブリュッケン放送交響楽団
録音:2002年11月、ザールブリュッケン、コングレスハレ



1997年にマーラー=ブルックナー協会からゴールド・メダルを授与されたスクロヴァチェフスキは、ギュンター・ヴァント亡き後、現代最高のブルックナー指揮者の一人として広く認知されていますが、一方で、彼は無類の「鳴らし屋」としても知られており、オーケストラ・ビルダーとしての非凡な才覚と、楽譜に対する積極的なアプローチにはすでに定評のあるところです。
 今回登場するバルトークの「管弦楽のための協奏曲」は、すでにミネアポリス交響楽団と1977年にレコーディングしており、このCDは実に25年ぶりの再録音ということになります。
 「管弦楽のための協奏曲」といえば、スクロヴァチェフスキは作曲家として自分でも同名の曲を書いており、ルトスワフスキの同名曲とともに、これまでにたびたび指揮をしてきたいわくつきの作品でもあります。
 今回のスクロヴァチェフスキの演奏は、前録音からの四半世紀に及ぶ経験を実感させる優れたもので、随所で卓越したオーケストラ・ビルダーとしての手腕を発揮しつつも、作曲家としての視点から、引用素材や構造的な特質にも細心の注意が払われており、細部情報の面白さは無類です。スクロヴァチェフスキ会心の再録音といえるでしょう。

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ブルックナーが良くて興味がわき、シューマ...

投稿日:2021/07/05 (月)

ブルックナーが良くて興味がわき、シューマンも気に入って、連続して聞いたこのバルトークも良いですね。繊細さが少し意識された感じがしました。

せごびあ さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
★
2曲とも緊張感があり素晴らしい演奏です。

投稿日:2014/04/20 (日)

2曲とも緊張感があり素晴らしい演奏です。

カズニン さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
¥590でまた素晴らしい演奏にめぐり合えた...

投稿日:2005/09/29 (木)

¥590でまた素晴らしい演奏にめぐり合えた。恐るべきMr.S、最近思うが、作曲家兼、指揮者の演奏というのに興味がある。「あれ?」という副旋律の美しさを教えてくれる。それにしてもザールブリュッケン放送交響楽団は巧い。終楽章の出だしのホルンなど、シカゴ響より強奏で、実にカッコが良い。

ギネス さん | 横浜 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バルトーク (1881-1945)

【新編名曲名盤300】 管弦楽のための協奏曲 | 弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽 | 弦楽四重奏曲(全曲)

プロフィール詳細へ

バルトーク (1881-1945)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品