ハワード・フィリップス・ラヴクラフト

人物・団体ページへ

クトゥルー 9 暗黒神話大系シリーズ

ハワード・フィリップス・ラヴクラフト

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784878920493
ISBN 10 : 4878920491
フォーマット
出版社
発行年月
1993年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,324p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ぴーちゃんばななくん さん

    ラヴクラフト作「闇に囁くもの」がやはり1番だろうか。 恐怖への主人公の気持ちが、懐疑的だったり、恐怖に怯えきったり、恐怖の秘密に興奮したり、その時時に様変わりし、重なりあい、恐怖に対する複雑な心情を映し出している。 フランク・べルナップ・ロングの「食らうものども」も良かった。 まだ1回しか読んでないのでうまくはかけないが、描き出す恐怖に引きこまれた。

  • いいほんさがそ@徐々に再起動中(笑) さん

    **注)ホラー**クトゥルーネタの小説読解の為に9巻目読了。本巻の目玉は『闇に囁くもの』でしょう。しかし個人的には『喰らうものども』の方が印象深かった。じわじわと効いてくる恐怖を切実に描けていて、逃れることのできない恐怖や絶対的な死が迫ってくる中で人が如何に無力であるかを描き切ったと思っています。ホラーからラブコメまで出ているクトゥルー小説を読解したい方にお勧めします。

  • 海星梨 さん

    いちばんの読みどころは「闇に囁くもの」かな。全集で読んでるので二回目。「食らうものども」は内容はともかく文章が稚拙な感じがした。故に、あまりいいものを収録してないじゃないかと、そんなふうに思いつつ、最後の「闇に囁くもの」で、まぁ、言っちゃ悪いけど釣り合いがとれてるのかなと。

  • demoii さん

    謎の浅浮彫りは好き。最後のHPLのはやっぱり良いなあ。最後の疾走感はすばらしい

  • sezmar さん

    発掘。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ハワード・フィリップス・ラヴクラフト

米国の怪奇小説作家。幼少期から大の読書家で、愛読していた先達の作品から多くのヒントやインスピレーションを得て、独自の神話世界を造りあげた。やがて、その世界を共有したいと願う同輩・後輩作家たちの参入によって稀有なる発展を遂げ、「クトゥルフ神話」もしくは「クトゥルー神話」と呼ばれるようになる(本データは

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品