CD 輸入盤

Johannes-passion: Corboz / Lausanne Co Palmer Finnila Equiluz

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
2292.45406
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD

収録曲   

クラシック曲目

  • Johann Sebastian Bach (1685 - 1750)
    St. John Passion, BWV 245
    演奏者 :
    Equiluz, Kurt (Tenor), Van der Meer, Ruud (Bass), Finnila, Birgit (Alto), Krenn, Werner (Tenor), Huttenlocher, Philippe (Bass), Palmer, Felicity (Soprano)
    指揮者 :
    Corboz, Michel, Corboz, Michel
    楽団  :
    Lausanne Vocal Ensemble, Lausanne Chamber Orchestra
    • 時代 : Baroque
    • 形式 : Oratorio
    • 作曲/編集場所 : 1724, Leipzig, Germany
    • 言語 : German
    • 時間 : 115:0
    • 録音場所 : 10/1977, Crissier, Switzerland [Studio]

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
バッハのヨハネパッションも私の世代ではリ...

投稿日:2009/05/27 (水)

バッハのヨハネパッションも私の世代ではリヒターかヨッフムが相場でありましたが、新バロック派や旧東独収録盤の台頭で様々な優秀な別切口でのヨハネが登場しております。さて、このコルボ盤はそれらの中で比較的ソフトなタッチで、さすが合唱に真価を発揮していた彼らしい語り口となっています。深刻ぶったしんどい演奏は苦手でもう一つスンナリ自らに入ってこない私のような方にはクリスチャンでもないのに彼のヨハネ受難曲を聴き何かを自分のものにすべく応えてくれる「最高」の盤でもあります。なお、私は同演奏異盤で聴いております。

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品