SACD 輸入盤

マタイ受難曲 鈴木雅明&バッハ・コレギウム・ジャパン(2019)(2SACD)

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BISSA2500
組み枚数
:
2
レーベル
:
Bis
:
Sweden
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド,輸入盤

商品説明


祝! バッハ・コレギウム・ジャパン創立30周年記念、マタイ受難曲を2019年についに再録音!
マルク・ガルニエ制作の開管のプリンツィパルを持つ通奏低音用のオルガンを使用した大胆な試みがここに結実。
充実のソリスト陣を迎えた記念すべき話題盤の登場!


SACDハイブリッド盤。2020年、バッハ・コレギウム・ジャパンは創立30周年を迎えました。これを記念して2019年にマタイ受難曲を再録音しました!
 今回の録音を機に大胆な試みに挑戦したい、という鈴木雅明率いるバッハ・コレギウム・ジャパンの思いがありました。それは通奏低音用に用いるオルガンのことです。再録音をきっかけに鈴木雅明は数年前より現代最高のオルガンビルダー、マルク・ガルニエと綿密な相談をし、開管のプリンツィパルを持つ通奏低音用のオルガンを建造してもらいました。当録音ではBCJの首席指揮者鈴木優人がそのオルガンを演奏しております!
 ベンヤミン・ブルンスがエヴァンゲリストをつとめ、キャロリン・サンプソン、松井亜希、ダミアン・ギヨン、クリント・ファン・デア・リンデ、櫻田 亮、ザッカリー・ワイルダー、クリスティアン・イムラー、加耒 徹という充実のソリスト陣を迎えたこのマタイ受難曲の再録音は、BCJ30周年にふさわしい話題盤のリリースといえましょう!(輸入元情報)

【収録情報】
● J.S.バッハ:マタイ受難曲 BWV.244


 ベンヤミン・ブルンス(エヴァンゲリスト)
 クリスティアン・イムラー(バスI/イエス)
 キャロリン・サンプソン(ソプラノI)
 松井亜希(ソプラノII)
 ダミアン・ギヨン(アルトI)
 クリント・ファン・デア・リンデ(アルトII)
 櫻田 亮(テノールI)
 ザッカリー・ワイルダー(テノールII)
 加耒 徹(バスII/ユダ/ピラト/大祭司カヤパ/祭司長I)、他
 鈴木優人(オルガン)
 バッハ・コレギウム・ジャパン
 鈴木雅明(指揮)

 録音時期:2019年4月
 録音場所:彩の国さいたま芸術劇場
 録音方式:ステレオ(DSD/セッション)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD 5.0 SURROUND

 クラムシェル・ボックス仕様

収録曲   

ディスク   1

  • 01. St. Matthew Passion, BWV 244
  • 02. Part I: Kommt, ihr Tchter, helft mir klagen (Chorus)
  • 03. Part I: Recitative: Da Jesus diese Rede vollendet hatte (Evangelist, Jesus)
  • 04. Part I: Chorale: Herzliebster Jesu, was hast du verbrochen (Chorus)
  • 05. Part I: Recitative and Chorus: Da versammleten sich die Hohenpriester (Evangelist, Chorus, Jesus)
  • 06. Part I: Recitative: Du lieber Heiland du (Alto)
  • 07. Part I: Aria: Bu und Reu (Alto)
  • 08. Part I: Recitative: Da ging hin der Zwlfen einer (Evangelist, Judas)
  • 09. Part I: Aria: Blute nur, du liebes Herz (Soprano)
  • 10. Part I: Recitative and Chorus: Aber am ersten Tage der sen Brot (Evangelist, Chorus, Jesus)
  • 11. Part I: Chorale: Ich bin's, ich sollte ben (Chorus)
  • 12. Part I: Recitative: Er antwortete und sprach (Evangelist, Jesus, Judas)
  • 13. Part I: Recitative: Wiewohl mein Herz in Trnen schwimmt (Soprano)
  • 14. Part I: Aria: Ich will dir mein Herze schenken (Soprano)
  • 15. Part I: Recitative: Und da sie den Lobgesang gesprochen hatten (Evangelist, Jesus)
  • 16. Part I: Chorale: Erkenne mich, mein Hter (Chorus)
  • 17. Part I: Recitative: Petrus aber antwortete und sprach (Evangelist, Petrus, Jesus)
  • 18. Part I: Chorale: Ich will hier bei dir stehen (Chorus)
  • 19. Part I: Recitative: Da kam Jesus mit ihnen zu einem Hofe (Evangelist, Jesus)
  • 20. Part I: Recitative and Chorale: O Schmerz! hier zittert das gequlte Herz (Tenor, Chorus)
  • 21. Part I: Aria and Chorus: Ich will bei meinem Jesu wachen (Tenor, Chorus)
  • 22. Part I: Recitative: Und ging hin ein wenig (Evangelist, Jesus)
  • 23. Part I: Recitative: Der Heiland fllt vor seinem Vater nieder (Bass)
  • 24. Part I: Aria: Gerne will ich mich bequemen (Bass)
  • 25. Part I: Recitative: Und er kam zu seinen Jngern (Evangelist, Jesus)
  • 26. Part I: Chorale: Was mein Gott will, das gscheh allzeit (Chorus)
  • 27. Part I: Recitative: Und er kam und fand sie aber schlafend (Evangelist, Jesus, Judas)
  • 28. Part I: Aria and Chorus: So ist mein Jesus nun gefangen (Soprano, Alto, Chorus)
  • 29. Part I: Recitative: Und siehe, einer aus denen (Evangelist, Jesus)
  • 30. Part I: Chorale: O Mensch, bewein dein Snde gro (Chorus)
  • 31. Part II: Aria and Chorus: Ach! Nun ist mein Jesus hin (Alto, Chorus)
  • 32. Part II: Recitative: Die aber Jesum gegriffen hatten (Evangelist)
  • 33. Part II: Chorale: Mir hat die Welt trglich gericht' (Chorus)
  • 34. Part II: Recitative: Und wiewohl viel falsche Zeugen herzutraten (Evangelist, 2 Testis, Pontifex)
  • 35. Part II: Recitative: Mein Jesus schweigt zu falschen Lgen stille (Tenor)
  • 36. Part II: Aria: Geduld, Geduld! (Tenor)

