CD 輸入盤

鍵盤楽器のための作品集 アンドラーシュ・シフ(12CD)

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4801226
組み枚数
:
12
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

バッハ:鍵盤楽器のための作品集(12CD)
アンドラーシュ・シフ(ピアノ)


1982-91年デジタル録音。ピアノによるバッハ演奏数ある中で、その完成度においてひときわ高い評価を受けているシフのDECCA録音をまとめた12枚組。
 しっとり美しいベーゼンドルファーのサウンドを基調とした、端正でスタイリッシュなそのアプローチは、非常に普遍的かつ親しみやすいもの。そのうえ、なめらかに進行する音楽の中に秘められたニュアンスの豊かさや、装飾音の洗練されたひらめき、独特のスムースさを持つリズム処理の心地よさ等々、いっけんオーソドックスに徹したと思われるその演奏には、実に豊富な情報が込められており、聴き込めば聴き込むほどに味わいの増す名演との評価にも素直にうなずかされます。

CD1
・インヴェンションとシンフォニア BWV.772〜801
・4つのデュエット BWV.802-805
・半音階的幻想曲とフーガ BWV.903
CD2
・イギリス組曲第1〜3番 BWV.806-808
CD3
・イギリス組曲第4〜6番 BWV.809-811
CD4
・フランス組曲第1〜4番 BWV.812-815
CD5
・フランス組曲第5〜6番 BWV.816-817
・イタリア協奏曲 BWV.971
・パルティータ(フランス序曲)BWV.831
CD6
・パルティータ第1,2,6番 BWV.825,826,830
CD7
・パルティータ第3,4,5番 BWV.827,828,829
CD8
・平均律クラヴィーア曲集第1巻第1〜12番 BWV.846-857
CD9
・平均律クラヴィーア曲集第1巻第13〜24番 BWV.858-869
CD10
・平均律クラヴィーア曲集第2巻第1〜13番 BWV.870-882
CD11
・平均律クラヴィーア曲集第2巻第14〜24番 BWV.883-893
CD12
・ゴルトベルク変奏曲 BVW.988

 アンドラーシュ・シフ(ピアノ)

 録音:1982-91年(デジタル)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. レビューに記載

ディスク   2

  • 01. レビューに記載

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
16
★
★
★
★
☆
 
4
★
★
★
☆
☆
 
3
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
気負わずに聴ける美しいバッハですね。これ...

投稿日:2016/12/01 (木)

気負わずに聴ける美しいバッハですね。これはこれで素晴らしい解釈だと思います。デジタルマスターなので音質もそれなりに良いと思います。ただバロックが好きな方には少々違和感あるかもです。テンポ感なのでしょうか?ルバートしすぎなのかも。ここは一気に突っ走ってくれーってところでフニャ〜となります(笑)特にゴルトベルクに関してはグールドにはかなわない感じです。それと、バッハにはベーゼンはあまり合いません。スタインウェイの方が輪郭がしっかりとしてポリフォニーの美しさが感じやすいです。ま、個体差や録りの問題ももちろんあるでしょうが・・・。

けろりんぽん さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
★
★
一音一音、語りかけるような演奏で、他の評...

投稿日:2015/10/18 (日)

一音一音、語りかけるような演奏で、他の評価の高い演奏家から想像するとバッハ演奏の模範とはされていないかもしれないが、この盤のようなロマンティックな演奏は普遍的に良いものであると思う。

segovia さん | 愛知県 | 不明

2
★
★
★
☆
☆
確かにお買い得なセットである。グールド、...

投稿日:2014/01/30 (木)

確かにお買い得なセットである。グールド、リヒテル、バレンボイム、シフの4人で平均律クラヴィーア曲集全曲を聴き比べることができた。至福の時である。 しかし、このシフの演奏は出来・不出来がある。 パルティータは聞き応え十分! しかし、平均律は他の3人と比べると緊張感がイマイチ!リヒテルの第2巻における緊張感のなさと同じ程度だ。 パルティータではグールドを聞いた直後でも、十分に聞き応えがあるのに、残念! 平均律は、BGMとして流すには十分だ。美しい音を響かせている。しかし、じっくり聞こうとすると・・・。

小原っ子 さん | 愛知県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト