SACD

マタイ受難曲 リヒター&ミュンヘン・バッハ管弦楽団(1958)(3SACDシングルレイヤー)

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCGA9004
組み枚数
:
3
:
日本
フォーマット
:
SACD
その他
:
限定盤

商品説明

バッハ:マタイ受難曲(1958年録音)
カール・リヒター&ミュンヘン・バッハ管弦楽団

日本独自企画 初回生産限定

カール・リヒターの代名詞的録音であると共に、『マタイ受難曲』における決定的名盤を初SA-CD〜SHM化! 今回のSACD-SHM化にあたり、独エミール・ベルリナー・スタジオにてオリジナル・アナログ・マスターからDSDマスターを新規制作。ジャケットは、海外盤初出LPのオリジナル・ジャケットを生かした高級感あるジャケット予定。カール・リヒター生誕90年記念。(Universal Music)

【カール・リヒター】
求心的で峻厳、独特の迫力と高揚感をもったリヒターの演奏は、現在も多くのファンの心を掴んで離しません。
 ドレスデン十字架聖歌隊で少年時代を過ごし、ライプツィヒ音楽学校ではシュトラウベ、マウエルスベルガー、ラミンに師事、やがてトーマス教会のオルガニストを務めたという若き日のリヒターは、まさにバッハの伝統のど真ん中にいて多くを吸収していました。
 その後、ミュンヘンに移ったリヒターはオルガニストとして活躍する一方、バッハの合唱音楽の理想的な演奏への意欲が高まり、1951年、25歳のときにミュンヘン・バッハ合唱団を結成、やがてオーケストラにも理想を求めるようになり、1955年にミュンヘン・バッハ管弦楽団を組織します。このオケのメンバーはバイエルン放送響、ミュンヘン・フィル、バイエルン国立管の団員から選りすぐられたもので、合唱団同様、常設ではなかったものの、リヒターとの演奏会や録音の際には徹底したリハーサルがおこなわれ、理想に燃える指揮者の厳しい統率のもと、素晴らしく熱気に満ちた演奏を展開していました。(HMV)

【収録情報】
● J.S.バッハ:マタイ受難曲 BWV.244


 エルンスト・ヘフリガー(福音史家、アリア:テノール)
 キート・エンゲン(イエス:バス)
 アントニー・ファーベルク(第1の女、ピラトの妻:ソプラノ)
 マックス・プレープストル(ユダ、ペテロ、ピラト、大祭司:バス)
 イルムガルト・ゼーフリート(アリア:ソプラノ)
 ヘルタ・テッパー(アリア、第2の女:アルト)
 ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(アリア:バス)
 ミュンヘン・バッハ合唱団
 ミュンヘン少年合唱団
 ミュンヘン・バッハ管弦楽団
 カール・リヒター(指揮)

 録音時期:1958年6月〜8月
 録音場所:ミュンヘン、ヘルクレスザール
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

