SHM-CD

オルガン名曲集 アラン(2SHM−CD)

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
WPCS12213
組み枚数
:
2
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD

商品説明

ワーナークラシックBEST+BEST(SHM-CD仕様)
第1弾「デジタル名盤選」20タイトル
価値ある2枚組! 定評の名演を最高の音質で! SHM-CD仕様!
初回生産限定盤。入門者はもちろん、「通」も納得の内容。

バッハ:オルガン名曲集
マリー=クレール・アラン
3回の「バッハ:オルガン作品全曲録音」を成し遂げたオルガンの女王=アランによる、深い精神性と穏やかな風格が漂う、安定度の高い名演です。バッハの膨大な作品群から代表作ばかりが選ばれており、壮大な「トッカータとフーガ」から安らぎに満ちた「コラール編曲」まで、オルガニスト=バッハの多彩な魅力を満喫することができます。デジタル録音による3回目の全曲録音からの選集。(ワーナー・ミュージック)

DISC1
・トッカータとフーガ ニ短調 BWV565
・トッカータ、アダージョとフーガ ハ長調 BWV564
・オルガン小曲集より『甘き喜びのうちに』
・オルガン小曲集より『イエスよ、わが喜び』
・オルガン小曲集より『汝にこそ喜びあり』
・オルガン小曲集より『われ汝に呼ばわる、主イエス・キリストよ』
・協奏曲イ短調 BWV593
・トッカータとフーガ ニ短調『ドーリア調』 BWV538
・トッカータとフーガ ハ長調 BWV566
・18のコラールより『いざ来ませ、異邦人の救い主』
DISC2
・プレリュードとフーガ ニ長調 BWV532
・コラール『主よ、人の望みの喜びよ』
・トリオ・ソナタ 第3番 ニ短調 BWV527
・プレリュードとフーガ ハ長調 BWV547
・シューブラー・コラール集(6つのコラール)
 目覚めよ、とわれらに呼ばわる物見らの声 BWV645
 われはいずこにか逃れゆくべき BWV646
 尊き御神の統べしらすままにまつろい BWV647
 わが心は主をあがめ BWV648
 ああ、われらとともに留まりたまえ BWV649
 イエスよ、汝いまぞ御空より下りたまい BWV650
・コラール集
 いまぞ喜べ、汝らキリストの徒よ BWV734
 いと尊きイエスよ、われらはここに集いて BWV730
 いと尊きイエスよ、われらはここに集いて BWV731
 甘き喜びのうちに BWV729
 心よりわれこがれ望む BWV727
 マリー=クレール・アラン(オルガン)

 録音:1985-93年(デジタル)

内容詳細

3度もバッハのオルガン全集を完成させたマリー=クレール・アランによる、3度目の全集からの選集。穏やかで包み込むような包容力を持って、バッハの広大なオルガンの世界を表現し尽くしている。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ディスク   2

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
CDを聴いてオルガンの真価をどれだけわかる...

投稿日:2013/03/19 (火)

CDを聴いてオルガンの真価をどれだけわかるのだろうか。どうもオルガン音楽を批評するのは難しい。ただ何となくわかるのはオルガン奏者なるものはとんでもない創造性と技術力と総合力をもっていそうだということだ。私はアランが弾くバッハに人間業のある種の極点を感じる。明確なリズム感と音色の鮮やかさは皆が指摘することだが、歴史的銘記を使用した第3回目のバッハオルガン作品全集においても、その不自由な操作をもろともせず彼女の特性は遺憾なく発揮されている。そしてアランの演奏を聴くとバッハの身体感覚の素晴らしさがストレートに伝わってくるのだ。それが私をうれしくさせてる。

ヴァニタス さん | Chiba | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品