DVD

イタリアン・バッハ・イン・ヴィエンナ クラシック

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TDBA8006
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
DVD

商品説明

タイトル名イタリアン・バッハ・イン・ヴィエンナ
イタリア古楽器アンサンブルの雄、イル・ジャルディーノ・アルモニコがラベック姉妹を得てバッハがイタリア音楽の強い影響のもとに作曲した「2台・3台のクラヴィーアのための協奏曲」をプログラムの中心に据え溌剌とした演奏を繰り広げる。ウィーン楽友協会大ホールの豊かなホール・アコースティックと視覚的にも愉しい演奏をDVDで可能となった高品位な映像と音声で完全ライブ収録。興味深いドキュメンタリー「バッハの自筆譜の保存」を併録(日本語字幕付)。
プログラムヨハン・セバスチャン・バッハ
2台のクラヴィーアのための協奏曲 ハ長調 BWV1061*

カール・フィリップ・エマニュエル・バッハ
シンフォニア ト長調 Wq 182‐1

アントニオ・ヴィヴァルディ
ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 RV242***

ヨハン・セバスチャン・バッハ
3台のクラヴィーアのための協奏曲 ニ短調  BWV1063*,**

付録:ドキュメンタリー “バッハ自筆譜の保存”
`(日本語字幕)

演奏イル・ジャルディーノ・アルモニコ
ジョヴァンニ・アントニーニ(指揮)
カティア・ラベック(フォルテピアノ)*
マリエル・ラベック(フォルテピアノ)*
オッターヴィオ・ダントーネ(チェンバロ)**
エンリーコ・オノーフリ(ヴァイオリン)***

収録年月日2000年4月24日 
収録会場ウィーン楽友協会大ホール(ライブ収録)
収録時間73分
ビデオアスペクト4:3 (プログラム)
16:9LB (ドキュメンタリー)

内容詳細

フォルテピアノにラベック姉妹を迎えて、ウィーン楽友協会大ホールでライヴ収録されたバッハとヴィヴァルディ。ドキュメンタリー「バッハ自筆譜の保存」付き。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. 2台・3台のためのクラヴィーア協奏曲(イタリアン・バッハ・イン・ヴィエンナ)
  • 02. ドキュメンタリー「バッハの自筆譜の保存」

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品