CD 輸入盤

管弦楽、協奏曲作品録音集 ジャン=フランソワ・パイヤール&パイヤール室内管弦楽団、ロベール・ヴェイロン=ラクロワ、ジェラール・ジャリ、他(15CD)

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
9029641463
組み枚数
:
15
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


パイヤールによる、望み得ない豪華ソリスト陣も加わった典雅極まるバッハ演奏集

エラート・レーベルは、バッハをカタログの要のひとつとして、ジャン=フランソワ・パイヤールが担当しました。パイヤールが1953年に設立した「ジャン=マリー・ルクレール器楽アンサンブル」、後にパイヤール室内管弦楽団と改名した彼の室内管弦楽団が、より優れた解明さ、軽快さ、活気さを実現するために、15人ほどの演奏者で構成され、新しいスタイルとしてのバロック音楽へ特に細心の注意を払い演奏につぎ込みました。歴史的な演奏に関する深い知識。正確さというだけでなく、明るさと感度、知性と成熟度、鮮度や優雅さを失うことなく、きらめく響き・・・新しいリリースごとに最大の賛辞が贈られました。また、フランスの名器楽奏者、ジャン=ピエール・ランパル、マリー=クレール・アラン、ロベール・ヴェイロン=ラクロワ、モーリス・アンドレ、ピエール・ピエルロらと、何年にもわたって、さまざまなトップ・クラスの演奏が生まれました。このバッハ・アルバムでも、望み得ない豪華ソリスト陣も彼の解釈を組み込み、典雅極まるバッハ演奏が繰り広げられています。
 すべて、オリジナル・マスターテープより2019年リマスター音源使用。

※輸入商品のため、入荷時点で、商品(ジャケット・外装ビニール・外装箱・ケース・封入物など含む)に、細かい傷・折れ・擦れ・凹み・破れ・汚れ・角潰れ・再生に影響のないディスク盤面の傷・汚れ・イメージ違い・個体差などが見られる場合がございます。
 商品の状態・品質につきましてはあらかじめご了承の上、ご購入いただけますようお願い申し上げます。(輸入元情報)

【収録情報】
J.S.バッハ:管弦楽、協奏曲作品録音集

Disc1
1. ピアノ協奏曲第1番ニ短調 BWV.1052
2. ピアノ協奏曲第2番ホ長調 BWV.1053


 ジェルジ・シェベック(ピアノ)
 ジャン=マリー・ルクレール器楽アンサンブル
 ジャン=フランソワ・パイヤール(指揮)

 録音:1958年5月(ステレオ)
Disc2
1. 4台のピアノのための協奏曲イ短調 BWV.1065
2. 3台のピアノのための協奏曲ニ短調 BWV.1063
3. 3台のピアノのための協奏曲ハ長調 BWV.1064


 ミシェル・ダルベルト(ピアノ)
 パスカル・ドゥヴァイヨン(ピアノ)
 アンヌ・ケフェレック(ピアノ:1,2)
 ジャック・ゴーティエ(ピアノ:1,3)
 パイヤール室内管弦楽団
 ジャン=フランソワ・パイヤール(指揮)

 録音:1981年1月(ステレオ)
Disc3
1. チェンバロ協奏曲第1番ニ短調 BWV.1052
2. チェンバロ協奏曲第7番ト短調 BWV.1058
3. チェンバロ協奏曲第3番ニ長調 BWV.1054
4. チェンバロ協奏曲第4番イ長調 BWV.1055


 ロベール・ヴェイロン=ラクロワ(チェンバロ)
 パイヤール室内管弦楽団
 ジャン=フランソワ・パイヤール(指揮)

 録音:1968年4月、5月(ステレオ)
Disc4
1. チェンバロ協奏曲第5番ヘ短調 BWV.1056
2. チェンバロ協奏曲第2番ホ長調 BWV.1053
3. 2台のチェンバロのための協奏曲第2番ハ長調 BWV.1061
4. 2台のチェンバロのための協奏曲第1番ハ短調 BWV.1060


