CD 輸入盤

モテット集 クルト・トーマス&ゲヴァントハウス管、聖トーマス教会合唱団

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BC13292
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Germany
フォーマット
:
CD

収録曲   

  • 01. Thomas, Kurt - Singet Dem Herrn Ein Neues Lied Bwv
  • 02. Thomas, Kurt - Der Geist Hilft Unsrer Schwachheit
  • 03. Thomas, Kurt - Jesu, Meine Freude Bwv 227 (motette
  • 04. Thomas, Kurt - Fuerchte Dich Nicht Bwv 228 (motett
  • 05. Thomas, Kurt - Komm Jesu, Komm Bwv 229 (motette)
  • 06. Thomas, Kurt - Lobet Den Herrn, Alle Heiden Bwv 23

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
・『歌え、主の御前に新しき歌を』BWV225(...

投稿日:2014/04/20 (日)

・『歌え、主の御前に新しき歌を』BWV225(1959年1月録音) ・『御霊はわれらが弱きを助け給う』BWV226(1958年5月録音) ・『イエス、我が喜びよ』BWV227(同上) ・『おそるるなかれ、われ汝とあり』BWV228(同上) ・『来たれ、イエス、来たれ』BWV229(1959年1月録音) ・『もろもろの国よ、主をほめ讃えよ』BWV230(同上) ドイツ・ライプツィヒの聖トーマス教会はかつて大バッハ本人もカントール(教会音楽監督)を務めた由緒ある教会で、 同教会のカントールは特に「トーマスカントール」と呼ばれ非常に名誉ある地位である。その「トーマスカントール」に 1957年〜1961年に在任していたクルト・トーマス(1904〜73)が手兵の聖トーマス教会合唱団とゲヴァントハウス管弦楽 団を指揮して録音した大バッハのモテット集。偉大な先達によって築かれた伝統を受け継いできた人々による、質朴 で堅実、どっしりと腰の据わった風格ある合唱と伴奏である。伝統の重みと強みを実感できるアルバムである。さすが に音質は古いが、それがまたかえって演奏に興趣を添えている。

金山寺味噌 さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
★
有名な合唱教則本を著したトーマス博士によ...

投稿日:2007/05/10 (木)

有名な合唱教則本を著したトーマス博士によるバッハのモテットは、先代のラミーンよりも規模の大きな通奏低音を用いている。ラミーンは在位も長く、亡くなるまでカントルとして君臨したから、合唱団を最高水準に高めたバッハ演奏を遺した。しかしトーマス博士の実力をしても、在位4年の半ばでカントルを去らねばならなかったのは、ラミーンほどの充実した水準には、未だ途上の時期だったような気がしてならない。ソプラノの頭声発声が、少々荒く聴こえるのは録音に由来するのであろうか。

himmelfahrt さん | 兵庫県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品