CD 輸入盤

ブランデンブルク協奏曲全曲、協奏曲集 カール・リヒター&ミュンヘン・バッハ管弦楽団(2CD)

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
427143
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Germany
フォーマット
:
CD

商品説明

バッハ:ブランデンブルク協奏曲全曲(2CD)
カール・リヒター&ミュンヘン・バッハ管弦楽団


【収録情報】
J.S.バッハ:
● ブランデンブルク協奏曲全曲

 第1番ヘ長調 BWV.1046
 第2番ヘ長調 BWV.1047
 第3番ト長調 BWV.1048
 第4番ト長調 BWV.1049
 第5番ニ長調 BWV.1050
 第6番変ロ長調 BWV.1051

 カール=ハインツ・シュネーベルガー(ヴァイオリン)
 クルト=クリスティアーン・シュティアー(ヴィオラ)
 オスヴァルト・ウール(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
 ヨハネス・フィンク(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
 フリッツ・キスカルト(チェロ)
 ヘルベルト・ドゥフト(コントラバス)
 マンフレート・クレメント(オーボエ)
 ヘルマン・バウマン(ホルン)
 ヴェルナー・マイヤードルフ(ホルン)
 カール・コルビンガー(ファゴット)
 ハンス・マルティン・リンデ(リコーダー)
 ギュンター・ヘラー(リコーダー)
 ピエール・ティボー(トランペット)
 ヘトヴィヒ・ビルグラム(チェンバロ)
 録音時期:1967年

● オーボエ・ダモーレ協奏曲イ長調 BWV.1055R

 マンフレート・クレメント(オーボエ・ダモーレ)
 録音時期:1980年

● オーボエとヴァイオリンのための協奏曲ハ短調 BWV.1060R

 オットー・ビュヒナー(ヴァイオリン)
 エドガー・シャン(オーボエ)
 録音時期:1963年

 ミュンヘン・バッハ管弦楽団
 カール・リヒター(指揮、チェンバロ)

 録音場所:ミュンヘン
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

収録曲   

  • 01. #1 - F - 1 NO TEMPO INDICATION
  • 02. #1 - F - 2 ADAGIO
  • 03. #1 - F - 3 ALLEGRO
  • 04. #1 - F - 4 MENUETTO - TRIO I - POLACCA - TRIO II
  • 05. #2 - F - 1 NO TEMPO INDICATION
  • 06. #2 - F - 2 ANDANTE
  • 07. #2 - F - 3 ALLEGRO ASSAI
  • 08. #3 - G - 1 NO TEMPO INDICATION
  • 09. #3 - G - 2 ADAGIO
  • 10. #3 - G - 3 ALLEGRO
  • 11. #4 - G - 1 ALLEGRO
  • 12. #4 - G - 2 ANDANTE
  • 13. #4 - G - 3 PRESTO
  • 14. #5 - D - 1 ALLEGRO
  • 15. #5 - D - 2 AFFETUOSO
  • 16. #5 - D - 3 ALLEGRO
  • 17. #6 - BB - 1 NO TEMPO INDICATION
  • 18. #6 - BB - 2 ADAGIO MA NON TANTO
  • 19. #6 - BB - 3 ALLEGRO
  • 20. CONCERTO FOR OBOE D'AMOUR, ETC. - A - 1 NO TEMPO INDICATION
  • 21. - A - 2 LARGHETTO
  • 22. - A - ALLEGRO MA NON TANTO
  • 23. CONCERTO FOR VIOLIN, OBOE, ETC. - DM - 1 ALLEGRO
  • 24. - DM - ADAGIO
  • 25. - DM - ALLEGRO

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
リヒターのバッハは真面目過ぎて取っ付きに...

投稿日:2021/07/21 (水)

リヒターのバッハは真面目過ぎて取っ付きにくかったので敬遠気味でしたが、今回リマスターされたものは少しまろやかになった感じで聴きやすくなったと思います。演奏はまだ数学の模範解答のようなところはありますが、録音から半世紀以上経ってもこの曲の規範となる峻厳かつ意思の強い名演になっていると感じます。

困ったお父さん さん | 三重県 | 不明

0
★
★
★
★
★
待ち望んでいたSHM−CDで発売される事...

投稿日:2021/07/12 (月)

待ち望んでいたSHM−CDで発売される事嬉しく思います。 やや表現が固い部分もありますが、楷書の折り目正しいバッハは何十年経っても廃れないと感じます。 ピノックあたりの軽快なものも素敵なので両方愛聴しています。

チバリスト さん | 千葉県 | 不明

1
★
★
★
★
★
歴史上最も偉大なる芸術家のひとりであり、...

投稿日:2013/01/11 (金)

歴史上最も偉大なる芸術家のひとりであり、バッハの生まれ変わりとすら言われるカール・リヒター。しかし、1981年にわずか54才で亡くなってしまった。その後のスキを突いたかのように隆盛した古楽器演奏ブーム。どちらを聴くか、もちろん音楽を聴く側には選択権がある。バロック界のこの現状は、クラシック音楽の演奏における全体の現象を示している。問題はどちらの演奏が良いということではない。問題は音楽が「小手先勝負」になってしまったということだ。音楽界は圧倒的なカリスマ達が支配していた時代から、多数の音楽家達が自ら自身を守るための「集団」が強くなり支配する時代になった。音楽家達が自らの知識や技術の高さの競り合いをしている世界である。音楽とは何か。芸術とは何か・・。全人類と生けるもの全てのために、自らと魂と音楽を全身全霊で捧げる、それはリヒターである。 バッハと言えば今でも多くの人は「やはりリヒターに限る」と言うだろう。バッハを聴いて背骨の温度と心臓の動きを感じることができるのはリヒターだけである。その音楽はまさに神がかったものとしか言いようがない。名盤はたくさんあるが、なかでも絶対押さえておくべきなのがこの「ブランデンブルク協奏曲」である。「マタイ」や「カンタータ」とは違いBGMにもなりえるので、気軽にさりげなく聴くのでもいいい。そういった聴きかたこそ素敵だ。

mitemira さん | 東京都 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品