CD

バルトーク:2台のピアノと打楽器のためのソナタ、ラヴェル:スペイン狂詩曲、他 アルゲリッチ、フレイレ、ザードロ、他

バルトーク (1881-1945)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCG4730
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

スタンダード・コレクション
バルトーク:2台のピアノと打楽器のためのソナタ、他
アルゲリッチ&フレイレ


古典的な均整感を漂わせながら民俗的要素を昇華させ、絶望感や苦悩が表現された『2台のピアノと打楽器のためのソナタ』。繊細な音色による洗練された『マ・メール・ロワ』、スペインの民族的リズムを巧妙に採り入れた『スペイン狂詩曲』。2台のピアノと打楽器のために作曲されたバルトークと、ザードロが編曲したラヴェル作品を収録しています。アルゲリッチをはじめとする名手たちの演奏は、オーケストラとはまた違った魅力を備えています。(ユニバーサルミュージック)【収録情報】
・バルトーク:2台のピアノと打楽器のためのソナタ Sz110
・ラヴェル:マ・メール・ロワ(ザードロ編)
・ラヴェル:スペイン狂詩曲(ザードロ編)

 マルタ・アルゲリッチ、ネルソン・フレイレ(ピアノ)
 ペーター・ザードロ、エドガー・ガッジーズ(打楽器)

 録音時期:1993年2月
 録音場所:オランダ、ナイメヘン、コンセルトヘボウ・コンツェルトザール
 録音方式:デジタル(セッション)

【ユニバーサル・クラシックス スタンダード・コレクション】
ドイツ・グラモフォン、デッカが誇る豊富な音源から厳選された名盤や、2010年&2011年のアニバーサリー作曲家、来日予定アーティストのアルバムなどをミッド・プライスで再発売!

第1回発売:10月6日 50タイトル(DG25タイトルDECCA25タイトル
第2回発売:11月10日 50タイトル(DG24タイトルArchiv1タイトルDECCA25タイトル

内容詳細

ともに南米出身の同世代のピアニストだが、フレイレはアルゲリッチと組んで改めて、その存在を鮮明にアピールした。これはそのうちの1枚で、2人の調和と緊張感が見事にバランスされた名盤として名高い。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
バルトークの『2台のピアノと打楽器のため...

投稿日:2016/05/30 (月)

バルトークの『2台のピアノと打楽器のためのソナタ』は管弦楽編曲版もあるが、オーケストラがないほうが面白いように感じる。 ラヴェルの『マ・メール・ロワ』と『スペイン狂詩曲』は2台のピアノと打楽器のための編曲版。 編曲は打楽器奏者のペーター・ザードロ。 『スペイン狂詩曲』は打楽器がアクセントとして入ってきてなかなか効果的だったが、『マ・メール・ロワ』はピアノの豊かな表現に対して打楽器が寂しく聴こえた。

ユローヂィヴィ さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
★
バルトークの音楽は弦楽四重奏曲以外は」「...

投稿日:2013/05/12 (日)

バルトークの音楽は弦楽四重奏曲以外は」「管弦楽のための協奏曲」「弦楽器、打楽器、チェレスタのための音楽」とあまりピンときませんでした。、特に「中国の不思議な役人」は全く面白くなかった。演奏者に惹かれて本盤を聴いてやっと面白いと思えました。バルトークも良かったですが、それ以上にペーター・ザードロの編曲による2台のピアノと打楽器のための「マ・メール・ロア」と「スペイン狂詩曲」が素晴らしい。

ガメラ さん | 群馬県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バルトーク (1881-1945)

【新編名曲名盤300】 管弦楽のための協奏曲 | 弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽 | 弦楽四重奏曲(全曲)

プロフィール詳細へ

バルトーク (1881-1945)に関連するトピックス

室内楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品