CD 輸入盤

トッカータ全曲 ヒューイット(P)

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CDA67310
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD

商品説明

ヨハン・セバスティアン・バッハ(1685−1750):
トッカータ ハ短調BWV.911
トッカータ、アダージョとフーガ ト長調BWV.916
トッカータ嬰ヘ短調BWV.910
トッカータ ホ短調BWV.914
トッカータ ニ短調BWV.913
トッカータ ト短調BWV.915
トッカータ ニ長調BWV.912

アンジェラ・ヒューイット(ピアノ)

2002年5月12日に水戸芸術館でただ一度行われた日本公演は、御大吉田秀和氏を始めとする多くのクリティーク、音楽ジャーナリスト、各地から駆けつけたファンで満員の盛況。その多くの聴衆が注目する中で、まず弾かれたのがバッハ。今後長く語り継がれるであろう感動的なリサイタルを聴けた人はわずか数百人だったわけですが、会場でのCD即売は水戸芸術館の開館以来、最高記録を塗り替えたといいます。

これであと大きな独奏のための曲集といえば「イギリス組曲」を残すのみとなりました。トッカータ7曲すべてがCD1枚に収まっているのもうれしいところです。

 J.S.バッハ青年時代の作品とされる《トッカータ》は、ブクステフーデの多部分形式による比較的大規模なオルガン作品を範として完全に消化し、自らの音楽語法を確立した傑作群です。
 そのスタイルは、同名の冒頭部を持つオルガン作品同様、絢爛豪華な導入の走句、中間に置かれたフーガと緩徐部分、そして堂々としたフーガ(BWV916は中間が緩徐部のみ)から成るという構造的なもので、オルガン的な要素が色濃く残されており、規模は小ぶりながらもきわめて華やかな面を持つものだと言えるでしょう。
 ヒューイットの演奏は、これらの作品の性格を活かしたパワフルかつ十分な質量を伴った見事なスケール感が印象的なものですが、一方では、走句での歯切れのよさもトッカータにふさわしい爽快感を与えてくれています。

 録音時期:2002年1月
 録音場所:ロンドン、ヘンリー・ウッド・ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

収録曲   

  • 01. Toccata in C minor, BWV 911
  • 02. Toccata in G major, BWV 916
  • 03. Toccata in F minor, BWV 910
  • 04. Toccata in E minor, BWV 914
  • 05. Toccata in D minor, BWV 913
  • 06. Toccata in G minor, BWV 915
  • 07. Toccata in D major, BWV 912

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
バッハの器楽曲では録音が少ないトッカータ...

投稿日:2011/11/14 (月)

バッハの器楽曲では録音が少ないトッカータ全集。 有名なのはグールドだが、少々奇抜過ぎるためリファレンスには不向き。 古くはジャン=ベルナール・ポミエの名演があったが今は廃盤になってしまった。それ以降、本命盤は中々無かったのだが、そこに出た新機軸が、ヒューイット盤だった。 平均律クラヴィアでは類希れなる腕前を正当な演奏ではなく思い切りパロディ調に仕立て、この曲の愛好家からはソッポを向かれたはずの彼女だが、このトッカータでは非常に全うなアプローチをしている。 最近はファッツォーリにこだわる彼女だけれど、ここでは普通にスタインウェイを弾いているのが良いのか、私には実に好ましく聴こえる。 正直、平均律の旧録音で辟易し二度と聴くまいと思ったが、この演奏で評価を改めた。

こぶちゃん さん | 埼玉県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
悪くはないが少し期待はずれ。常識的という...

投稿日:2003/03/07 (金)

悪くはないが少し期待はずれ。常識的というか、穏やかすぎる。BGMとしてゆったり聞くのには最適だが、トッカータの演奏にはもっと大胆な即興性が欲しい。その点、聴いていてちょっと疲れるが、廻由美子の方が面白い。いや、一番個性的なのはやはりグールドか。全曲ではないが、リヒテルもいい。チェンバロならアンタイが最高だ。

cherokun さん | 愛知 | 不明

0
★
★
★
★
☆
冒頭からなんとも骨太な雄大なタッチ、それで...

投稿日:2002/08/12 (月)

冒頭からなんとも骨太な雄大なタッチ、それでいて繊細なパッセージも綺麗に弾き分ける。こういったタイプは確にいなかった。これに比べるとペライアは若干線が細い。それにしてもピリスといい女は逞しい?

いやみなぶらいあん さん | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品