CD

J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ集 ヴィクトリア・ムローヴァ

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCP3320
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ集
・パルティータ第1番ロ短調 BWV.1002
・パルティータ第2番ニ短調 BWV.1004
・パルティータ第3番ホ長調 BWV.1006

 ヴィクトリア・ムローヴァ(vn)

 録音:1993年6月/1992年8月

内容詳細

ムローヴァが、古楽奏法に目を向け始めた最初期の頃の録音で、ムローヴァが大きな変貌を遂げた記念すべき録音。無機的としばしば指摘された演奏が、この頃から、豊かなニュアンスが表れ、音楽に歌が満ちてきた。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
☆
☆
☆

2.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
この人の演奏としては食い足りない.曲へグ...

投稿日:2006/05/26 (金)

この人の演奏としては食い足りない.曲へグイグイと迫っていく音楽のパワーという点で,カニーノと組んだソナタの方がずっとよい.彼女はもっとすばらしいものを創れるはず.無伴奏全曲の再録音を期待したい.

S さん | Japan | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品