DVD 輸入盤

『クリスマス・オラトリオ』 ヘレヴェッヘ&コレギウム・ヴォカーレ(2012)(日本語字幕付)

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
2059508
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
画面サイズ
:
ワイドスクリーン
:
カラー
フォーマット
:
DVD
その他
:
輸入盤

商品説明


ヘレヴェッヘのクリスマス・オラトリオ
独特の透明感が生き生きとしたバッハ像を描き出す!
日本語字幕付き


古楽界の名匠フィリップ・ヘレヴェッヘ率いるコレギウム・ヴォカーレによる、2012年12月ブリュッセルのパレ・デ・ボザールで行われた『クリスマス・オラトリオ』の映像がリリースされます。ヘレヴェッヘの『クリスマス・オラトリオ』は、23年振りの2度目録音となり、古楽界を牽引しピリオド奏法によるバッハ演奏の開拓者の一人である大家ヘレヴェッヘの長年の成果が証明されるような、渾身の演奏となっています。
 ヘレヴェッヘが生み出す美しい純正なハーモニー、徹底した解釈は、バッハが生み出した偉大な芸術を見事に表現しています。透明感ある合唱と古楽器特有の純度の高いハーモニーが、クリスマスの平和的な音楽をより一層引き立てています。またソリストも素晴らしい歌唱を聴かせ、艶やかな歌声が魅力のソプラノ、ドロシー・ミールズ。現在オファーが殺到している注目のカウンターテナー、ダミアン・ギヨン。ヘレヴェッヘが度々起用するお気に入りのテノール、トマス・ホッブズ。大ベテランのバロック・バスのペーター・コーイ、と圧巻の歌声を聴かせています。(キングインターナショナル)

【収録情報】
・J.S.バッハ:クリスマス・オラトリオ BWV.248

 ドロシー・ミールズ(ソプラノ)
 ダミアン・ギヨン(カウンターテノール)
 トマス・ホッブズ(テノール)
 ペーター・コーイ(バス)
 コレギウム・ヴォカーレ・ヘント(古楽合奏&合唱)
 フィリップ・ヘレヴェッヘ(指揮)

 収録時期:2012年12月20日
 収録場所:ブリュッセル、パレ・デ・ボザール(ライヴ)

 収録時間:153分
 画面:カラー、16:9
 音声:PCMステレオ、DD5.1、DTS5.1
 字幕:英独仏日
 NTSC
 Region All

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
6年前 ブリュッセル Christmas・シーズ...

投稿日:2018/04/06 (金)

6年前 ブリュッセル Christmas・シーズンのライヴ演奏 美しい演奏を演奏風景を見ながら聴ける歓びは大きい わたしも昨年末から味わおうと用意したものを清明の今頃聴いている プロテスタントはこれを年末から正月にかけ6日に分けて演奏し神に捧げるものを 一夜で一気に通奏してしまう クリスマスに実演に接した機会でも全曲を一気に聴いた記憶がない 四部以降は新年用であることからと三部で演奏会は閉じられる事がほとんどだ さてBlu-ray DIskは全66曲を切れ目なしに収録している 実際のコンサート会場では各部の間に奏者の入れ替わりもあり休憩も入っただろうが 音楽の面白さに惹かれて二時間半一気に聴いてしまった コレギウム・ヴォカーレの演奏と合唱が優れているのは言うまでもない カウンターテナーのギヨンの歌には引き込まれた 何よりバッハの音楽が飽きさせない 様々な楽器のアンサンブルが聴けるのも愉しい 二部のオーボエ・ダ・カッチャや四部の狩猟ホルンを見て聴けるのも嬉しい キリスト者でないわたしは音楽の美しさの向こうに信ずるにたる人たちがいることを実感するばかりだ この美しい演奏を朋にも知らせよう あなたにも    

風信子 さん | 茨城県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
ヘレヴェッヘのこの曲はCDでもよく聞いてお...

投稿日:2013/11/08 (金)

ヘレヴェッヘのこの曲はCDでもよく聞いており、期待して聞きました。演奏は期待を裏切らないものでしたし、映像、画質、音質もよい状態です。ただ客席の咳の音が度々聞こえ気になります。演奏会ではしょうがないことでしょうが、録画ですのでなんとかカットできなかったかと思わずにはいられません。

tamariver さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
★
★
日本語字幕付きであり、購買意欲をかきたて...

投稿日:2013/10/09 (水)

日本語字幕付きであり、購買意欲をかきたてられます。

カズニン さん | 東京都 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品