CD 輸入盤

【中古:盤質A】 ゴルトベルク変奏曲 アンゲリッシュ

バッハ(1685-1750)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
A
特記事項
:
なし
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
0706642
レーベル
Europe
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

バッハ:ゴルトベルク変奏曲
ニコラ・アンゲリッシュ


近年世界的な活躍をみせるアンゲリッッシュの新作はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』。
「バッハは私自身大いに情熱を注ぐ存在となっています。・・・バッハは基盤となるものです。そして私にとっては必要な存在なのです。私には私のために彼の音楽を演奏することが必要なのです。芸術の熟成のために中心となる何かが備わっているのです。」と語るアンゲリッッシュは、すでにブラームスへの集中的な取り組みによって高い評価を受けています。
 ニコラ・アンゲリッシュは1970年アメリカの生まれ。チッコリーニやロリオ、ベロフらに師事し、カサドシュ国際コンクール第2位、ジーナ・バッカウアー国際コンクール第1位という経歴の持ち主。パリ国立高等音楽院ではピアノ、室内楽、伴奏の各クラスでプルミエ・プリを受賞し、ドイツ物も得意とするアンゲリッシュ。アルゲリッチからも高く評価される彼の芸風は、単なるヴィルトゥオーゾ志向のタイプではなく、作品そのものへの共感はもちろん、共演者の音楽にも深く共鳴しあうものを求めるタイプで、それゆえ室内楽や協奏曲での演奏にも強い説得力が備わっているものと思われます。
 40歳を迎え、今度は自身の音楽の深化のためにバッハが不可欠と考えるようになったアンゲリッシュがゴルトベルク変奏曲に挑戦します。(HMV)

【収録情報】
J.S.バッハ:ゴルトベルク変奏曲 BWV988

 ニコラ・アンゲリッシュ(ピアノ)

 録音時期:2011年2月23-26日
 録音場所:ダブリン、カーティス・オーディトリアム
 録音方式:デジタル(セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品