バックス(1883-1953)

バックス(1883-1953) レビュー一覧

バックス(1883-1953) | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

27件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • ハープ・弦楽四重奏、ハープ・ヴィオラ・フルート、ハ...

    投稿日:2021/07/11

    ハープ・弦楽四重奏、ハープ・ヴィオラ・フルート、ハープ・ヴィオラ、フルート・ハープというコンサートではまず目に、いや耳にできない組合わせの曲が収録されている。これぞNAXOSという好企画だ。いずれも美しく、早朝のそよ風のような曲ばかりだが、やはりハープ、ヴィオラ、フルートのエレジーが聴きもの。ドビュッシーの影響(バックス自身は否定しているそうだ)が取り沙汰されているが、そのような詮索はどうでもいい。ただただこの美しい三重奏曲に耳傾けるばかりだ。余談だが、一度だけコンサート(2013年1月31日 宗次ホール)でこの曲を聴いたことがある。妹尾寛子(フルート)、棚橋恭子(ヴィオラ)、田中敦子(ハープ)という若手の三人だったが、この曲の美質をよく表現していた。ドビュッシーのくだんのソナタも演奏され、なかなか聴きごたえのあるコンサートだった。

    禅済 さん

    0
  • アーノルド・バックスは20世紀初頭の英国国民主義音楽...

    投稿日:2021/07/08

    アーノルド・バックスは20世紀初頭の英国国民主義音楽の潮流にあってアイルランド民謡を研究、それにもとづく作品を多数残した。ドイツ・オーストリア圏のロマン派音楽の地盤の上に、同時代の潮流であった印象派などの現代的要素をくわえることで、北欧風に近い独自の作風を確立した。同時代の英国作曲家と比較すると、バックスの作風はこれらの交響曲群にみられるようにやや複雑で晦渋な雰囲気を持っていたが、「ファンドの庭」「ティンタジェル」などの極めて美麗な交響詩を書くことで、世界的な名声も得た。ヴァーノン・ハンドリーはイギリス音楽のスペシャリスト。この全集は2004年グラモフォン賞のオーケストラ部門でぶっちぎりの1位を獲得したもの。交響曲第1番 はマーラーにケルト的抒情を加味したような作品。打楽器の効果的な使い方が目を引く。ドラマティックでスケールの大きな交響曲。 交響曲第2番はバックス自身が「抑制された破局的なムードを持つ」と語った憂いを帯びた作品。 交響曲第3番は彼の恋愛体験が反映されたと思われる。穏やかで神秘的。作品的には一番人気がある。 交響曲第4番はスクリャービンや民族風の要素をもち、バックスらしい重厚なロマンに彩られた作品。 交響曲第5番はシベリウスの影響が強い、渋くてクールな作品。ただ第2楽章はスケールの大きさを感じさせてくれる。交響曲第6番はバックスの最高傑作とされる。勇壮で、重厚。華麗で緻密なオーケストレーションが彼の充実した楽想を思う存分響かせる。交響曲第7番は彼が最後に残した交響曲。やや難解。複雑な構成と、高度な技術で作られている。アメリカ国民に献呈された。ハンドリーは、繊細で、ときに霧が立ち込めるような雰囲気を演出しながら、時に勇壮な響きを交えて、相応のスケール感によりこれらの作品を描いている。交響詩「ティンタジェル」が併録されているところも、アイテムとしての価値を高めている。

    ココパナ さん

    0
  • バックスの音楽には、独特の色彩感、変転する楽想、パ...

    投稿日:2021/02/25

    バックスの音楽には、独特の色彩感、変転する楽想、パロディの面白さ等々、曰く言い難い魅力がある。協奏曲三曲を収めた本番も、随分贅沢な一枚だ。トムソンのバックスは、V・ウィリアムズ、エルガー、マルティヌーなどと並ぶ出色の演奏で、「サセックスの朝」でのフィンガーハットのピアノも、冬の伝説や交響的変奏曲と同様実に素晴らしい。

    やすさん さん

    0
  • アーノルド・バックスの管弦楽曲を収録した内容で、『...

