LPレコード 輸入盤

平均律クラヴィーア曲集 全曲:スヴィヤトスラフ・リヒテル(ピアノ) (BOX仕様/6枚組/180グラム重量盤レコード)

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
88985362201
組み枚数
:
6
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
限定盤,輸入盤

商品説明


リヒテル/J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集全曲(6LP)
リヒテルによる『平均律』全曲唯一のスタジオ録音
完全生産限定 180g重量盤


スヴィヤトスラフ・リヒテル[1915-1997]が残した録音は膨大な量に上りますが、その中でも最も人気があるのがこのバッハ『平均律』の全曲盤。1970年から1973年にかけて3年がかりで録音されたこの全曲盤は、ピアノによる『平均律』の決定盤として不動の評価を得てきました。特定のレパートリーを一定期間、集中的に取り上げる傾向があったリヒテルは、バッハの『平均律』の場合、1969年1月になってレニングラードで第1巻の全曲演奏(2日間に分けて12曲ずつ弾く)を行ない、以後1年を通じてパリ、モスクワ、トリノ、トゥール、ロカルノ、そしてイギリス各地のツアーなどで演奏しています。録音は翌1970年7月にザルツブルクで10日間の集中的なセッションを組んで行われました。第2巻を演奏会で取り上げたのは1973年の3月になってからで、ウィーンを皮切りに、ブダペスト、トゥルク、ヘルシンキ、パリ、メスレイ、インスブルック、アンスバッハなどで集中的に取り上げられています。第2巻の録音はその前年1972年8月から第1巻と同じくザルツブルクのセッションで開始され、初めて演奏会で取り上げる直前に持たれたセッションで完成されました。録音を手掛けたのはドイツ・オイロディスクのフリッツ・ガンス(プロデューサー)、ホルスト・リントナー(エンジニア)で、LP時代初期からドイツ・エレクトローラで幾多の名盤を生み出してきた名コンビです。
 リヒテルによる『平均律』では、1962年録音の5曲の抜粋(ドイツ・グラモフォン)があるほか、1969年4月のモスクワでの第1巻全曲、1973年のブダペストでの第2巻抜粋、1973年7月のインスブルックでの全曲ライヴが残されていますが、当アルバムはリヒテルにとって唯一の『平均律』全曲のスタジオ録音となるものです。
 この有名な録音は、オイロディスク(西ドイツ)のほか、世界各地でシャン・デュ・モンド(フランス)、EMIおよびオリンピア(イギリス)、ミュージカル・ヘリテイジ・ソサエティ(アメリカ)、エテルナ(東独)、リコルディ(イタリア)など多様なレーベルから発売されていることでも知られています。日本でも新世界レコードから1972年と1974年に第1巻、第2巻に分けて発売され、さらに日本ビクターのメロディア・レーベルから発売されました。また2002年と2012年にはBMGジャパンおよびソニー・ミュージックジャパンのイニシアチヴでオイロディスクのオリジナル音源から新たなリマスタリングが行なわれています。
 今回のLP化に当たっては、2009年にドイツ・ソニーでソノプレスのエンジニア高橋幸夫氏によってリマスターされた音源(このリマスター音源は国内盤では未紹介)をもとに、ベルリン・フィル・レーベルのLP制作などを手掛けるドイツ有数の製造会社「オプティマル・メディア」による180グラム重量盤プレスが採用され、LP6枚12面に余裕を持ってカッティングされています。
 初出ドイツ・オイロディスク盤LPのオリジナル・ジャケット・デザイン使用。(輸入元情報)

