CD 輸入盤

無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全曲 シゲティ(2CD)

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ATMCD1246
組み枚数
:
2
レーベル
:
フォーマット
:
CD

商品説明

シゲティの無伴奏

1955-56年モノラル録音。近現代音楽を得意として、それまでの19世紀風の名技主義的ヴァイオリニストとはまったく異なるスタンスで演奏活動をおこなったハンガリー出身のヴァイオリニスト、ヨーゼフ・シゲティ[1892-1973]。
 彼はバッハの無伴奏との関わりも深く、この曲集がまだ一般的な知名度を得ていなかった1930年代から、録音や演奏会でとりあげて作品の普及につとめ、イザイにまで影響を与えて、名高い『無伴奏ソナタ』作曲へのきっかけをつくったほど(第1番はシゲティに捧げられています)。
 彼がアメリカ市民権を得た4年後におこなわれたヴァンガード・レーベルへのレコーディングは、ドラマティックで求心力の強い表現によってあまりにも有名ですが、録音がドライで雰囲気に欠けるため、必要以上に技術的な瑕疵や厳しい雰囲気が強調されてしまっている印象がぬぐえません。しかし、それでもこの演奏がすでに半世紀に渡って支持され続けているのは、やはりそこに聴ける音楽が見事なものだからなのでしょう。

J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ(全6曲)

録音:
1955年10月17〜18日(ソナタ)、
1955年7月(パルティータ第1番)、
1955年10月18,20日(パルティータ第2番)、
1956年3月2日(パルティータ第3番)、

ヨーゼフ・シゲティ(ヴァイオリン)

収録曲   

クラシック曲目

すべての収録曲を見る

  • Johann Sebastian Bach (1685 - 1750)
    Sonata for Violin solo no 1 in G minor, BWV 1001
    演奏者 :
    Szigeti, Joseph (Violin)
    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : Baroque
    • 形式 : Sonata
    • 作曲/編集場所 : 1720, Cothen, Germany
    • 言語 :
    • 時間 : :
    • 録音場所 : , [Studio]
  • Johann Sebastian Bach (1685 - 1750)
    Partita for Violin solo no 1 in B minor, BWV 1002
    演奏者 :

    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : Baroque
    • 形式 : Partita
    • 作曲/編集場所 : 1720, Cothen, Germany
    • 言語 :
    • 時間 : :
    • 録音場所 : , [Studio]

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
30
★
★
★
★
☆
 
7
★
★
★
☆
☆
 
4
★
★
☆
☆
☆
 
5
★
☆
☆
☆
☆
 
3
★
★
★
★
★
この無伴奏を聴いた印象は上手く言葉にでき...

投稿日:2020/02/16 (日)

この無伴奏を聴いた印象は上手く言葉にできません。 あえて例えるなら、美しくて洒落た料理がある中で、シゲティは食材をそのまま鉈でぶちぎったままで出してきた。驚きつつも実際食べてみると食材そのものを味わうことができ、畏敬にも近い念を持った。という感じです。 なので日常の食事は向きません。気持ちに迷いがある時とか、心が弱くなっている時などは必ず何かを感じる演奏だと思います。

jin さん | 長野県 | 不明

0
★
★
★
★
★
これがすべてだとは思いませんが、あえてコ...

投稿日:2019/12/01 (日)

これがすべてだとは思いませんが、あえてコメントしてみます。音楽するとはどういうことなのかを教えてくれる名盤です。美しさに価値を感じていないのではないだろうかと思える演奏で、語っている、いや、説いているといったほうが良いかもしれない。聴き終えたときの疲労感たるや半端ではない。普通に聴く音楽とは別次元のすごさです。

せごびあ さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
★
数あるバッハ無伴奏の中でも孤高の名演。 ...

投稿日:2018/06/03 (日)

数あるバッハ無伴奏の中でも孤高の名演。 私はハーンやグリュミオー等の美音系ヴァイオリンニストが好みです。 どちらかと言えばシゲティやクレーメルは苦手。 しかし、バッハの無伴奏についてはシゲティとクレーメル新盤とシェリング新盤はトップ3でしょう。 特にシゲティ盤は聴けば聴くほどハマってしまう。 まるでイカのスルメです。噛めば噛む程、味が出る。 私の願いは一日も早くハーンがバッハ無伴奏全曲を出して欲しい事。 デビュー盤のバッハは全曲ではないですが、今もって最高のバッハ無伴奏。 シゲティ盤はファーストチョイスとしては如何なものか、と感じますが、シェリングあたりを聴いた後で聴くといいかもしれません。

エルメス さん | 東京都 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品