CD 輸入盤

【中古:盤質AB】 オルガン作品集 プレストン(14CD)

バッハ(1685-1750)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
AB
特記事項
:
ブックレット付き
コメント
:
14枚組み / BOXキズ
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
4778628
レーベル
Europe
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

バッハ:オルガン作品全集
名手プレストンの定評ある演奏がお買得に!


CD14枚から成る当セットには、バッハのオルガン曲の主要なものがほぼ網羅されており、演奏・音質ともに高水準なものとして、バッハのオルガン曲全集のスタンダードともいうべき存在となっています。

【バッハのオルガン曲】
バッハの創作の中でも非常に重要な位置を占めるのがオルガン曲のジャンル。バッハ自身がオルガンの名手であり、さらにオルガンを弾き、曲を書くことが仕事でもあったことから、教会用に書かれたコラールに基づくコラール前奏曲や、自由な素材に基づく前奏曲とフーガ、幻想曲、トッカータとフーガといったスタイルの作品が数多く作曲されました。
 教会での礼拝の際、唱和されるコラールの前に演奏される目的で書かれた「コラール前奏曲」は、元素材が敬虔なコラールであることから美しいものが多く、バッハの内なる声の反映された名曲が多いのが特徴。
 一方、前奏曲とフーガや、幻想曲、トッカータとフーガといった自由な素材に基づく作品は、オルガニストとして有名だったバッハがその腕前を披露する目的も含めて書かれたケースが多く、ペダルの低音も駆使した荘厳なサウンドから輝かしい高音まで、幅広い表現が追求されている名曲が多いのが特徴です。

【厳格な完全主義者プレストン】
演奏のサイモン・プレストンは、1938年、ボーンマスに生まれたイギリスのオルガニスト。彼の音楽的キャリアは、ケンブリッジ・キングス・カレッジの聖歌隊員から始まります。やがて聖歌隊で一緒だったオルガニストの演奏に興味を持つようになり、その後、王立音楽アカデミーで本格的にオルガンを学ぶこととなります。
 オルガンの修士となったプレストンは、ウェストミンスター大聖堂を皮切りに、セント・オーバン修道院、オックスフォード・キリスト教会などでオルガニストを務めます。  厳格な完全主義者としても知られるプレストンは、近現代作品や各地のオルガンに精通した豊富なレジストレーションに関する知識と技術も持ち合わせており、メシアンやヒンデミット、リスト、ロイプケ、そしてヴィドールといった多彩な様式で書かれた作品でも見事な演奏を聴かせてきました。
 そのゆるぎないテクニックと音色へのセンスは、国際的にも高い評価を獲得することとなります。ドイツ・グラモフォンが、ヴァルヒャ以来となる新たなオルガン作品全集の演奏者に彼を選んだのも、その弾き崩しのない厳格なスタイルを評価してのことだったのでしょう。
 当セットで聴ける演奏は、どれも磨きぬかれたテクニックと色彩豊かなサウンドが素晴らしいものばかりで、妙な崩しや技術的不安の皆無な演奏は、何度聴いても飽きることがありません。実に完成度の高いセットです。
 
【収録情報】
J.S.バッハ:オルガン作品集
CD1
・トリオ・ソナタ第1〜6番BWV.525〜30
CD2
・前奏曲とフーガBWV.531、533〜36、539、541
・幻想曲とフーガBWV.537
・トッカータとフーガBWV.538『ドリア調』
CD3
・トッカータとフーガBWV.540
・幻想曲とフーガBWV.542
・前奏曲とフーガBWV.543〜46
・ペダル練習曲BWV.598
CD4
・前奏曲とフーガBWV.547〜51
・幻想曲BWV.562
・幻想曲BWV.563
・トッカータ、アダージョとフーガBWV.564
CD5
・トッカータとフーガBWV.565
・トッカータとフーガBWV.566
・前奏曲とフーガBWV.532
・パストラーレBWV.590
・前奏曲BWV.568
・前奏曲BWV.569
・幻想曲BWV.570
・幻想曲BWV.572
CD6
・フーガBWV.574
・フーガBWV.575
・フーガBWV.577
・フーガBWV.579
・パッサカリアとフーガBWV.582
・トリオBWV.583
・トリオBWV.586
・アリアBWV.587
・カンツォーナBWV.588
・アラ・ブレーヴェBWV.589
CD7
・オルガン協奏曲集BWV.592〜96
CD8
・オルガン小曲集BWV.599〜644
CD9
・シュープラー・コラール集
・ライプツィヒ・コラール集
CD10
・ライプツィヒ・コラール集
・クラヴィーア練習曲集第3部
CD11
・クラヴィーア練習曲集第3部
・デュエット集BWV.802〜5
・フーガBWV.552
CD12
・キルンベルガー・コラールBWV.690〜713
・オルガン・コラール編曲集〜BWV.714〜18
CD13
・オルガン・コラール編曲集〜BWV.721〜24、726〜39、741、753、764
・おお、穢れなき神の子羊BWV.618
CD14
・コラール・パルティータ集BWV.766〜68、770
・カノン変奏曲BWV.769

 サイモン・プレストン(オルガン)

 録音時期:1988〜2000年
 録音方式:デジタル(セッション)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Trio Sonatas Nos.1 - 6, BWV 525 - 530

ディスク   2

  • 01. Preludes & Fugues, BWV 531, 533 - 536, 539 & 541; Fantasia & Fugue, BWV 537; Toccata & Fugue, BWV 538 "Dorian"

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品