【収録情報】
● J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集 第1巻


Disc1
A1. 前奏曲とフーガ第1番ハ長調 BWV.846
A2. 前奏曲とフーガ第2番ハ短調BVW847
A3. 前奏曲とフーガ第3番嬰ハ長調 BWV.848
A4. 前奏曲とフーガ第4番嬰ハ短調 BWV.849
A5. 前奏曲とフーガ第5番ニ長調 BWV.850
B1. 前奏曲とフーガ第6番ニ短調 BWV.851
B2. 前奏曲とフーガ第7番変ホ長調 BWV.852
B3. 前奏曲とフーガ第8番変ホ短調 BWV.853
B4. 前奏曲とフーガ第9番ホ長調 BWV.854
Disc2
A1. 前奏曲とフーガ第10番ホ短調 BWV.855
A2. 前奏曲とフーガ第11番ヘ長調 BWV.856
A3. 前奏曲とフーガ第12番ヘ短調 BWV.857
A4. 前奏曲とフーガ第13番嬰へ長調 BWV.858
A5. 前奏曲とフーガ第14番嬰へ短調 BWV.859
B1. 前奏曲とフーガ第15番ト長調 BWV.860
B2. 前奏曲とフーガ第16番ト短調 BWV.861
B3. 前奏曲とフーガ第17番変イ長調 BWV.862
B4. 前奏曲とフーガ第18番嬰ト短調 BWV.863
B5. 前奏曲とフーガ第19番イ長調 BWV.864
B6. 前奏曲とフーガ第21番変ロ長調 BWV.866
Disc3
A1. 前奏曲とフーガ第22番変ロ短調 BWV.867
A2. 前奏曲とフーガ第23番ロ長調 BWV.868
A3. 前奏曲とフーガ第23番ロ長調 BWV.868
A4. 前奏曲とフーガ第24番ロ短調 BWV.869

● J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集 第2巻

B1. 前奏曲とフーガ第1番ハ長調 BWV.870
B2. 前奏曲とフーガ第2番ハ短調 BWV.871
B3. 前奏曲とフーガ第3番嬰ハ長調 BWV.872
B4. 前奏曲とフーガ第4番嬰ハ短調 BWV.873
B5. 前奏曲とフーガ第5番ニ長調 BWV.874
Disc4
A1. 前奏曲とフーガ第6番ニ短調 BWV.875
A2. 前奏曲とフーガ第7番変ホ長調 BWV.876
A3. 前奏曲とフーガ第8番変ホ短調 BWV.877
A4. 前奏曲とフーガ第9番ホ長調 BWV.878
B1. 前奏曲とフーガ第10番ホ短調 BWV.879
B2. 前奏曲とフーガ第11番ヘ長調 BWV.880
B3. 前奏曲とフーガ第12番ヘ短調 BWV.881
B4. 前奏曲とフーガ第13番嬰ヘ長調 BWV.882
Disc5
A1. 前奏曲とフーガ第14番ヘ短調 BWV.883
A2. 前奏曲とフーガ第15番ト長調短調 BWV.884
A3. 前奏曲とフーガ第16番ト短調 BWV.885
B1. 前奏曲とフーガ第17番変イ長調 BWV.886
B2. 前奏曲とフーガ第18番嬰ト短調 BWV.887
Disc6
A1. 前奏曲とフーガ第19番イ長調 BWV.888
A2. 前奏曲とフーガ第20番イ短調 BWV.889
A3. 前奏曲とフーガ第21番変ロ長調 BWV.890
B1. 前奏曲とフーガ第22番変ロ短調 BWV.891
B2. 前奏曲とフーガ第23番ロ長調 BWV.892
B3. 前奏曲とフーガ第24番ロ短調 BWV.893

 スヴィヤトスラフ・リヒテル(ピアノ)

【第1巻】
 録音時期:1970年7月21-31日
 録音場所:ザルツブルク、クレスハイム宮およびエリーザベト教会

【第2巻】
 録音時期:1972年8月29日〜9月6日、1973年2月24日〜3月8日
 録音場所:ザルツブルク、クレスハイム宮およびウィーン、ポリヒムニア・スタジオ

 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)
 プロデューサー:フリッツ・ガンス
 ミュージカル・スーパーヴァイザー:オスカー・ヴァルデック
 エンジニア:ホルスト・リントナー

 オリジナル・マスター・トランスファー6デジタル・リマスタリング:高橋幸夫(ドイツ・ソノプレス社)
 LP製造:ドイツ、オプティマル・メディア
 180グラム重量盤

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
139
★
★
★
★
☆
 
12
★
★
★
☆
☆
 
7
★
★
☆
☆
☆
 
20
★
☆
☆
☆
☆
 
6
★
★
★
★
☆
ベーゼンドルファーの音色、リヒテルが演奏するとバック...

