CD

Sonatas & Partitas For Solo Violin: Kremer (1980)

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
PHCP1700
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

内容詳細

名演。たとえば有名なパルティータ第2番のシャコンヌがもたらす至福。あるいはソナタの3つのフーガが圧倒的な技巧と彼にしかない感性で、いかにも高い精神性を獲得しているかなど……短い言葉では説明しつくせないほど素晴らしい。(も)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
6
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
名演奏・名録音でした。 全ての音に「こう...

投稿日:2020/01/31 (金)

名演奏・名録音でした。 全ての音に「こうあるべし」の意思さえ感じられました。 但し、あまりに上手すぎるので、余韻が残らない感じがします。再録音盤との差はその辺でしょうか?

古き良き時代 さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
☆
☆
☆
正直、アタックが強すぎて、聴いていて疲れ...

投稿日:2016/02/27 (土)

正直、アタックが強すぎて、聴いていて疲れる。

まーきー さん | 徳島県 | 不明

3
★
★
★
★
☆
   Zukofsky, Zehetmair, を聴いてこの...

投稿日:2013/04/06 (土)

   Zukofsky, Zehetmair, を聴いてこの盤を聴くと、頗る真っ当な演奏に聞こえます。然も装飾音がかなり入り、これら両 Z の後では些か古めかしくも感じます。Zehetmair は同じ頃、Zukofsky は更に十年前なのですが。然し、この二人の Z は今でも、魅了、惑溺という点では最高です。最近のものでは Madroszkiewicz. solo violin / Bach に沈潜、また、技ではこの盤が筆頭でしょう。ただ音楽は聴く人の主観であり好みと思っています。その意味では前三者に星一つ開きます。

四郎右衛門 さん | 大阪府 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品