CD 輸入盤

ゴルトベルク変奏曲 コロリオフ(ピアノ)(2CD)

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
PCL0010
組み枚数
:
3
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

コロリオフ/ゴルトベルク変奏曲(2CD)

【収録情報】
・J.S.バッハ:ゴルトベルク変奏曲 BWV.988

 エフゲニー・コロリオフ(ピアノ)

 録音時期:1999年
 録音方式:デジタル
 Licensed: Haenssler classic

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Aria
  • 02. Variation 1
  • 03. Variation 2
  • 04. Variation 3
  • 05. Variation 4
  • 06. Variation 5
  • 07. Variation 6
  • 08. Variation 7
  • 09. Variation 8
  • 10. Variation 9
  • 11. Variation 10
  • 12. Variation 11
  • 13. Variation 12
  • 14. Variation 13
  • 15. Variation 14
  • 16. Variation 15

ディスク   2

  • 01. Variation 16 Overture
  • 02. Variation 17
  • 03. Variation 18
  • 04. Variation 19
  • 05. Variation 20
  • 06. Variation 21
  • 07. Varation 22
  • 08. Variation 23
  • 09. Variation 24
  • 10. Variation 25
  • 11. Variation 26
  • 12. Variation 27
  • 13. Variation 28
  • 14. Variation 29
  • 15. Variation 30
  • 16. Aria da Capo e Fine

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
プロも愛好家も是非聴くべきCDだ。実に8...

投稿日:2012/05/31 (木)

プロも愛好家も是非聴くべきCDだ。実に80分越であるが長さを感じなく聴ける。グールドを強く意識した演奏だが、明確なバスの動きやアルぺジョのながれ、独自 の解釈が新鮮だ。ピアノ演奏の可能性を追求したものとして一つの到達点ではないか。粘り気味なテンポや忠実な繰り返しも好ましい。加えるに録音が非常によい(音に不満な方は装置を見直すべき)。

ひこぼし さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
☆
☆
Gouldより出発し、Gouldの切り開いた現代ピ...

投稿日:2011/03/24 (木)

Gouldより出発し、Gouldの切り開いた現代ピアノによるGoldberg演奏の方向を、ある面で極限まで洗練していった演奏ではないでしょうか。その演奏は、同じくGouldを出発点としたSchiff, Serkin, Feltzman, Schepkin, Stadtfeld, 熊本マリ...といった多くのピアニストの、いずれよりも高次元で完成されていると感じられます。ある意味Gouldそのものより完成度は高いかも知れず、Gouldの演奏に色々な不満を感じる方をも満足させられるかも知れません。ただ、この完成度の高い演奏が、Gouldが成し遂げたもの以上(以外?)のものを、Goldberg変奏曲の再現に賦与しているかどうか、自分には判りませんでした。あくまでピアノでGoldbergを聴きたい方に、これ以上の完成度を持つGoldbergはないことは保証できそうですが....。

mimi さん | 兵庫県 | 不明

1
★
★
★
★
★
私はこのCDに出会って、この曲のより良いCD...

投稿日:2009/07/29 (水)

私はこのCDに出会って、この曲のより良いCDを求める必要はなくなった。 私の人生のなかで、これ以上のゴールドベルグは必要ない。 そのくらい、私にとってこのCDはすばらしい。

はな さん | 神奈川県 | 不明

4

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品