投稿日:2017/11/21 (火)

ベーゼンドルファーの音色、リヒテルが演奏するとバックハウスとはまた違った雰囲気になってるから面白い。只、やはり対位法的なパッセージに対するレスポンス力は、グールドの方が上だと感じた。ややレガートが効いたロマン的な解釈。各声部のパルスを丁寧に拾い上げるのは、たとえグールドのように完璧になし得たとしても、今度は逆に何か全体的な違和感みたいな空気が漂い出すから、バッハは掴み処がなくて難しい

アリエッター さん | 京都府 | 不明

1
★
★
★
★
★
 私の前にレビューが182件! こんなに多...

投稿日:2016/09/28 (水)

 私の前にレビューが182件! こんなに多くのレビューが投稿されたディスクは他にないのでは? 詳しい感想は先人にお任せします。ただ一言いいたくて投稿します。  「この演奏を聴かずして『音楽』は語れないであろう。」   それくらいのあらゆるエッセンスが凝縮されていると思う。まさにクラシック音楽ディスクの世界遺産ともいうべき作品です。いつ聴いても何回聴いても様々な発見や思索へ導かれる。たとえクラシック音楽リスナーでなくとも、およそ音楽を愉しむ人なら一聴していただきたい。新しい世界が拓かれるはずです。

うーつん さん | 東京都 | 不明

6
★
★
★
★
★
このSACDは、ピアノ曲のバイブルと言われる...

投稿日:2014/02/10 (月)

このSACDは、ピアノ曲のバイブルと言われるバッハの平均律を普遍的名演であるリヒテルの演奏で聞く楽しみを十二分に体験させてくれる絶対的貴重盤です。演奏については多くの人のレビューがあるのでそれらに譲り、SACDの実力を書き込みます。聞き比べたのは同じくリヒテルのCD盤(1990年ビクター盤)。SACD盤はピアノのハンマーが弦にぶつかる重みや弦が響く様子まで感じ取れます。またペダルで音を切る様子も判ります。その描写力がニュアンスを感じ取るのに大きく役立ち、演奏の真価を知らしめてくれます。ところがCDではそこまで克明に伝わってきません。音が太くマイルドには響きますが、ホールの響きが主で、ピアノからの直接音の成分は耳に届きません。自分自身もピアノを少し嗜みますが、本物のピアノでこんな音はかつて聴いたことがありません。ホールの入口からほんの少し外に離れた位置ではこんな音が聞こえるかもしれませんが。また、CD盤は少し大きな音ではヒステリックに感じられ、能力の限界を感じます。CDの音はやはり模造品の域を出ませんね。BGM風に聴くのならCDでも役に立ちますが、この名演奏を味わい尽くしたければ絶対にSACDが必要です。SACDをお持ちでない方は、是非このSACDを聴いて下さい。 SACDがもうじき消え去るという情報を時々見かけますが、クラシック音楽にはSACDと言うメディアが必要です。ユニバーサルやワーナーで、SACDの発売をし続けてもらいたいです。それも4000円前後のべらぼうな値段ではなく、一枚2000円台半ばくらいなら多くのファンがパッケージメディアに戻ってくるはずです。我々はリヒターの「マタイ受難曲」も、オイストラッフの「ベートーヴェン・ソナタ全集」も、ヨッフムのブルックナー全集も、イ・ムジチの「四季」も、バーンスタインのDGマーラー全集も、マゼールのプロコフィエフ「ロメオとジュリエット」も、クリュイタンスの「ヘンゼルとグレーテル」も、ギレリスのブラームス協奏曲もSACDで手にしていません。きら星のごとく輝く数々の名演達の真価を、SACDによって是非耳にしたいと思っています。

広島のパヴァンヌ さん | 広島県 | 不明

5

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品