 ロベール・ヴェイロン=ラクロワ(チェンバロ)、
 アンヌ=マリー・ベッケンシュタイナー(チェンバロ:3,4)
 パイヤール室内管弦楽団
 ジャン=フランソワ・パイヤール(指揮)

 録音:1968年4月、5月(ステレオ)
Disc5
1. 2台のチェンバロのための協奏曲第3番ハ短調 BWV.1062
2. 3台のチェンバロのための協奏曲第2番ハ長調 BWV.1064
3. 4台のチェンバロのための協奏曲イ短調 BWV.1065
4. 3台のチェンバロのための協奏曲第1番ニ短調 BWV.1063


 ロベール・ヴェイロン=ラクロワ(チェンバロ)
 アンヌ=マリー・ベッケンシュタイナー(チェンバロ)
 ローランス・ブーレイ(チェンバロ:2,4)
 ハンス・ゴヴェール(チェンバロ:3)
 パイヤール室内管弦楽団
 ジャン=フランソワ・パイヤール(指揮)

 録音:1968年4月、5月(ステレオ)
Disc6
1. ヴァイオリン協奏曲イ短調 BWV.1041
2. ヴァイオリン協奏曲ホ長調 BWV.1042
3. 2つのヴァイオリンのための協奏曲ニ短調 BWV.1043


 ジェラール・ジャリ(ヴァイオリン)
 ピエール・アモイヤル(ヴァイオリン:2)
 パイヤール室内管弦楽団
 ジャン=フランソワ・パイヤール(指揮)

 録音:1978年4月(ステレオ)
Disc7
1. 2つのヴァイオリンのための協奏曲ハ短調 BWV.1060R
2. 三重協奏曲イ短調 BWV.1044
3. チェンバロ協奏曲第6番ヘ長調 BWV.1057
4. 音楽のささげもの BWV.1079〜6声のリチェルカーレ


 クリスチャン・ラルデ(フルート)
 ユゲット・フェルナンデス(ヴァイオリン)
 アンヌ=マリー・ベッケンシュタイナー(チェンバロ)、他
 ジャン=マリー・ルクレール器楽アンサンブル
 ジャン=フランソワ・パイヤール(指揮)

 録音:1958年6月、7月、12月(ステレオ)
Disc8
1. ヴァイオリンとオーボエのための協奏曲ニ短調 BWV.1060R
2. オーボエ協奏曲ニ短調 BWV.1059
3. 3つのヴァイオリンのための協奏曲ニ長調 BWV.1064R


 ジェラール・ジャリ(ヴァイオリン)
 ジャック・シャンボン(オーボエ)、他
 パイヤール室内管弦楽団
 ジャン=フランソワ・パイヤール(指揮)

 録音:1975年12月(ステレオ)
Disc9
1. ブランデンブルク協奏曲第1番ヘ長調 BWV.1046
2. ブランデンブルク協奏曲第2番ヘ長調 BWV.1047
3. ブランデンブルク協奏曲第4番ト長調 BWV.1049


 ジャン=ピエール・ランパル(フルート)
 アラン・マリオン(フルート)、ピエール・ピエルロ(オーボエ)
 ジャック・シャンボン(オーボエ)、ポール・オンニュ(バソン)
 モーリス・アンドレ(トランペット、ホルン)、ジェラール・ジャリ(ヴァイオリン)、他
 パイヤール室内管弦楽団
 ジャン=フランソワ・パイヤール(指揮)

 録音:1973年6月(ステレオ)
Disc10
1. ブランデンブルク協奏曲第5番ニ長調 BWV.1050
2. ブランデンブルク協奏曲第3番ト長調 BWV.1048
3. ブランデンブルク協奏曲第6番変ロ長調 BWV.1051


 ジャン=ピエール・ランパル(フルート)
 ジェラール・ジャリ(ヴァイオリン)
 アンヌ=マリー・ベッケンシュタイナー(チェンバロ)
 パイヤール室内管弦楽団
 ジャン=フランソワ・パイヤール(指揮)

