ハーマン・メルヴィル

人物・団体ページへ

メルヴィル中短篇集

ハーマン・メルヴィル

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784896500981
ISBN 10 : 4896500989
フォーマット
出版社
発行年月
1995年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
原光 ,  
追加情報
:
493p;19

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • v&b さん

    「ベニト・セレノ」のみ。画期的に訳が読みづらかったので(倒置文などの多用)、雑にサッと読む。しかし、中々の小説のような気がする。メルヴィルはほんとに海洋小説の人なのだな。

  • seer78 さん

    「ビリ・バッド」のみ読了。ヴィア艦長、クラッガート、ビリ・バッドの3人のキャラが直接・間接の描写で示され、ついで一瞬のアクションが訪れる。軍法会議と船上での死刑場面には、西洋文明の根っこの部分について考えさせられる。アレントによれば、「もしイエスが本当に復活したら。。。」という仮設=フィクションだといい、ドストエフスキー「大審問官」と並び立つものだともいう。ともかく、まっすぐ物語の本筋に向かわず、逸脱に次ぐ逸脱で、輪郭を意図的にボカす手法を追求した傑作。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品