CD 輸入盤

ソナタ、パルティータ、組曲〜フランス・ブリュッヘン編曲、無伴奏リコーダーのための作品全集 ボレッテ・ロズ(2CD)

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ODE1323
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


バッハ:無伴奏ヴァイオリンと無伴奏チェロ作品集(リコーダー編)

デンマーク生まれのリコーダー奏者ボレッテ・ロズ。2004年のソロ・デビュー以降、国内外で数多くのコンサートを行い、デンマークの権威ある音楽賞も獲得、デビュー直後にデンマーク国立放送の「アーティスト・イン・レジデンス」に選ばれるなど、才能を高く評価されています。彼女のONDINEでのデビュー・アルバムはフランス・ブリュッヘン[1934-2014]の編曲によるJ.S.バッハの作品集です。
 バッハは室内楽や声楽曲には好んでフルートを用いましたが、無伴奏フルートのためのパルティータ イ短調 BWV.1013以外には、無伴奏フルートのための作品を残しておらず、室内楽でもフルートが使われている作品は偽作を含めても少数だけしかありません。その上、当時の他の作曲家、ヴィヴァルディやテレマンのようなリコーダーのための作品はほとんど書かれていません。リコーダー奏者がバッハを演奏する手段はないのでしょうか?そのためには他の楽器のために書かれた作品を編曲することが必要となります。
 20世紀の名手ブリュッヘンは『無伴奏チェロ組曲』から前半の3曲と、無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータから11楽章を選び、リコーダーのために編曲を施しました。ロズは『無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ』では曲によってリコーダーを替え、『無伴奏チェロ組曲』では調性を変更することで、音色と響きに細心の注意を払いつつ、全ての曲を完璧に演奏しています。(輸入元情報)

【収録情報】
Disc1
J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータからの11楽章(ブリュッヘン編)


● 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第3番ホ長調 BWV.1006より
 1. 第1曲:前奏曲
 2. 第3曲:ガヴォットとロンド
 3. 第5曲:ブーレ
 4. 第6曲:ジーグ

● 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第1番ト短調 BWV.1001より
 5. 第1楽章:Adagio

● 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第2番イ短調 BWV.1003より
 6. 第4楽章:Allegro

● 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第3番ハ長調 BWV.1005より
 7. 第4楽章:Allegro assai

● 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番ニ短調 BWV.1004より
 8. 第1曲:アルマンド
 9. 第2曲:クーラント
 10. 第3曲:サラバンド
 11. 第4曲:ジーグ

Disc2
J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番〜第3番(ブリュッヘン編)


● 無伴奏チェロ組曲第1番ト長調 BWV.1007
 1. 前奏曲
 2. アルマンド
 3. クーラント
 4. サラバンド
 5. メヌエット I/II
 6. ジーグ

● 無伴奏チェロ組曲第2番ニ短調 BWV.1008
 7. 前奏曲
 8. アルマンド
 9. クーラント
 10. サラバンド
 11. メヌエット I/II
 12. ジーグ

● 無伴奏チェロ組曲第3番ハ長調 BWV.1009
 13. 前奏曲
 14. アルマンド
 15. クーラント
 16. サラバンド
 17. ブーレ I/II
 18. ジーグ

 ボレッテ・ロズ(リコーダー)

 使用楽器:
 【Disc1】
 ラルフ・エーレルト(Bizeyモデル)製アルト・リコーダー A392Hz(1-4)
 ジャン=リュック・ブードゥロー(Bressanモデル)製ソプラノ 4th flute in Bb'リコーダー A415Hz(5)
 フレッド・モーガン/ニコライ・ロミヌス(Stanesby seniorモデル)製 5th Flute in c'’リコーダー A415Hz(6,11)
 フレッド・モーガン(Bressanモデル)アルト g'リコーダー A415Hz(7,10)
 フレッド・モーガン(Bressanモデル)アルト f'リコーダー A415Hz(8,9)
 【Disc2】
 フレッド・モーガン(Stanesby and Bressanモデル)ヴォイス・フルート d' A415Hz

 録音時期:2017年5月2-5日
 録音場所:Augustenborg, Denmark
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
HP内に視聴できる動画があるので、参考にな...

投稿日:2021/06/23 (水)

HP内に視聴できる動画があるので、参考になるかと思いますが(もちろんCDに効果音は入っていませんが)とても涼しげで、気持ちの良い内容でした。確かにヴァイオリン作品はまとまりに欠けますが、一つ一つがすぐれた曲で編曲も良いため、特に気にはなりませんでした。ヴァイオリン作品は全曲ないので物足りないと感じる方もおられるかもしれませんが、編曲物として優れた内容だと感じます。

こびと さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
★
★
ブリュッヘンがリコーダー用に編曲した、バ...

投稿日:2021/03/11 (木)

ブリュッヘンがリコーダー用に編曲した、バッハのチェロとヴァイオリンのための無伴奏曲を全て録音したもの。ちなみに、楽譜は、日本の全音楽譜出版社から出ています。 チェロ組曲は1番〜3番の全曲を演奏しており、まとまりのある音楽として聴くことができますが、ヴァイオリン曲の方は、ブリュッヘンが編曲した楽章だけを演演しており、正直、まとまりのある音楽として聴くには少し厳しくて、リコーダーに関心のない方には、おススメしがたいです。 しかし、チェロ組曲のリコーダー版の演奏は、ブリュッヘン本人やフェアブリュッヘンなどによる複数の録音もありますが、ヴァイオリン曲の方は、QuindecimレーベルのH.フランコによる録音くらいしか見当たらず、ロズのしっかりしたテクニックと音楽性を持った演奏は、リコーダーに関心のある方にはおススメです。

hyogepi さん | 新潟県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品