CD 輸入盤

チェンバロ協奏曲全集、ヴァイオリン協奏曲集、他 ピノック&イングリッシュ・コンサート(5CD)

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
463725
組み枚数
:
5
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD

商品説明

1979-84年ステレオ&デジタル録音。チェンバロ協奏曲全集を中心に、ピノック&イングリッシュ・コンサートによるバッハのコンチェルト録音をあつめた5枚組セット。このコンビならではの歯切れの良い、爽快な演奏が楽しめます。この新鮮な感覚はピノックの身上でしょう。
 ピノック自身によるチェンバロ・ソロはもちろん、ヴァイオリンのスタンデイジ、フルートのベズノシウクなど、おなじみの名手たちによる名演も聞きものです。

CD 1-3:
チェンバロ協奏曲全集

・チェンバロ協奏曲第1番ニ短調 BWV 1052
・チェンバロ協奏曲第2番ホ長調 BWV 1053
・チェンバロ協奏曲第3番ニ長調 BWV 1054
・チェンバロ協奏曲第4番イ長調 BWV 1055
・チェンバロ協奏曲第5番ヘ短調 BWV 1056
・チェンバロ協奏曲第6番ヘ長調 BWV 1057
・チェンバロ協奏曲第7番ト短調 BWV 1058
・2台のチェンバロのための協奏曲第1番ハ短調 BWV 1060
・2台のチェンバロのための協奏曲第2番ハ長調 BWV 1061
・2台のチェンバロのための協奏曲第3番ハ短調 BWV 1062
・3台のチェンバロのための協奏曲第1番ニ短調 BWV 1063
・3台のチェンバロのための協奏曲第2番ハ長調 BWV 1064
・4台のチェンバロのための協奏曲イ短調 BWV 1065

CD 4:
・フルート、ヴァイオリン、チェンバロのための三重協奏曲イ短調 BWV 1044
・オーボエとヴァイオリンのための協奏曲ハ短調 BWV1060
・オーボエ・ダモーレ協奏曲ニ長調 BWV 1053

CD 5:
・ヴァオリン協奏曲第1番イ短調 BWV 1041
・ヴァオリン協奏曲第2番ホ長調 BWV 1042
・2つのヴァイオリンのための協奏曲ニ短調 BWV 1043

 トレヴァー・ピノック(cemb)
 ケネス・ギルバート(cemb)
 ラース・ウルリク・モルテンセン(cemb)
 リーザ・ベズノシウク(fl)
 ダ−ヴィッド・ライヒェンベルク(ob)
 サイモン・スタンデイジ(vn)

 イングリッシュ・コンサート
 トレヴァー・ピノック(指揮)

 録音:1979-84年[ステレオ&デジタル]

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Concerto for Harpsichord and Strings in D minor, BVW 1052: 1. Allegro
  • 02. Concerto for Harpsichord and Strings in D minor, BVW 1052: 2. Adagio
  • 03. Concerto for Harpsichord and Strings in D minor, BVW 1052: 3. Allegro
  • 04. Concerto for Harpsichord and Strings in E major, BVW 1053: 1. (without tempo indication)
  • 05. Concerto for Harpsichord and Strings in E major, BVW 1053: 2. Siciliano
  • 06. Concerto for Harpsichord and Strings in E major, BVW 1053: 3. Allegro
  • 07. Concerto for Harpsichord and Strings in D major, BVW 1054: 1. (without tempo indication)
  • 08. Concerto for Harpsichord and Strings in D major, BVW 1054: 2. Adagio e piano sempre
  • 09. Concerto for Harpsichord and Strings in D major, BVW 1054: 3. Allegro

ディスク   2

  • 01. Concerto for Harpsichord and Strings in A major, BWV.1055: 1. Allegro
  • 02. Concerto for Harpsichord and Strings in A major, BWV.1055: 2. Larghetto
  • 03. Concerto for Harpsichord and Strings in A major, BWV.1055: 3. Allegro ma non tanto
  • 04. Concerto for Harpsichord and Strings in F minor, BWV.1056: 1. (Without Tempo Indication)
  • 05. Concerto for Harpsichord and Strings in F minor, BWV.1056: 2. Largo
  • 06. Concerto for Harpsichord and Strings in F minor, BWV.1056: 3. Presto
  • 07. Concerto for Harpsichord, 2 Recorders and Strings in F major, BWV1057: 1. (Without Tempo Indication)
  • 08. Concerto for Harpsichord, 2 Recorders and Strings in F major, BWV1057: 2. Andante
  • 09. Concerto for Harpsichord, 2 Recorders and Strings in F major, BWV1057: 3. Allegro assai
  • 10. Concerto for Harpsichord and Strings in G minor, BWV1058: 1. (Without Tempo Indication)
  • 11. Concerto for Harpsichord and Strings in G minor, BWV1058: 2. Andante
  • 12. Concerto for Harpsichord and Strings in G minor, BWV1058: 3. Allegro assai
  • 13. Concerto for 2 Harpsichords and Strings in C minor, BWV1060: 1. Allegro
  • 14. Concerto for 2 Harpsichords and Strings in C minor, BWV1060: 2. Adagio
  • 15. Concerto for 2 Harpsichords and Strings in C minor, BWV1060: 3. Allegro

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
正統派の演奏、曲想といいテンポといい斬新...

