ハンス=ゲオルク・ガダマー

人物・団体ページへ

真理と方法iii 哲学的解釈学の要綱 叢書・ウニベルシタス

ハンス=ゲオルク・ガダマー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784588001772
ISBN 10 : 4588001779
フォーマット
出版社
発行年月
2012年11月
日本
追加情報
:
20

内容詳細

西洋哲学史の伝統に根ざし、テクストの理解および世界認識の方法を独自の解釈学として深化させたガダマーの主著。歴史解釈における経験の媒体および地平をなす言語の存在に光を当てた第三部に関連論考を併録。

目次 : 第3部 言語を導きの糸とした解釈学の存在論的な転回(解釈学的経験の媒体としての言語/ “言語”の概念に対する西洋思想史の刻印/ 解釈学的存在論の地平としての言語)/ 付録 1‐6/ 付録 解釈学と歴史主義

【著者紹介】
ハンス=ゲオルク・ガダマー : 1900年マールブルク生まれの現代ドイツを代表する哲学者。1968年にハイデルベルク大学教授を退官するまで、マールブルク、ライプツィヒ、フランクフルト各大学の哲学教授を務め、占領下のライプツィヒ大学では学長の要職にあった。2002年3月死去

轡田收 : 1934年生まれ。1959年東京大学大学院修了。ドイツ文学専攻。慶応義塾大学、学習院大学教授を歴任。現在、学習院大学名誉教授

三浦国泰 : 1948年生まれ。1971年北海道大学文学部独語・独文科卒業。同大学大学院修士課程、博士課程に学ぶ。ドイツ学術交流会(DAAD)給費生としてボン大学哲学部留学。ドイツ語学文学振興会奨励賞。現在、成蹊大学文学部教授。文学博士。専門はドイツ文学・芸術理論

巻田悦郎 : 1961年生まれ。1991年筑波大学大学院哲学・思想研究科修了。92‐93年フンボルト財団奨励研究員(ハイデルベルク大学)。現在、東京理科大学准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品