ディスク   2

  • 01. Part II: Recitative and Chorus: Und der Hohepriester antwortete (Evangelist, Pontifex, Jesus, Chorus)
  • 02. Part II: Chorale: Wer hat dich so geschlagen (Chorus)
  • 03. Part II: Recitative and Chorus: Petrus aber sa drauen im Palast (Evangelist, Ancilla I, Petrus, Ancilla II, Chorus)
  • 04. Part II: Aria: Erbarme dich (Alto)
  • 05. Part II: Recitative and Chorus: Des Morgens aber hielten alle Hohepriester (Evangelist, Judas, Chorus, 2 Pontifex)
  • 06. Part II: Aria: Gebt mir meinen Jesum wieder (Bass)
  • 07. Part II: Recitative: Sie hielten aber einen Rat (Evangelist, Pilatus, Jesus)
  • 08. Part II: Chorale: Befiehl du deine Wege (Chorus)
  • 09. Part II: Recitative and Chorus: Auf das Fest aber hatte der Landpfleger (Evangelist, Pilatus, Uxor Pilati, Chorus)
  • 10. Part II: Chorale: Wie wunderbarlich ist doch diese Strafe (Chorus)
  • 11. Part II: Recitative: Der Landpfleger sagte (Evangelist, Pilatus)
  • 12. Part II: Recitative: Er hat uns allen wohlgetan (Soprano)
  • 13. Part II: Aria: Aus Liebe will mein Heiland sterben (Soprano)
  • 14. Part II: Recitative and Chorus: Sie schrieen aber noch mehr (Evangelist, Chorus, Pilatus)
  • 15. Part II: Recitative: Erbarm es Gott (Alto)
  • 16. Part II: Aria: Knnen Trnen meiner Wangen (Alto)
  • 17. Part II: Recitative and Chorus: Da nahmen die Kriegsknechte (Evangelist, Chorus)
  • 18. Part II: Chorale: O Haupt voll Blut und Wunden (Chorus)
  • 19. Part II: Recitative: Und da sie ihn verspottet hatten (Evangelist)
  • 20. Part II: Recitative: Ja freilich will in uns das Fleisch und Blut (Bass)
  • 21. Part II: Aria: Komm, ses Kreuz (Bass)
  • 22. Part II: Recitative and Chorus: Und da sie an die Sttte kamen (Evangelist, Chorus)
  • 23. Part II: Recitative: Ach Golgatha (Alto)
  • 24. Part II: Aria and Chorus: Sehet, Jesus hat die Hand (Alto, Chorus)
  • 25. Part II: Recitative and Chorus: Und von der sechsten Stunde an (Evangelist, Jesus, Chorus)
  • 26. Part II: Chorale: Wenn ich einmal soll scheiden (Chorus)
  • 27. Part II: Recitative and Chorus: Und siehe da, der Vorhang im Tempel zerriss (Evangelist, Chorus)
  • 28. Part II: Recitative: Am Abend, da es khle war (Bass)
  • 29. Part II: Aria: Mache dich, mein Herze, rein (Bass)
  • 30. Part II: Recitative and Chorus: Und Joseph nahm den Leib (Evangelist, Chorus, Pilatus)
  • 31. Part II: Recitative and Chorus: Nun ist der Herr zur Ruh gebracht (Bass, Chorus, Tenor, Alto, Soprano)
  • 32. Part II: Chorale: Wir setzen uns mit Trnen nieder (Chorus)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
   旧盤をもう少し聴きこんでから、と思...