投稿日:2013/10/24 (木)

正統派の演奏、曲想といいテンポといい斬新になりすぎず、とてもバランスがよい。チェンバロと各楽器とのアンサンブルもよく、ともに一つの音楽性を目指し、センスのよい音楽を展開してくれる。私にとっては1の名演です。

ムサイシス さん | 三重県 | 不明

2
★
★
★
★
☆
やはりバッハは良いです。 〜協奏曲第何番...

投稿日:2012/02/11 (土)

やはりバッハは良いです。 〜協奏曲第何番とかいうととても取っ付き難い感じはしますが、 専門的な事は抜きにしてやはりバッハは良いです。 バッハが好きならこれを買って下さい。 (業者の回し者みたいですみません。。。)

タックン さん | 新潟県 | 不明

1
★
★
★
★
☆
2009/3に本盤レビューには投稿済みなのです...

投稿日:2010/04/21 (水)

2009/3に本盤レビューには投稿済みなのですが今回演奏タイム情報その他を追加しておきますね。文意は先の投稿分と変わっておりません。ピノックはほぼ私と同世代でその彼が1978年頃からバッハ管弦楽組曲から始めたバッハ一連のオーケストラ物は途中チェンバロやヴァイオリン協奏曲集を経てブランデンブルグ協奏曲へと5〜6年かけて収録しました。私は本盤中ヴァイオリン協奏曲他以外のチェンバロ協奏曲集分を聴いていますので触れてみました。バッハのチェンバロ協奏曲集は1979〜1984年(ピノック本盤演奏録音時推定33〜38歳)に録音したものです。当時既に古楽器演奏が当り前で彼ももそれにならっていますが決して小難しい又古色蒼然としたものではなく幾分それ迄のモダン楽器演奏のイメージというか現代的な感じがします。それは逆にもう30年近く前ですから陳腐化しているのかも・・。しかし安心して聴ける素晴らしい盤です。 このチェンバロ(他のヴァイオリン、管楽器協奏曲も含む)協奏曲全部を特定の演奏家で聴き通すのは正直「飽き」が来るしバッハ自身学生の為に次々書いていたものだから全てが質の高いものとは限らないジャンルと自認していた節もあるようです。ですが学生という段階視野からすればこれらの曲は若い演奏の方が良い様に思えいずれにしても各鍵盤奏者がこれらのチェンバロ協奏曲集を出しており中々選択にも迷う処ではあります。さて、本盤を録音した頃のピノックは30歳代半ば・・・仕事が面白い時期でしょう、古楽器での演奏なのですが大変進取に富んだ現代的な感覚で次々とこなして屈託というものが見られません。まぁ「恐い物知らず」といった処で疾走します。とは言うものの先に書いた様に聴き通す「飽き」ともいくらピノック演奏であっても多少は戦わざるを得なかった事は事実ではありますが、私はBWV1060以降の複数台チェンバロによるものが比較的気に入って聴いております。メリハリがあると言うか締まった表情の中に各奏者の遣り取りが見える様でそれだけ変化が垣間見られたのでしょう。各曲のカデンッアらしい部分も典雅な中に現代的な攻めがあるように感じました。なお、この曲集は日本レコードアカデミー賞を確か受賞したのではなかったでしょうか?以下参考までに各曲の演奏タイムをメモしておきますので他の演奏家のものと暇があれば比べては如何でしょうか。BWV1052(@7’25A6’18B7’57),BWV1053(@7’39A5’16B6’10),BWV1054(@7’41A6’49B2’35),BWV1055(@4’16A5’41B3’39),BWV1056(@3’08A2’49B3’38),BWV1057(@6’59A4’20B5’15),BWV1058(@3’43A6’19B3’53),BWV1060(@5’15A5’24B3’37),BWV1061(@7’43A5’01B6’01),BWV1062(@4’00A5’56B4’46),BWV1063(@5’07A3’45B4’57),BWV1064(@6’14A5’28B4’38),BWV1065(@4’02A2’08B3’23)。(タイムについては盤により多少異なる場合があります。)

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品