 録音:1973年6月(ステレオ)
Disc11
1. 管弦楽組曲第1番ハ長調 BWV.1066
2. 管弦楽組曲第2番ロ短調 BWV.1067


 マクサンス・ラリュー(フルート)
 ピエール・ピエルロ(オーボエ)
 ポール・オンニュ(バソン)、他
 パイヤール室内管弦楽団
 ジャン=フランソワ・パイヤール(指揮)

 録音:1962年11月(ステレオ)
Disc12
1. 管弦楽組曲第3番ニ長調 BWV.1068
2. 管弦楽組曲第4番ニ長調 BWV.1069
3. 管弦楽組曲第5番ト短調 BWV.1070(W.F.バッハ?)


 モーリス・アンドレ(トランペット)
 ピエール・ピエルロ(オーボエ)、ポール・オンニュ(バソン)、他
 パイヤール室内管弦楽団
 ジャン=フランソワ・パイヤール(指揮)

 録音:1962年11月(ステレオ)
Disc13
1. 管弦楽組曲第2番ロ短調 BWV.1067(トランペット版)
2. オーボエとヴァイオリンのための協奏曲ニ短調 BWV.1060R(トランペットとヴァイオリン版)
3. 目覚めよと呼ぶ声が聞こえ(BWV.1040より)
4. イエスよ、汝わが魂を(BWV.78より)
5. シチリアーノ(BWV.1031より)
6. 全地よ、神に向かいて歓呼せよ(BWV.1051より)
7. トッカータ、アダージョとフーガ ハ長調 BWV.564よりアダージョ
8. フルート協奏曲ホ短調 BWV.1059R


 モーリス・アンドレ(トランペット:1-7)
 ユゲット・フェルナンデス(ヴァイオリン:2)
 ジャン=ピエール・ランパル(フルート:8)
 パイヤール室内管弦楽団
 ジャン=フランソワ・パイヤール(指揮)

 録音:1968年12月、1971年9月(ステレオ)
Disc14
1. カンタータ『神よ、われ汝に感謝す』 BWV.29よりシンフォニア
2. カンタータ『霊と心は驚き惑う』 BWV.35より第1曲:シンフォニア(コンチェルト)、
3. カンタータ『霊と心は驚き惑う』 BWV.35より第5曲:シンフォニア
4. カンタータ『われは生きて汝をこがれ求む』 BWV.49よりシンフォニア
5. カンタータ『われらあまたの苦難をへて』 BWV.146よりシンフォニアとアダージョ
6. カンタータ『わが堅き望み』 BWV.188よりシンフォニア
7. カンタータ『悲しみのいかなるかを知らず』 BWV.209よりシンフォニア
8. われを憐れみたまえ、おお主なる神よ BWV.721
9. 主よ、人の望みの喜びよ(カンタータ BWV.147より)
10. もろびとよ、神の愛を讃えまつれ(カンタータ BWV.167より)
11. カンタータ『乏しき者は食らいて』 BWV.75よりシンフォニア
12. カンタータ『われらと共に留まりたまえ』 BWV.6よりコラール


 ギィ・トゥーヴロン(トランペット)
 マリー=クレール・アラン(オルガン)、他
 パイヤール室内管弦楽団
 ジャン=フランソワ・パイヤール(指揮)

 録音:1977年、1983年(ステレオ)
Disc15
1. カンタータ『いざ、罪に抗すべし』 BWV.54
2. カンタータ『いざ、待ち望みたる時を告げよ』 BWV.53
3. カンタータ『神にのみ わが心を捧げん』 BWV.169


 ビルギット・フィニレ(アルト)
 パイヤール室内管弦楽団
 ジャン=フランソワ・パイヤール(指揮)

 録音:1979年(ステレオ)


ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
 私はパッヘルベルのカノンからパイヤール...

投稿日:2022/01/22 (土)

 私はパッヘルベルのカノンからパイヤールに入れ込みました。133枚組のパイヤール全集は3サイクルを終えたところです。この全集は現在入手不可能ですので、是非ともこの機会にパイヤールのバッハを味わっていただきたいです。

おとっぴぃ さん | 島根県 | 不明

4

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品