CD

Prelude & Fugue: Gould

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
28DC5281
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
グールドのバッハ 小フーガ、前奏曲等のこ...

投稿日:2009/06/04 (木)

グールドのバッハ 小フーガ、前奏曲等のこのアルバムはバッハのこれらを作曲した目的が弟子や子息への教育用ということだとされていますが作品的には教育用といったレベルから飛翔して一つの作品グループを形成しているように思えます。特にグールドの手にかかると各曲の構造が些かの容赦も無く無機的に分解され再構築されていく過程を見せ付けられる思いがします。例によってグールドの口ずさみ声が持続的に聴こえるのが一種の「救い」にもなり教育用という身近さに気づかせてくれる「間」も感じます。素晴らしい盤と申せましょう。

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品