CD 輸入盤

世俗カンタータ集 シュライアー(T,指揮)ベルリン室内管、ベルリナー・ゾリステン、マティス、アダム、他(8CD)

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BRL93038
組み枚数
:
8
レーベル
:
:
Holland
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

J.S.バッハ:世俗カンタータ集(8CD)

シュライアーがテノール独唱と指揮を兼ねた、バッハの世俗カンタータ録音CD8枚をセット化。参加ソリストの豪華な競演が聴きもので、とりわけ有名な「コーヒー・カンタータ」や「農民カンタータ」、そして音楽劇では、名歌手たちの競演が大きな魅力となっています。
 モダン楽器オケならではの豊かな響きも素晴らしく、華々しいトランペットが鳴り響くBWV.214『太鼓よとどろけ、ラッパよ響け』など見事な祝祭気分を演出します。コーラスの充実ぶりも文句なしです。

CD1:
・カンタータ『喜びて舞い上がれ』 BWV.36c
 (ある教師の誕生日のために)

・カンタータ『悲しみを知らぬ者』 BWV.209
・カンタータ『愛を売るもの』 BWV.203

 エディト・マティス(S)
 ペーター・シュライアー(T)
 ジークフリート・ローレンツ(Bs)

 ベルリナー・ゾリステン(合唱)
 (合唱指揮:ディートリヒ・クノーテ)
 ベルリン室内管弦楽団
 ペーター・シュライアー(指揮)

 録音:1981/1984年 ベルリン、キリスト教会[ステレオ]

CD2:
・カンタータ『急げ、渦巻く波よ』 BWV.201
(音楽劇『フォイボスとパンの争い』)

 エディト・マティス(S:モムス)
 キャロライン・ワトキンソン(A:メルクリウス)
 ペーター・シュライアー(T:トモルス)
 エーベルハルト・ビュヒナー(T:ミダス)
 ジークフリート・ローレンツ(Bs:フォイボス)
 テオ・アダム(Bs:パン)
 
 ベルリナー・ゾリステン(合唱)
 (合唱指揮:ディートリヒ・クノーテ)
 ベルリン室内管弦楽団
 ペーター・シュライアー(指揮)

 録音:1983年 ベルリン、キリスト教会[ステレオ]

CD3:
・カンタータ『今ぞ去れ、悲しみの影よ』 BWV.202
 (結婚カンタータ)

・カンタータ『おお優しき日、待ち望みし時』 BWV.210
 (結婚カンタータ)

 エディト・マティス(S)
 ルチア・ポップ(S)
 
 ベルリナー・ゾリステン(合唱)
 (合唱指揮:ディートリヒ・クノーテ)
 ベルリン室内管弦楽団
 ペーター・シュライアー(指揮)

 録音:1981/1984年 ベルリン、キリスト教会[ステレオ]

CD4:
・カンタータ『わが楽しみは元気な狩りのみ』 BWV.208
 (狩りのカンタータ)

・カンタータ『われは心満ち足り』 BWV.204
 (喜びのカンタータ)

 エディト・マティス(S:ダイアナ)
 アーリーン・オジェー(S:パレス)
 ペーター・シュライアー(T:エンディミオン)
 テオ・アダム(Bs:パン)
 
 ベルリナー・ゾリステン(合唱)
 (合唱指揮:ディートリヒ・クノーテ)
 ベルリン室内管弦楽団
 ペーター・シュライアー(指揮)

 録音:1978年 ベルリン、キリスト教会[ステレオ]

CD5:
・カンタータ『墓を裂き、砕いてしまえ』 BWV.205
 (音楽劇『満足したエーオルス』)

・カンタータ『相和する弦の音よ』 BWV.207(音楽劇)

 エディト・マティス(S)
 キャロライン・ワトキンソン(A:BWV.205)
 ユリア・ハマリ(A:BWV.207)
 ペーター・シュライアー(T)
 ジークフリート・ローレンツ(Bs)
 
 ベルリナー・ゾリステン(合唱)
 (合唱指揮:ディートリヒ・クノーテ)
 ベルリン室内管弦楽団
 ペーター・シュライアー(指揮)

 録音:1979/1985年 ベルリン、キリスト教会[ステレオ]

CD6:
・カンタータ『忍び寄れ、戯れる波よ』 BWV.206
 (ポーランド王/ザクセン選帝侯アウグスト3世の誕生日のための音楽劇)

・カンタータ『汝の幸をたたえよ、恵まれしザクセン』 BWV.215
 (アウグスト3世のポーランド王選任記念のための音楽劇)

 エディト・マティス(S)
 キャロライン・ワトキンソン(A)
 ペーター・シュライアー(T)
 ジークフリート・ローレンツ(Bs)
 
 ベルリナー・ゾリステン(合唱)
 (合唱指揮:ディートリヒ・クノーテ)
 ベルリン室内管弦楽団
 ペーター・シュライアー(指揮)

 録音:1983/1985年 ベルリン、キリスト教会[ステレオ]

CD7:
・カンタータ『そっと黙って、おしゃべりめさるな』 BWV.211
 (コーヒー・カンタータ)

・カンタータ『おいらは新しい領主様をいただいた』 BWV.212
 (農民カンタータ)

 エディト・マティス(S)
 ペーター・シュライアー(T)
 テオ・アダム(Bs)
 
 ベルリン室内管弦楽団
 ペーター・シュライアー(指揮)

CD8:
・カンタータ『われらに任せて、見張りをさせよ』 BWV.213
 (音楽劇『岐路のヘラクレス』)

・カンタータ『太鼓よとどろけ、ラッパよ響け』 BWV.214
 (ザクセン選帝侯夫人の誕生日のための音楽劇)

 エディト・マティス(S:ヴォルースト、ベローナ)
 キャロライン・ワトキンソン(A:ヘルクレス)
 ユリア・ハマリ(A:パラス)
 アストリート・ピルツェッカー(A:エコー)
 ペーター・シュライアー(T:トゥゲンド、イレーネ)
 ジークフリート・ローレンツ(Bs:メルクル)
 テオ・アダム(Bs:ファマ)

 ベルリナー・ゾリステン(合唱)
 (合唱指揮:ディートリヒ・クノーテ)
 ベルリン室内管弦楽団
 ペーター・シュライアー(指揮)

 録音:1979/1981年 ベルリン、キリスト教会[ステレオ]

 原盤:Berlin Classics

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
155枚組バッハ大全集を持っております。ヘ...

投稿日:2011/01/25 (火)

155枚組バッハ大全集を持っております。ヘンスラーの途轍もなく素晴らしい内容の大全集が出てしまいましたので影が薄くなってしまったブリリアントの全集ですが、名テノール・シュライアーが名歌手たちと共演したこの世俗カンタータ集は不滅の名盤ですね。 ところで「さるすてん」て誰なんでしょうね?ある時はルーシンクの「安かろう悪かろう」全集とこのシュライアー盤を混同し、またある時は、私、きるすてんめが好きな演奏家や演奏やらに難癖をつけることに奔走しておられますが・・・誹謗中傷や難癖は2chやコメント欄無しのブログでされたら如何ですか?私のことが気になって気になって仕方が無いようだが、あまり「カッカ・カッカ」しすぎて腸捻転になったりすることの無いようにご健康にはどうかご留意下さい。さるすてん=まさやん様。 頭隠して尻隠さず(笑)

きるすてん さん | 新潟県 | 不明

2
★
★
★
★
★
楽しい!美しい!安い!録音も上々! 聴い...

投稿日:2009/12/05 (土)

楽しい!美しい!安い!録音も上々! 聴いていて幸せな気分になれる。言うことなしです。

masato さん | 新潟県 | 不明

0
★
★
★
★
★
かつてアルヒーフレーベルから発売されてい...

投稿日:2009/11/09 (月)

かつてアルヒーフレーベルから発売されていた時に比べ、価格破壊には驚きです。言うまでもなく世俗カンタータ集の代表的名盤です。「さるすてん」君。君は「青い」ね。何をカッカ・カッカしているの?「安かろう悪かろう」全集とこの名盤を混同しない様に!

まさやん さん | 不明 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品