CD 輸入盤

ゴルトベルク変奏曲(弦楽三重奏版) レオポルド弦楽三重奏団

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CDA67826
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


弦楽三重奏版の『ゴルトベルク変奏曲』
レオポルド弦楽三重奏団の新名盤誕生


ハイペリオンの室内楽できら星の如く輝く俊英たち、レオポルド弦楽三重奏団がシトコヴェツキーのアレンジよる弦楽三重奏版『ゴルトベルク変奏曲』をレコーディング。
 ライベルガー編曲の2台ピアノ版、エシュパイ編曲の木管四重奏版、ギロー編曲のオルガン版、エトヴェシュ編曲のギター版など、様々なヴァージョンにアレンジされてきたJ.S.バッハの『ゴルトベルク変奏曲』。イザベル・ファン・クーレン、ローレンス・パワー、ケイト・グールドという世界的名手たちのアンサンブル、レオポルド弦楽三重奏団の新録音が、数ある編曲版の中でも最も親しまれ、近年ブームになりつつあるシトコヴェツキー版『ゴルトベルク変奏曲』の代表盤に名乗りを上げます。(東京エムプラス)

【収録情報】
・J.S.バッハ/シトコヴェツキー編:ゴルトベルク変奏曲 BWV.988(弦楽三重奏版)

 レオポルド弦楽三重奏団
  イザベル・ファン・クーレン(ヴァイオリン)
  ローレンス・パワー(ヴィオラ)、ケイト・グールド(チェロ)

 録音時期:2010年1月5日、10月11-12日
 録音場所:イギリス、モンマス、ワイアストン・エステイト・コンサート・ホール
 録音方式:デジタル(セッション)

収録曲   

  • 01. Aria
  • 02. Variation 1
  • 03. Variation 2
  • 04. Variation 3
  • 05. Variation 4
  • 06. Variation 5
  • 07. Variation 6
  • 08. Variation 7
  • 09. Variation 8
  • 10. Variation 9
  • 11. Variation 10
  • 12. Variation 11
  • 13. Variation 12
  • 14. Variation 13
  • 15. Variation 14
  • 16. Variation 15
  • 17. Variation 16
  • 18. Variation 17
  • 19. Variation 18
  • 20. Variation 19
  • 21. Variation 20
  • 22. Variation 21
  • 23. Variation 22
  • 24. Variation 23
  • 25. Variation 24
  • 26. Variation 25
  • 27. Variation 26
  • 28. Variation 27
  • 29. Variation 28
  • 30. Variation 29
  • 31. Quodlibet
  • 32. Aria Da Capo

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品