20億の針 創元SF文庫

ハル・クレメント

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784488615024
ISBN 10 : 4488615023
フォーマット
出版社
発行年月
2002年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
井上勇 ,  
追加情報
:
334p;15

内容詳細

二隻の宇宙船が南太平洋に墜落した。一隻に乗っていたのは探偵、いま一隻に乗っていたのは犯人。ただし両者とも人間ではない。高度の知性と感覚をもったゼリー状の半液体生物である。そして彼らは宿主なしには生きられない。探偵は一人の少年の体内に寄生し、犯人は別の人間にとりついている。だが一体誰に?犯人逮捕の確率は、20億分の1。本格SFの巨匠が贈る歴史的傑作。

【著者紹介】
井上勇 : 1901年4月30日、広島県に生る。1923年東京外語大卒。英米仏文学の翻訳に活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • KANEO さん

    同族の犯罪者を追って地球にやって来たゼリー状の異星人が地球の少年に寄生し、ともに犯人確保のために奮闘するお話。『ウルトラマン』の元ネタ?と以前から噂を耳にしてはいました。やはり『ウルトラマン』の設定はここからヒントを得たものだったのでしょうか。“捕り手”の独特な生態が面白い。前半の“捕り手”の見知らぬ惑星での大冒険といった展開が楽しかったです。

  • 洪七公 さん

    既読本

  • 霞 さん

    70億の針というマンガを読んだ時にこの話を元につくったと書かれていたのでいつか読もうと思っていたもの。 基本的には映画「ヒドゥン」みたいな話です(ヒドゥン好きなんです。でも20億の針の方が先に出てるのでヒドゥンもこれを元に作られてるんでしょうね)。 まぁまぁ面白かったけど 翻訳がまわりくどい言い回しだった…。

  • ブント大佐 さん

    どこにいるか分からない犯人を追いかけるサスペンスよりも、少年の日常を丁寧に描写していくことに主眼が置かれているので、割とほのぼのした印象でした。タイトルから想像されるよりもずっと狭い範囲での展開が続きますが、犯人が潜んでいる場所のヒントは、ちゃんと理詰めになっているのが良かったです。

  • 戸田健太朗 さん

    エイリアンの生態や物語の設定などの発想はこの自体によく考えついたと思えるくらいSF的に面白いけど、推理小説としてはいささかお粗末な展開と言わざるをえない。けど『ウルトラマン』や『ヒドゥン』や『寄生獣』などの元ネタになっているのは明白でそれだけでもかなり凄いと言わざるをえない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品