CD

Toccatas: A.hewitt(P)

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
MCDA67310
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
五年ぶりに取り出して聴いたが、やはり良い...

投稿日:2021/01/27 (水)

五年ぶりに取り出して聴いたが、やはり良い。 トッカータでは多にあまり良い演奏はないが、これは別格。 活き活きとしています。安心して聴ける。 ヒューイットのバッハ演奏の中でも最上のものと思います。

ばんどうくじら さん | 福岡県 | 不明

0
★
★
★
★
★
バッハの器楽曲では録音が少ないトッカータ...

投稿日:2011/11/14 (月)

バッハの器楽曲では録音が少ないトッカータ全集。 有名なのはグールドだが、少々奇抜過ぎるためリファレンスには不向き。 古くはジャン=ベルナール・ポミエの名演があったが今は廃盤になってしまった。それ以降、本命盤は中々無かったのだが、そこに出た新機軸が、ヒューイット盤だった。 平均律クラヴィアでは類希れなる腕前を正当な演奏ではなく思い切りパロディ調に仕立て、この曲の愛好家からはソッポを向かれたはずの彼女だが、このトッカータでは非常に全うなアプローチをしている。 最近はファッツォーリにこだわる彼女だけれど、ここでは普通にスタインウェイを弾いているのが良いのか、私には実に好ましく聴こえる。 正直、平均律の旧録音で辟易し二度と聴くまいと思ったが、この演奏で評価を改めた。

こぶちゃん さん | 埼玉県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
悪くはないが少し期待はずれ。常識的という...

投稿日:2003/03/07 (金)

悪くはないが少し期待はずれ。常識的というか、穏やかすぎる。BGMとしてゆったり聞くのには最適だが、トッカータの演奏にはもっと大胆な即興性が欲しい。その点、聴いていてちょっと疲れるが、廻由美子の方が面白い。いや、一番個性的なのはやはりグールドか。全曲ではないが、リヒテルもいい。チェンバロならアンタイが最高だ。

cherokun さん | 愛知 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品