 独Emil Berliner Studios制作2015/16年DSDマスターを使用
 SACD Single Layer
 歌詞対訳付

 SACD対応プレイヤーで再生できます。

内容詳細

リヒターの1958年版「マタイ受難曲」。すでに歴史的名演として、リヒターの円熟期の録音よりこちらを推す人がいまだに多いという名盤だ。本盤はシングルレイヤー方式による再発で、録音の古さを一掃している。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. マタイ受難曲 BWV244 第T部 ベタニヤの香油(マタイによる福音書 第26章1節-13節) 1.合唱(合唱第T群/第U群):来たれ、娘たちよ、われと共に嘆け
  • 02. マタイ受難曲 BWV244 第T部 ベタニヤの香油(マタイによる福音書 第26章1節-13節) 2.レチタティーヴォ(福音史家、イエス):イエスこれらの言をみな語り終えしのち
  • 03. マタイ受難曲 BWV244 第T部 ベタニヤの香油(マタイによる福音書 第26章1節-13節) 3.コラール(合唱第T群/第U群):心より尊びまつるイエスよ、汝いかなる罪を犯せるとて
  • 04. マタイ受難曲 BWV244 第T部 ベタニヤの香油(マタイによる福音書 第26章1節-13節) 4.レチタティーヴォ(福音史家):そのとき祭司長と律法学者ならびに
  • 05. マタイ受難曲 BWV244 第T部 ベタニヤの香油(マタイによる福音書 第26章1節-13節) 5.合唱(合唱第T群/第U群):しかり、祭のあいだは
  • 06. マタイ受難曲 BWV244 第T部 ベタニヤの香油(マタイによる福音書 第26章1節-13節) 6.レチタティーヴォ(福音史家):イエス、ベタニヤにて
  • 07. マタイ受難曲 BWV244 第T部 ベタニヤの香油(マタイによる福音書 第26章1節-13節) 7.合唱(合唱第T群):なにゆえにかかる濫費をなすか?
  • 08. マタイ受難曲 BWV244 第T部 ベタニヤの香油(マタイによる福音書 第26章1節-13節) 8.レチタティーヴォ(福音史家、イエス):イエスこれを知りて
  • 09. マタイ受難曲 BWV244 第T部 ベタニヤの香油(マタイによる福音書 第26章1節-13節) 9.レチタティーヴォ(アルト):汝、とうとき救い主のきみよ
  • 10. マタイ受難曲 BWV244 第T部 ベタニヤの香油(マタイによる福音書 第26章1節-13節) 10.アリア(アルト):悔いの悲しみは
  • 11. マタイ受難曲 BWV244 第T部 晩餐(マタイによる福音書 第26章14節-35節) 11.レチタティーヴォ(福音史家、ユダ):そのとき、十二弟子のひとりにて
  • 12. マタイ受難曲 BWV244 第T部 晩餐(マタイによる福音書 第26章14節-35節) 12.アリア(ソプラノ):血を流せ、わが心よ!
  • 13. マタイ受難曲 BWV244 第T部 晩餐(マタイによる福音書 第26章14節-35節) 13.レチタティーヴォ(福音史家):種入れぬパンの祭りの初めの日
  • 14. マタイ受難曲 BWV244 第T部 晩餐(マタイによる福音書 第26章14節-35節) 14.合唱(合唱第T群):いずこにてわれらが、過越の食を守るための備えを
  • 15. マタイ受難曲 BWV244 第T部 晩餐(マタイによる福音書 第26章14節-35節) 15.レチタティーヴォ(福音史家、イエス、合唱第T群):イエス言いたもう/都に行き
  • 16. マタイ受難曲 BWV244 第T部 晩餐(マタイによる福音書 第26章14節-35節) 16.コラール(合唱第T群/第U群):われなり、われこそ償いに
  • 17. マタイ受難曲 BWV244 第T部 晩餐(マタイによる福音書 第26章14節-35節) 17.レチタティーヴォ(福音史家、イエス、ユダ):イエス答えて言いたもう
  • 18. マタイ受難曲 BWV244 第T部 晩餐(マタイによる福音書 第26章14節-35節) 18.レチタティーヴォ(ソプラノ):よしやわが心は涙のまにまに漂い
  • 19. マタイ受難曲 BWV244 第T部 晩餐(マタイによる福音書 第26章14節-35節) 19.アリア(ソプラノ):われは汝に心を捧げん
  • 20. マタイ受難曲 BWV244 第T部 晩餐(マタイによる福音書 第26章14節-35節) 20.レチタティーヴォ(福音史家、イエス):彼ら讃美を歌いてのち
  • 21. マタイ受難曲 BWV244 第T部 晩餐(マタイによる福音書 第26章14節-35節) 21.コラール(合唱第T群/第U群):われを知りたまえ、わが守りて
  • 22. マタイ受難曲 BWV244 第T部 晩餐(マタイによる福音書 第26章14節-35節) 22.レチタティーヴォ(福音史家、ペテロ、イエス):ペテロ答えて言う
  • 23. マタイ受難曲 BWV244 第T部 晩餐(マタイによる福音書 第26章14節-35節) 23.コラール(合唱第T群/第U群):われはここなる汝のみもとに留まらん
  • 24. マタイ受難曲 BWV244 第T部 ゲッセマネの祈り(マタイによる福音書 第26章36節-56節) 24.レチタティーヴォ(福音史家、イエス):ここにイエス彼らと共に
  • 25. マタイ受難曲 BWV244 第T部 ゲッセマネの祈り(マタイによる福音書 第26章36節-56節) 25.レチタティーヴォとコラール(テノール、合唱第U群):ああ痛まし!さいなまれし心ここにうち震う
  • 26. マタイ受難曲 BWV244 第T部 ゲッセマネの祈り(マタイによる福音書 第26章36節-56節) 26.アリア(テノール、合唱第U群):われはわがイエスのもとに目覚めおらん
  • 27. マタイ受難曲 BWV244 第T部 ゲッセマネの祈り(マタイによる福音書 第26章36節-56節) 27.レチタティーヴォ(福音史家、イエス):少し進み入りて
  • 28. マタイ受難曲 BWV244 第T部 ゲッセマネの祈り(マタイによる福音書 第26章36節-56節) 28.レチタティーヴォ(バス):救い主 み父の前にひれ伏したもう
  • 29. マタイ受難曲 BWV244 第T部 ゲッセマネの祈り(マタイによる福音書 第26章36節-56節) 29.アリア(バス):われは欣びて身をかがめ

