CD 輸入盤

【中古:盤質A】 カール・リヒター・エディション〜バッハ作品集〜管弦楽組曲全曲、音楽の捧げ物、『ブランデンブルク』全曲(第1回録音)、オルガン曲集(デッカ録音)、

バッハ(1685-1750)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
A
特記事項
:
なし
コメント
:
6枚組
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
PH13053
レーベル
Europe
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

大好評の新マスタリング・シリーズ
「カール・リヒター・エディション」
名手ニコレを迎えた管弦楽組曲、音楽の捧げ物
第1回目のブランデンブルク協奏曲、オルガン曲


J.S.バッハの権威カール・リヒターがドイツ・グラモフォンに遺した代表的録音『マタイ受難曲』(PH12008)『ミサ曲ロ短調』(PH13034)に、「Profil」のライヴ復刻でおなじみの名人ホルガー・ジードラーが入念なリマスタリングを施して大好評のシリーズに、器楽曲篇があらたに加わります。
 「カール・リヒター・エディション」と題するCD6枚組では、名手ニコレを迎えた『管弦楽組曲全曲』に『音楽の捧げ物』といった、前回までの宗教作品同様に同曲のベストにも挙げられる、もはや説明不要のスタンダードがしっかりと押さえてあるのは当然として、リヒター第1回目の『ブランデンブルク協奏曲全曲』録音や、ミュラーら複数の奏者との共演も魅力の『チェンバロ協奏曲集』、さらにはジュネーヴとオットーボイレンにおける『オルガン・リサイタル』という具合に、テルデック(テレフンケン)とデッカの音源から広く選ばれており、この時期特有ともいえる強烈な表現意欲が漲る演奏スタイルや、それぞれのレーベルのサウンド・カラーのちがいも興味深いところです。
 「リマスタリングが大成功!」「過去最高の仕上がり!」と、絶大なる支持をいただいている前2作とともに、当セットもまた、リヒターの高潔で折り目正しい音楽を愛してやまない方々にとって、かけがいのない宝物となりましょう。
 ブックレットは各曲のトラックリストおよび演奏家のみの記載となります。(キングインターナショナル)

【収録情報】
『カール・リヒター・エディション/J.S.バッハ:器楽曲篇』

Disc1 [56:34]
・ブランデンブルク協奏曲第1番ヘ長調 BWV.1046
・ブランデンブルク協奏曲第2番ヘ長調 BWV.1047
・ブランデンブルク協奏曲第5番ニ長調 BWV.1050

 カール・リヒター室内管弦楽団
 カール・リヒター(指揮)
 録音:1956年、1957年(セッション・ステレオ/テルデック原盤)

Disc2 [64:26]
・ブランデンブルク協奏曲第3番ト長調 BWV.1048
・ブランデンブルク協奏曲第4番ト長調 BWV.1049
・ブランデンブルク協奏曲第6番変ロ長調 BWV.1051

 カール・リヒター室内管弦楽団
 カール・リヒター(指揮)
 録音:1956年、1957年(セッション・ステレオ/テルデック原盤)

・トッカータとフーガ ニ短調 BWV.538

 カール・リヒター(オルガン:オットーボイレン、バシリカ教会、Marienorgel)
 収録:1954年(セッション・モノラル/テルデック原盤)

Disc3 [70:23]
・管弦楽組曲第1番ハ長調 BWV.1066
・管弦楽組曲第2番ロ短調 BWV.1067
・管弦楽組曲第4番ニ長調 BWV.1069

 オーレル・ニコレ(フルート)
 ミュンヘン・バッハ管弦楽団
 カール・リヒター(指揮)
 録音:1960年6月、1961年6月、ミュンヘン(セッション・ステレオ/DG原盤)

Disc4 [70:55]
・管弦楽組曲第3番ニ長調 BWV.1068

 ミュンヘン・バッハ管弦楽団
 カール・リヒター(指揮)
 録音:1960年6月、1961年6月、ミュンヘン(セッション・ステレオ/DG原盤)

・音楽の捧げ物 BWV.1069

 オーレル・ニコレ(フルート)
 オットー・ビュヒナー、クルト・グントナー(ヴァイオリン)
 ジークフリート・マイネッケ(ヴィオラ)
 フリッツ・キスカルト(チェロ)
 ヘトヴィヒ・ビルグラム(チェンバロ)
 カール・リヒター(指揮とチェンバロ)
 録音:1963年1月、ミュンヘン(セッション・ステレオ/DG原盤)

Disc5 [72:57]
・チェンバロ協奏曲第1番ニ短調 BWV.1052
・2台のチェンバロのための協奏曲第2番ハ長調 BWV.1061
・3台のチェンバロのための協奏曲第2番ハ長調 BWV.1064
・4台のチェンバロのための協奏曲イ短調 BWV.1065

 エドゥアルト・ミュラー(チェンバロ)
 ゲルハルト・エッシュバッハー(チェンバロ)
 ハインリヒ・グルトナー(チェンバロ)
 アンスバッハ・バッハ週間のソリストたち
 カール・リヒター(チェンバロと指揮)
 録音:1955年、アンスバッハ(セッション・モノラル/テルデック原盤)

Disc6 [70:10]
「オルガン・リサイタル」
・トッカータとフーガ ニ短調 BWV.565
・コラール前奏曲『主イエス・キリストよ、われ汝に呼ばわる』 BWV.639
・パッサカリアとフーガ ハ短調 BWV.582
・コラール前奏曲『目覚めよ、と呼ぶ声が聞こえ』 BWV.645
・幻想曲とフーガ ト短調 BWV.542
・コラール前奏曲『イエスよ、いまぞ汝御空より降り来たりて』 BWV.650
・コラール前奏曲『高き御空よりわれは来れり』 BWV.606
・前奏曲とフーガ ホ短調 BWV.548

 カール・リヒター(オルガン/ジュネーヴ、ヴィクトリア・ホール)
 録音:1954年10月、11月、ジュネーヴ(セッション・ステレオ/Decca原盤)

 リマスタリング&サウンド・デザイン:2013年、ホルガー・ジードラー (THS-Studio)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. (Allegro)
  • 02. Adagio
  • 03. Allegro
  • 04. Menuetto - Trio - Menuetto - Polonaise - Menuetto - Trio II - Menuetto
  • 05. (Allegro)
  • 06. Andante
  • 07. Allegro Assai
  • 08. Allegro
  • 09. Affettuoso
  • 10. Allegro

ディスク   2

  • 01. (Allegro) - Cadenza
  • 02. Allegro
  • 03. Allegro
  • 04. Andante
  • 05. Presto
  • 06. (Allegro)
  • 07. Adagio Ma Non Tanto
  • 08. Allegro
  • 09. Toccata and Fugue in D minor, BWV538, 'Dorian'

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品