CD 輸入盤

ヨハネ受難曲(1724年版) エガー&エンシェント室内管、ギルクリスト、他(2CD)

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
AAM002
組み枚数
:
2
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

バッハ:ヨハネ受難曲(2CD)
エガー&エンシェント室内管弦楽団


1973年に設立されたアカデミー・オブ・エンシェント・ミュージック(エンシェント室内管弦楽団)の創立40周年を記念して録音されたこの『ヨハネ受難曲』は、現在望み得る限りの最高のソリストを配し、入念に準備された素晴らしいアルバムです。早めのテンポを設定した文句なしの名演であり、全ての部分に祈りと愛が満ちています。
 この録音でエガーは1724年の「初稿版」を採用。ところどころ耳慣れない部分も出てきますが、この粗削りなヴァージョンにふさわしい直接的なインパクトと、劇的な表現力こそが、作品の真の姿を洗い出すためにふさわしいものとなっています。至高の名曲ゆえ、これまでも多くの演奏が存在していますが、今回のエガー盤は過去の名演ともまた違う独自の祈りの境地へと至った素晴らしいものです。(AAM)

【収録情報】
・J.S.バッハ:ヨハネ受難曲 BWV.245(1724年版)

 ジェームズ・ギルクリスト(福音史家:テノール)
 マシュー・ローズ(イエス:バス)
 エリザベス・ワッツ(ソプラノ)
 アンドリュー・ケネディ(テノール)
 サラ・コノリー(アルト)
 クリストファー・プルヴェス(バス)
 アシュリー・リッチーズ(バリトン:ピラト)
 アカデミー・オブ・エンシェント・ミュージック合唱団
 アカデミー・オブ・エンシェント・ミュージック
 リチャード・エガー(指揮、チェンバロ)

 録音時期:2013年4月1-5日
 録音場所:ロンドン、セント・ジュード・オン・ザ・ヒル
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

収録曲   

ディスク   2

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ある方に薦められて早速聴いてみたが本当に...

投稿日:2014/09/30 (火)

ある方に薦められて早速聴いてみたが本当に素晴らしい。100分という時間はアッと言う間に過ぎて聴き入ってしまう。ここまでの演奏をされてしまうといにしえの名盤に戻れなくなりそうだ。各パートも評判通り実に素晴らしい。また、演奏形態2部がそれぞれの盤に別れているのも好ましい。

マッキー56 さん | 長野県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品