CD

ヨハネ受難曲 ロッチュ&ゲヴァントハウス管弦楽団、聖トーマス教会合唱団(2CD)

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
KICC9508
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ハイパー・リマスタリング・シャルプラッテン・ベスト第5弾!
いま甦る初めて聴くドイツ・シャルプラッテンの原音!

ドイツ・シャルプラッテン本来の優秀録音が蘇ったと評判のシリーズに第5弾が登場します。かつてLP時代には、その深みのある豊潤な音質によってファンの心を捉えて離さなかったドイツ・シャルプラッテンの名盤の数々が、CD時代になるとよくある薄手のサウンドに変質してしまい、熱心なファンを失望させることも少なくなかったとか。
 シリーズのこれまでの発売分では、そうした熱心なファンの方々にも十分に納得していただけるクオリティの高さが、すべてのCDで確保されていたので、第5弾への期待も高まります。
 大手レーベルなどでよくおこなわれる一律のノイズ・リダクションやイコライジングがもたらす均質化された薄手の響きとは次元の異なる、オリジナル・テープ本来の素晴らしさがダイレクトに伝わってくる情報量の非常に多いサウンドが、かつての名盤の数々を見事に引き立ててくれるはずです。

・J.S.バッハ:ヨハネ受難曲 BWV.245
 アーリーン・オジェー(ソプラノ)
 ペーター・シュライヤー(テノール)
 テオ・アダム(バス=バリトン)、他
 聖トーマス教会合唱団
 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
 ハンス・ヨアヒム・ロッチュ(指揮)

(ハイパー・リマスタリング5大特長)
・オリジナル・アナログ・マスター・テープからの完全リマスタリング! 世界最高水準の音質を誇るスーパー・アナログ・ディスクからの技術に裏打ちされた妥協なき職人技の全貌を初めてCDで聴くことが可能になりました!
・ケーブルのみによる原音再生主義! EQ等、手を加えて原音の精緻を損なうことを徹底的に防ぎます。
・名匠たちが残した幅広いレパートリーから、レーベルの真髄を伝える名録音の数々をセレクト。カラヤンも絶賛したドレスデン・ルカ教会などの録音を多数含み、初めての人にも愛好家にも、ドイツ音楽界の深遠な魅力とエネルギーを伝えます!
・シャルプラッテン・レーベル秘蔵の写真を使用した新オリジナル・ジャケット仕様。
・録音風景などの写真も取り入れたシリーズ書き下ろし解説書付。

内容詳細

ロッチュはバッハも務めていたトマス教会の楽長。シュライヤー、オジェーやアダムらそうそうたるメンバーを擁し、教会の合唱団やゲヴァントハウス管らによって豊かな伝統を感じさせる演奏が展開されている。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ハンス=ヨアヒム・ロッチュ(1929〜2013)...

投稿日:2020/04/12 (日)

ハンス=ヨアヒム・ロッチュ(1929〜2013)は大バッハゆかりのライプツィヒ市の聖トーマス教会の”トーマスカントル”(音楽監督)を務めた指揮者。若い頃はテノール歌手として『ヨハネ受難曲』のテノール独唱を担当していたとのことで、まさにバッハ演奏の伝統を受け継ぐ音楽家だったと言える。そのロッチュが手兵である聖トーマス教会合唱団、地元のオケであるライプツィヒ・ゲヴァントハウス管などを率いて旧東ドイツの国策レーベル、ドイツ・シャルプラッテンに入れたのが『ヨハネ受難曲』である。 1975&1976年、ドレスデン、ルカ教会での収録。ロッチュの指揮は決して器用ではないものの素朴かつ堅実であり、大バッハ以来の伝統を受け継いだ人々による味わい深い演奏である。カール・リヒター(聖トーマス教 会からトーマスカントル就任のオファーがあったが、東ドイツの体制を嫌って固辞した)の録音でもお馴染のペーター・シュライアーやアーリーン・オジェーなどの独唱陣も好調である。音質はまずまず。

金山寺味噌 さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
★
旧録音のハイライトをカセットテープにいれ...

投稿日:2010/01/22 (金)

旧録音のハイライトをカセットテープにいれたものを聴いてきましたが、 今度新録音の全曲盤を手にいれました。劣化したテープで聴いてきたので、新録音はとりわけ耳に快いものでした。福音史家シュライヤーの見事なこと。リヒター盤のヘフリガーも素晴らしいですが、若々しい 艶やかな声のシュライヤーにも聴き惚れました。聖トーマス教会の少年たちも素晴らしい。終曲前の合唱、憩へ聖なるなきがらよ、は名曲中の名曲だと思っていて下降旋律はたとへようもありません。この合唱はいまのところロッチュ盤が一番気に入っています。

tama さん | 埼玉県 | 不明

4

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト