LPレコード 輸入盤

無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ : ナタン・ミルシテイン (3枚組アナログレコード)

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4836926
組み枚数
:
3
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
輸入盤

商品説明

権威ある職人気質のヴァイオリニストのによるバッハの名演
《ナタン・ミルシテイン〜J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ》
●ナタン・ミルシテインが1973年に行った『J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ』の伝説の録音をLP3枚組の限定盤として発売。ミルシテインはこのソナタとパルティータの演奏で1975年にグラミー賞を受賞しています。
●ミルシテインは20世紀の最も優れたヴァイオリニストの一人として広く知られています。生まれつきの素晴らしい才能と、音への感性と構成に対する感覚を併せ持った権威ある職人気質の演奏家です。
●オリジナルLPによる12ページのブックレット付き(ドイツ語、英語、フランス語)。
●Optimal社製 180g重量盤

J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ
《LP 1》1) ソナタ第1番ト短調BWV1001、2) パルティータ第1番ロ短調BWV1002 /《LP 2》1) ソナタ第2番イ短調BWV1003、2) パルティータ第2番ニ短調BWV1004 /《LP 3》1) ソナタ第3番ハ長調BWV1005、2) パルティータ第3番ホ長調BWV1006

【演奏】ナタン・ミルシテイン(ヴァイオリン)
【録音】1973年2月(LP 1, LP 2)、1974年4月(LP 3)、ロンドン、コンウェイ・ホール

(メーカーインフォメーションより)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
16
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
上品で誠実な演奏です。若干、繊細すぎると...

投稿日:2019/05/13 (月)

上品で誠実な演奏です。若干、繊細すぎるところがあり迫力を求める方には、同じDGのシェリング盤の方が良いかもしれません。 私は、思わずフルニエの無伴奏チェロを思い出しました。 録音もよく名演です。

古き良き時代 さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
★
初めてLPで出た時に、こんなに凄い violini...

投稿日:2015/02/25 (水)

初めてLPで出た時に、こんなに凄い violinist がいることに衝撃をうけた演奏。以来50年、これを越える演奏には出会っていない。むろん綺羅星のごとく名盤は存在する曲だし、violin 好きだからかなり集めたつもりだが、たった一つ選べと言われたら、これを選ぶ。50年聴き続けても聴く度に、凄い、と思う演奏だ。 鳴った瞬間から、聞き手に緊張を強いる、凛と張り詰めた艶やかで怜悧な音色。この音色で、この難曲をかっ飛ばして行く、その水際だった技巧の冴えは、剣豪の太刀さばきのように凄まじい。もう言葉が出ない。若い頃の旧盤の比して、わずかに音がふらつくが、いったい何歳で録音したと思っているのか!引退してもおかしくない歳で、かつての完璧な旧盤を乗り越えんとする老剣豪の気迫に、ただただ圧倒される。これは人類の至宝だ。最近はぽっと出の新人がすぐに無伴奏を録音するが、単に弾けるようになっただけで簡単に入れるな!と言いたい。血の滲むような研鑽を天才に強いる曲だから、もっとじっくり自分を磨いてから、満を持して入れてくれ。その方が大成するし、キャリアも伸びると思うのだが。自分じゃ弾けないくせに天才達に偉そうなことを言うのは重々お詫びいたします。悪しからず。

greyfalcon さん | 福岡県 | 不明

10
★
★
★
★
★
圧倒的な技巧と表現力で演奏された無伴奏。...

投稿日:2013/01/22 (火)

圧倒的な技巧と表現力で演奏された無伴奏。非常に快速なテンポで弾き進められて行くが、技巧に支えられた音色は美しく格調高い。思い入れたっぷりに弾かれた無伴奏より数段楽しめるし、ケーテン時代の作風やそれまでの無伴奏の伝統を考えればこっちの方がが本来ではないかと思えるのである。

楽山子 さん | 北海道 | 不明

5

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品