投稿日:2020/04/30 (木)

   旧盤をもう少し聴きこんでから、と思っていた。が、某音楽雑誌に鈴木雅明のインタビュー記事が載り、新オルガンを盛り込んだ新しい音響と音楽作りについての記事を読んですぐに購入した次第。    聴いてみるとたしかにオルガンの響きがしっかり聴こえているが、オケが聞こえにくくなることもない。 オルガンの響きが豊かになることで進行もはっきりし、オケと声の橋渡しや下支えも安定してくるのだと感じた。旧盤とは骨格も肉体も同じだがその所作や表情に豊かさと静けさが滲み出た、すばらしいマタイと評価したい。    器楽もソロ歌唱も合唱も全体にゆったりとした落ち着いた雰囲気。旧盤よりさらに穏やかな表現になったと思う。ドラマとそこからほとばしる感情を表に出すというよりは、内にひそめて気持ちに表すイメージだろうか。しかし、コラールや大事な合唱部分では決然と確信力をもってマタイのドラマを伝えてくれる。 美しさ、そして哀しさとは目や耳にそのまま飛び込んでくるものだけでは感じられない、飛び込んできたものを心でそっと受けとめることで美しさや哀しさが湧き出るのだと思っている。このマタイはじっくり聴けば聴くほど心の奥底に小さな灯がともされていくようなあたたかみを感じる。もっと勉強して、そして何度も、さらに何年も聴いていきたい。おすすめです。

うーつん さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
冒頭から遅めのテンポだけれど、しなやかに...

投稿日:2020/02/08 (土)

冒頭から遅めのテンポだけれど、しなやかにひたひたと流れ始めるマタイ。鈴木雅明さんとBCJの演奏にいつも言える事だけれど、オケもコーラスもリズムが本当に生きているから音楽の流れ方がとても心地良い。ソリで歌われる冒頭合唱曲の清澄なコラールに心洗われる。この録音のために作られたオルガンがバッハのこの恐ろしく巨大な構築物を築く上で大きな土台を作り上げるかのようにとても印象的に響く。エヴァンゲリストのブルンスのブリリアントな歌声は抑制的に、イムラーのイエスは格調が高く、旧盤のテュルクとコーイの表情豊かな歌い口(筆者は旧盤にも惹かれる)とは趣が異なるが、BCJの厳かな音楽作りによく合っている。ソリストにムラがなく、どのアリアもテキストに寄り添った歌がオケの真摯な音色と共に心に沁みる。コラールは旧盤よりも更に彫琢された厳しい表現が見事。群衆の合唱もやり過ぎない抑制された表情が活き活きとしたリズムによって緊迫感を持って迫ってくる(筆者はガーディナーの新盤の荒々しさ・生々しさにも惹かれるが...)。マタイ受難曲がここまで外面にも内面にも盤石に録音されたこの演奏は永く人々の心に刻まれるだろう。

singet225 さん | 岐阜県 | 不明

1
★
★
★
★
★
非常に端正で精密な演奏。管弦楽も合唱もあ...

投稿日:2020/02/06 (木)

非常に端正で精密な演奏。管弦楽も合唱もあまりの正確さにぞくっとしました。 解釈はやや、わびさび系。少しだけジョンエリオットガーディナー新盤を思い出しました。 しかし、誰とも違う確かな個性、存在感です。 ヤーコプス、ヘレヴェッヘ、フェルトホーヴェンなど数々の傑作がこの世に登場しましたが、今回のマタイほどの合唱の歌唱力の高さは他にありません。 長い時間をかけて合唱曲全集を完成させた境地の作なのでしょう。旧盤と甲乙つけがたい。 旧盤も最高の作なのです 旧盤が趣向をこらした意欲作であるなら、新盤は長年の経験と技巧と思いの現れでしょう。 鈴木氏がいつから2回目の録音を行う心づもりだったかわかりませんが旧盤は最高のものであれ以上のものは作れない。だとすれば違うアプローチで同等の境地に達したいと考えていたのではないでしょうか。 BCJの長い時の流れ(教会カンタータ全集を18年かけて完成など)の集大成的作品と考えると本当に感無量なのです。 これを聴くと今までのBCJの思い出がなぜか浮かびます。最初のBWV4の驚き、BWV68の気迫、モテット集の慈しみ。

なて さん | 東京都 | 不明

4

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品