    投稿日:2020/02/01

    アーノルド・バックスの管弦楽曲を収録した内容で、『序曲・エレジーとロンド』『シンフォニエッタ』を収録しています。 いずれも秘曲と言って良いぐらい知られてない作品ですが、メロディは中々良い物があり、イギリス音楽ファンは聴いておいて損はないでしょう。 演奏はバリー・ワーズワース指揮、スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団。 指揮者のワーズワース、ナクソスだとカペラ・イストロポリターナとの録音が多いですが、ここではスロヴァキア・フィルと共演しています。 一流とは言えないけど、曲の魅力をよく伝えてくれる演奏で、ファーストチョイスにも良いです。 初期ナクソスの録音品質なので、細やかな点ではイマイチですが、充分な水準でしょう。

    レインボー さん

    0
  • すべて揃えたわけではないですが、第6番は、このシリ...

    投稿日:2011/04/10

    すべて揃えたわけではないですが、第6番は、このシリーズの中では最高の出来かも。第2番と同様に不気味な美しさが特徴で、バックスの最高傑作との呼び声もある難曲ですが、デル・マー&ニュー・フィルハーモニア(リリタ)盤の神がかり的な演奏には及ばないにせよ、ハンドリー&BBCフィル(CHANDOS)をしのぐ完成度で、手の込んだ管弦楽法を十分堪能できる好演です。なお、両端楽章にはシベリウスの交響詩「タピオラ」が引用されています。「黄昏に」は、エンジニアが代わったのかと思うほど録音が硬く、高音が突出気味で、管楽器が少し遠すぎる一方、ヴァイオリンが近すぎるように聞こえ、チェロ独奏には冷や冷やさせられますが、曲自体は、バックスらしい雄大な自然美が楽しめる内容。ブラビンス&BBCフィル(CHANDOS)が取り上げた交響詩「キャサリーン・ニ・フーリハン」の終盤に現れる主題が引用されており、郷愁を誘います。「夏の音楽」は、「黄昏に」より軽い雰囲気の曲で、演奏も落ち着いており、気楽に聴けるのがいいですね。

    のろま さん

    1
  • 第3番も傑作ですが,私の好みは第5番。1楽章から3...

    投稿日:2008/10/12

    第3番も傑作ですが,私の好みは第5番。1楽章から3楽章の最終盤まで30分ほどを重苦しい雰囲気で通した後,最後から10秒くらいで前で鳴る長調の和音の気持ちの良いこと。本当にすべてを解決しています。

    yama3 さん

    0
  • ロイド=ジョーンズの全集は出来、不出来が有り、全体...

    投稿日:2007/07/26

    ロイド=ジョーンズの全集は出来、不出来が有り、全体に熱っぽい表現だが、その分荒さもある。 しかし第4番と第6番は文句無く素晴らしい。 なかでもこの演奏は雑なところが無く、最初からぐんぐん引き込まれ圧倒される。 トムソンを上回る最高の出来栄えだ。

    hitesan さん

    1
  • 新しいハンドリーの全集も良いが、やはりトムソンのお...

    投稿日:2006/09/05

    新しいハンドリーの全集も良いが、やはりトムソンのおおらかで自然の香りタップリの演奏がバックスには、よりしっくりくるようだ。第4番のオケが少し弱いのが残念だが、第3番はトムソンの最高傑作! このエピローグは20世紀最高の日没の音楽だ。

    hitesan さん

    0
  • BAXはLPでリリータレーベルで全曲は10数年前から...

    投稿日:2005/02/11

    BAXはLPでリリータレーベルで全曲は10数年前から聴いてますがこのCD2番はもっとも好きな演奏です。トムソン ロンドンフィルもいいけど、ロイド・スコッットランド管の響き素晴らしい。好きなオケの1つです。

    さかい さん

    0
  • 私がバックスの虜になったのはこのCDのせい。第1楽...

    投稿日:2004/03/01

    私がバックスの虜になったのはこのCDのせい。第1楽章を聴き通したときの稲妻のような衝撃はいまだに忘れられない。

    アントン・ミントン さん

    1

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%