CD

Violin Concertos: Harnoncourt / Cmw

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
WPCS21046
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明


バッハ:ヴァイオリン協奏曲集[全5曲]
アーノンクール/ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス

2挺用を含む3つのヴァイオリン協奏曲は、気高い美しさを湛えたいずれ劣らぬ名作揃い。カップリングの2曲は、失われたヴァイオリン協奏曲からの編曲と推測されるチェンバロ協奏曲からの復元版。夫人でもあるヴァイオリンのアリス、古楽オーボエの名手シェフトラインとの親密なアンサンブルが見事です。

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
アーノンクールと聞くとヴィヴァルディなど...

投稿日:2011/09/05 (月)

アーノンクールと聞くとヴィヴァルディなどで聴かれた過激なアプローチを思い浮かべるが、このバッハは端正な演奏で聴きやすい。夫人のソロものびのびしていて、アーノンクールのサポートも万全。音色は乾き気味で決して美しいとは思わないが、各楽器が溌剌と鳴っており自由かつ自然体のスタイルに惹かれる。どの曲も完成度高く録音も優秀。ということでバッハのヴァイオリン協奏曲集としては最も聴く頻度が高い盤。あまり話題にならないがこれはアーノンクール最良の名盤の1つといえる。

ワレンペラー さん | 広島県 | 不明

3
★
★
★
★
★
2枚組のLP時代から愛聴しています。 CDで...

投稿日:2009/11/29 (日)

2枚組のLP時代から愛聴しています。 CDでは1枚になって全曲を通して聴けるようになりました。 このディスクは資料的価値だけでなく、芸術的観点からもより多くの方々にお聴き頂きたい一枚です。 現在は隠れた名盤扱いのようですが、あ・うんの呼吸のアンサンブルが実に見事です。

指揮者ヲタク さん | 東京都 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品