CD 輸入盤

無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータ全曲 シェリング(1955)

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SB2K87947
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD

商品説明

無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータ全曲 
ヘンリク・シェリング(vn
1955年モノラル録音。シェリングの無伴奏といえば、1967年のDG盤が有名ですが、この旧盤は音の美しさでは新盤以上。モダン楽器による伝統的バッハ演奏スタイルが快適な全曲盤です。音質も良好。


JOHANN SEBASTIAN BACH (1685 – 1750)
The Sonatas & Partitas for Solo Violin

Disc One

Sonata I in G Minor, BWV 1001
1. I. Adagio
2. II. Fuga. Allegro
3. III. Siciliano
4. IV. Presto

Partita I in B Minor, BWV 1002
5. I. Allemande
6. II. Double
7. III. Courante
8. IV. Double. Presto
9. V. Sarabande
10. VI. Double
11. VII. Tempo di Bourée
12. VIII. Double

Sonata II in A Minor, BWV 1003
13. I. Grave
14. II. Fuga
15. III. Andante
16. IV. Allegro

Disc Two

Partita II in D Minor, BWV 1004
1. I. Allemande
2. II. Courante
3. III. Sarabande
4. IV. Gigue
5. V. Chaconne

Sonata III in C Major, BWV 1005
6. I. Adagio
7. II. Fuga. Alla breve
8. III. Largo
9. IV. Allegro assai

Partita III in E Major, BWV 1006
10. I. Preludio
11. II. Loure
12. III. Gavotte en rondeau
13. IV. Menuett I
14. V. Menuett II
15. VI. Bourrée
16. VII. Gigue

Henryk Szeryng, Violin

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
33
★
★
★
★
☆
 
10
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
3
★
★
★
★
★
隅々まで目の行き届いた名演です。云わば楷...

投稿日:2018/04/16 (月)

隅々まで目の行き届いた名演です。云わば楷書書きでのバッハですが、私にとってはこれを超える演奏はありません。録音年月が信じられないほどの名録音も特筆されます。生涯の名盤の一つです。

古き良き時代 さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
★
ヴァイオリン一つで表現される壮大な世界に...

投稿日:2015/03/04 (水)

ヴァイオリン一つで表現される壮大な世界にすっかりと魅了されました。バッハの偉大さを改めて実感したとともに、シェリングのここでの誠実で端正な演奏に感動しました。ソナタ第1番の第1楽章の最初の音色にうっとりし、心地よい時間を楽しめました。 オーケストラの曲もよいのですが、たまあにこうした音楽を聴くのもよいものです。 だから、クラシック音楽は最高です。

古渡 弁蔵 さん | 北海道 | 不明

4
★
★
★
★
★
このシェリングの無伴奏には思い入れがある...

投稿日:2015/01/26 (月)

このシェリングの無伴奏には思い入れがある。高校生の時、初めて大枚をはたいて買ったLPレコードだからだ。確か3枚組6900円だったと思う。高校生にとっては今では想像も出来ないくらい高価な買い物だったのだ。そりゃあもう宝物のように大事に扱った。DGはスター軍団を抱えていつも殿様商売だったから、他のレーベルより1割くらい価格が高かった。ちなみに、EMIのスークの無伴奏は3枚組6000円だった。ただ、多くの評論家が無伴奏ヴァイオリンはこのシェリングを第一の推薦にしていたので、それに従った。買ってしばらくは毎日レコードの一面ずつ(一曲ずつ)順番に聴いていましたね。確かに素晴らしい演奏です。多くの人がこの演奏をベストに上げるのも肯けます。ただ今ではこのディスク意外にも素晴らしい気に入った演奏は沢山ありますので、その他大勢の一つに過ぎません。それにしても、ヴァイオリンの器楽作品で、これほどの傑作は先にも後にも存在しません。バッハはクラシック音楽の頂点であり他を寄せ付けない孤高の存在であることを実感する次第です。

johnbach さん | 東京都 | 不明

5

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品