ディスク   2

  • 01. マタイ受難曲 BWV244 第T部 ゲッセマネの祈り(マタイによる福音書 第26章36節-56節) 30.レチタティーヴォ(福音史家、イエス):弟子たちのもとに来たり
  • 02. マタイ受難曲 BWV244 第T部 ゲッセマネの祈り(マタイによる福音書 第26章36節-56節) 31.コラール(合唱第T群/第U群):わが神の御心のままに、常に成らせたまえ
  • 03. マタイ受難曲 BWV244 第T部 ゲッセマネの祈り(マタイによる福音書 第26章36節-56節) 32.レチタティーヴォ(福音史家、イエス、ユダ):また来たりて見たもうに、彼ら眠りおれり
  • 04. マタイ受難曲 BWV244 第T部 ゲッセマネの祈り(マタイによる福音書 第26章36節-56節) 33.二重唱アリアと合唱(ソプラノ、アルト、合唱第T群/第U群):かくてわがイエスはいまや捕われたり
  • 05. マタイ受難曲 BWV244 第T部 ゲッセマネの祈り(マタイによる福音書 第26章36節-56節) 34.レチタティーヴォ(福音史家、イエス):見よ、イエスと共にありし者のひとり
  • 06. マタイ受難曲 BWV244 第T部 ゲッセマネの祈り(マタイによる福音書 第26章36節-56節) 35.コラール(合唱第T群/第U群):人よ、汝の大いなる罪を悲しめ
  • 07. マタイ受難曲 BWV244 第U部 偽証(マタイによる福音書 第26章57節-63節) 36.アリアと合唱(アルト、合唱第U群):ああ、いまやわがイエスは連れさられぬ!
  • 08. マタイ受難曲 BWV244 第U部 偽証(マタイによる福音書 第26章57節-63節) 37.レチタティーヴォ(福音史家):イエスを捕えたる者ども
  • 09. マタイ受難曲 BWV244 第U部 偽証(マタイによる福音書 第26章57節-63節) 38.コラール(合唱第T群/第U群):世はわれに欺き仕掛けぬ
  • 10. マタイ受難曲 BWV244 第U部 偽証(マタイによる福音書 第26章57節-63節) 39.レチタティーヴォ(福音史家、証人、大祭司):また多くの偽証者ら立ち出でたれども
  • 11. マタイ受難曲 BWV244 第U部 偽証(マタイによる福音書 第26章57節-63節) 40.レチタティーヴォ(テノール):わがイエスは嘘いつわりの証しにも黙したもう
  • 12. マタイ受難曲 BWV244 第U部 偽証(マタイによる福音書 第26章57節-63節) 41.アリア(テノール):忍べよ、忍べよ!偽りの舌われを刺すとき
  • 13. マタイ受難曲 BWV244 第U部 大祭司とピラトの審問(マタイによる福音書 第26章63節-75節、第27章1節-14節) 42.レチタティーヴォ(福音史家、大祭司、イエス、合唱第T群/第U群):大
  • 14. マタイ受難曲 BWV244 第U部 大祭司とピラトの審問(マタイによる福音書 第26章63節-75節、第27章1節-14節) 43.レチタティーヴォ(福音史家、合唱第T群/第U群):ここに彼らイエスの
  • 15. マタイ受難曲 BWV244 第U部 大祭司とピラトの審問(マタイによる福音書 第26章63節-75節、第27章1節-14節) 44.コラール(合唱第T群/第U群):たれぞ汝をばかく打ちたるか
  • 16. マタイ受難曲 BWV244 第U部 大祭司とピラトの審問(マタイによる福音書 第26章63節-75節、第27章1節-14節) 45.レチタティーヴォ(福音史家、第1の下女、ペテロ、第2の下女):さてペ
  • 17. マタイ受難曲 BWV244 第U部 大祭司とピラトの審問(マタイによる福音書 第26章63節-75節、第27章1節-14節) 46.合唱とレチタティーヴォ(合唱第U群、福音史家、ペテロ):たしかに汝も
  • 18. マタイ受難曲 BWV244 第U部 大祭司とピラトの審問(マタイによる福音書 第26章63節-75節、第27章1節-14節) 47.アリア(アルト):憐れみたまえ、わが神よ
  • 19. マタイ受難曲 BWV244 第U部 大祭司とピラトの審問(マタイによる福音書 第26章63節-75節、第27章1節-14節) 48.コラール(合唱第T群/第U群):たとえわれ汝より離れ出ずるとも
  • 20. マタイ受難曲 BWV244 第U部 大祭司とピラトの審問(マタイによる福音書 第26章63節-75節、第27章1節-14節) 49.レチタティーヴォ(福音史家、ユダ、合唱第T群/第U群):夜明けになり
  • 21. マタイ受難曲 BWV244 第U部 大祭司とピラトの審問(マタイによる福音書 第26章63節-75節、第27章1節-14節) 50.レチタティーヴォ(福音史家、祭司長たち):ユダその銀貨を神殿に投げ込
  • 22. マタイ受難曲 BWV244 第U部 大祭司とピラトの審問(マタイによる福音書 第26章63節-75節、第27章1節-14節) 51.アリア(バス):われに返せ、わがイエスをば!
  • 23. マタイ受難曲 BWV244 第U部 大祭司とピラトの審問(マタイによる福音書 第26章63節-75節、第27章1節-14節) 52.レチタティーヴォ(福音史家、ピラト、イエス祭司長たち):かくて相議り
  • 24. マタイ受難曲 BWV244 第U部 大祭司とピラトの審問(マタイによる福音書 第26章63節-75節、第27章1節-14節) 53.コラール(合唱第T群/第U群):汝の行くべき道と
  • 25. マタイ受難曲 BWV244 第U部 イエスの引き渡しと鞭打ち(マタイによる福音書 第27章15節-30節) 54.レチタティーヴォ(福音史家、ピラト、ピラトの妻、合唱第T群/第U群):さて祭の時に、総
  • 26. マタイ受難曲 BWV244 第U部 イエスの引き渡しと鞭打ち(マタイによる福音書 第27章15節-30節) 55.コラール(合唱第T群/第U群):さても驚くべし この刑罰!
  • 27. マタイ受難曲 BWV244 第U部 イエスの引き渡しと鞭打ち(マタイによる福音書 第27章15節-30節) 56.レチタティーヴォ(福音史家、ピラト):総督言う
  • 28. マタイ受難曲 BWV244 第U部 イエスの引き渡しと鞭打ち(マタイによる福音書 第27章15節-30節) 57.レチタティーヴォ(ソプラノ):彼は我ら総ての者の為に善き事をなせり

