CD 輸入盤

【中古:盤質A】 Organ Mass: 鈴木雅明m.suzuki(Org)/ Bach Collegium Japan

バッハ(1685-1750)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
A
特記事項
:
2枚組み,ケースすれ
コメント
:
DISC1盤面小キズ
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
BIS1091
レーベル
Bis
Sweden
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

J.S.バッハ:クラヴィア練習曲第3部(ドイツ・オルガンミサ)<br>鈴木雅明(オルガン) バッハ・コレギウム・ジャパン(合唱)<br><br>バッハの「ドイツ・オルガンミサ」はオルガン独奏曲ながらルター派のミサの順に組立てられ、教理問答歌のコラールを定旋律としています。このアルバムは、独奏の後に同じ旋律のオリジナル・コラールをBCJ合唱団が歌うという斬新な発想によります。鈴木雅明は黒光りする至芸を見せています。

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
他にドイツオルガンミサの曲集は数あれど、...

投稿日:2008/02/03 (日)

他にドイツオルガンミサの曲集は数あれど、この録音ほどの、躍動感、センスのよいオルガンストップ選択に出会ったことはない。大変お勧めしたい。 ユーザー評価点数が低いのは、楽器が「歴史的オルガン」ではないからだろうか?(芸大新奏楽堂のMarc Garnierオルガンhttp://www.geidai.ac.jp/facilities/sogakudou/spec.html) しかし現代オルガンにありがちなビブラート氾濫は一切なく清清しい響きで、演奏は言うまでもなくバロック様式である。ともあれ、カンタータシリーズに通じる、たいへんセンスのよい演奏で一聴の価値があると思う。

寅彦 さん | 東京 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品