ハーウィン・オラム

人物・団体ページへ

アナグマさんはごきげんななめ 児童図書館・絵本の部屋

ハーウィン・オラム

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784566003996
ISBN 10 : 456600399X
フォーマット
出版社
発行年月
1998年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22×26cm,1冊

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • けん さん

    どんなにあいされているか、どんなに必要とされているか、わかると嬉しいし安心する。周囲の人に言葉にして伝えていきたい。

  • 魚京童! さん

    機嫌ってなんだろうね。なんかねー。最近ずっと平坦なんだ。ワクワクしてないし、でもそれでもなんというかなだらかなんだ。これが望んでいたワクワクの平滑化か!とか驚いているんだけど、それはそれで楽しいし、昔のことを思うと前も良かったとおもうし、だからといってどうなりたいとかないんだよね。

  • たぬこ さん

    『わすれられないおくりもの』のアナグマさんよね⁉と思って借りてきた。長男が前に、宿題で音読してくれてたなぁ。絵は同じスーザン・バーレイ、そして文は、ハーウィン・オラム……って、私が小学生の頃から大好きだった絵本『ぼくはおこった』の!?  なんだかごきげんななめな時ってあるよね。子どもたちも、大人の心の中の小さな子も。そういう時の気持ちに気づいてくれる人の存在って、大切だなぁ。アナグマにとっても、モグラにとっても・・・。 最後のページの絵も文も、すごく好き!!

  • ケ・セラ・セラ さん

    3年生担任の先生リクエストで読み聞かせ。アナグマさんシリーズではありますが、スーザン・バーレイさんは挿し絵のみ。誰でも人に頼りにされたり、愛されているという実感が必要なようです。けれどもあの温厚なアナグマさんが疲れてうんざり、不機嫌な理由が判然とせず、モヤモヤが残ります。もともとスーザン・バーレイさんは画家ということですが、やっぱり私は「わすれられないおくりもの」のアナグマさんがいい。お話も書いて欲しい…。

  • 紅花 さん

    いつも人の為に働いているアナグマさんだって元気がなくなることあるよね。アナグマ君の気持ちを察するモグラ君さすが。その上アナグマさんを元気にする手段が粋だわ。そのモグラ君の気持ちを汲むアナグマさんはもやっぱりすごいや。子供たちアナグマ君シリーズお気に入りになりました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ハーウィン・オラム

南アフリカ共和国生まれ。イギリスのロンドン在住。世界的に著名な児童文学作家。子どもの本の執筆のほか、子ども向けテレビ番組の制作にも携わっている。『ぼくはおこった』(評論社)がイギリスでマザーグース賞を、日本で絵本にっぽん賞特別賞を受賞

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品