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
レコードの歴史に残る名演奏です。 これだ...

投稿日:2019/12/19 (木)

レコードの歴史に残る名演奏です。 これだけの緊張感が最初から最後まで持続しているのですから、正直、聴いていて少し疲れます。 ショルティの指輪全曲、フルトヴェングラーのバイロイト第九と並んでクラシックファンなら必聴・必携のCDと確信します。

古き良き時代 さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
★
SHM-CDの時に買い替えたので躊躇していたの...

投稿日:2016/03/13 (日)

SHM-CDの時に買い替えたので躊躇していたのですが、ロ短調ミサが良かったので再度買い替えてみました。他の方も言われているように素晴らしい録音です。オケや合唱の広がり、ソリストの生き生きとした歌唱、すでに200枚近くSACDをもっていますが、これほどの臨場感が感じられたものは他にはありません。4大宗教曲を全部買い替えることになりそうです。

Ochs さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
★
★
シングルレーヤー SACD の優れた成功例.LP...

投稿日:2016/02/29 (月)

シングルレーヤー SACD の優れた成功例.LP の時代より音がやや繊細な感があるが,当時はオーディオ・セットはともかく,気持で聴いていた.エルンスト・ヘフリガー,ヘルタ・テッパーが 50 年を経てよみがえった.第 18 曲,ヘルタ・テッパーによる第 II 部,Nr. 47,アリア「憐れみたまえ,わが神よ」はバッハを唄う不世出のアルトを実感させる.SACD 機器以外はすべてアナログのシステム (McIntosh 275, Marantz #7, Tannoy Monitor Red) によく合う音楽を楽しんでいる.3/9 には Leiptzig から来日するトーマス教会の live を聴く.ひとときのキリスト教徒がリヒターのシングルレーヤー SACD に讃辞を送る.

pathologe さん | 東京都 | 不明

4

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品