CD 輸入盤

ゴルトベルク変奏曲 ヴァユリネン(アコーディオン)

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ABCD191
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

アコーディオンで聴く『ゴルトベルク変奏曲』

バッハの大傑作ゴルトベルク変奏曲をアコーディオンで演奏しています。普通こうしたものは珍しさが売りで終わってしまいがちですが、ここでのミカ・ヴァユリネンはそんなレヴェルじゃありません!
 アリア、変奏、全てが実に魅力的。非常に優れた技巧(第5変奏の鮮やかなこと!)と、思わず聞き惚れてしまう音楽性(第14変奏の滴る美感の素晴らしいこと!)が結実、チェンバロ、ピアノなどで楽しんできた人でも、まるで新しい傑作に出会ったかのような新鮮さに満ちた演奏になっています。
 ヴァユリネンは1967年生まれのフィンランドのアコーディオン奏者。アコーディオンの音色そのものが、普通イメージされるアコーディオンの音とは全く異なっています。秋の青空のような爽快な美と哀愁と高い透明感をもった音もあれば、第16変奏での、およそアコーディオンとは思えない壮麗さまで、表現の幅が広いこと。アリアに戻る頃には、すっかりこのCDの虜になってしまうことでしょう。
 こんな素晴らしいゴルトベルクをアコーディオン・マニアだけのものにしてはもったいない! 全バッハ・ファン、ゴルトベルク・マニアにお勧めの大名演です。(キング・インターナショナル)

・J.S.バッハ:ゴルトベルク変奏曲

 ミカ・ヴァユリネン(アコーディオン)

 録音:2003年8月18−19、25−26日

収録曲   

  • 01. Aria
  • 02. Variation 1
  • 03. Variation 2
  • 04. Variation 3: Canone All'unisono
  • 05. Variation 4
  • 06. Variation 5
  • 07. Variation 6: Canone Alla Seconda
  • 08. Variation 7
  • 09. Variation 8
  • 10. Variation 9: Canone Alla Terza
  • 11. Variation 10: Fughetta
  • 12. Variation 11
  • 13. Variation 12: Canone Alla Quarta
  • 14. Variation 13
  • 15. Variation 14
  • 16. Variation 15: Canone Alla Quinta/Andante
  • 17. Variation 16: Ouverture
  • 18. Variation 17
  • 19. Variation 18: Canone Alla Sesta
  • 20. Variation 19
  • 21. Variation 20
  • 22. Variation 21: Canone Alla Settima
  • 23. Variation 22: Alla Breve
  • 24. Variation 23
  • 25. Variation 24: Canone All'ottava
  • 26. Variation 25
  • 27. Variation 26
  • 28. Variation 27: Canone Alla Nona
  • 29. Variation 28
  • 30. Variation 29
  • 31. Variation 30: Quodlibet
  • 32. Aria

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
(特にこの作品じゃないですが)…バッハは素晴...

投稿日:2005/10/26 (水)

(特にこの作品じゃないですが)…バッハは素晴らしいですね!!一言では言い表せなぃですが、言うならば「神」。初めて聴いた時は衝撃を受けました。

明日香 さん | 大阪府 | 不明

2
★
★
★
★
★
ゴルトベルク変奏曲が好きな人はぜひ聴いて...

投稿日:2005/09/06 (火)

ゴルトベルク変奏曲が好きな人はぜひ聴いてください。大バッハの微笑が見えてきそうな演奏です。

Jun さん | 奈良 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品