DVD

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 アルティメット・コレクターズ・エディション

ハリー・ポッター

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SDY27980
組み枚数
:
3
:
日本
フォーマット
:
DVD
その他
:
初回限定盤, シネスコサイズ/スクイーズ, コレクターズエディション, 2004

内容詳細

1作目「ハリー・ポッターと賢者の石」、2作目「ハリー・ポッターと秘密の部屋」がともに驚異的な観客動員記録を打ち立て、日本の映画興行史における歴代の動員記録でも2作品が揃って5本の指に入るというモンスターぶりを見せつけた「ハリー・ポッター」シリーズ!驚異のメガヒットシリーズの3作目は、今までとは桁外れに違う新しい世界を切り拓き、さらなる伝説に挑む!

今回ハリーは外見も内面も驚くべき成長を遂げる13歳。ハリーもハリーを演じるダニエル・ラドクリフたちも今までにない劇的な変化を見せる。襲いかかる恐怖もこれまでとは趣を異にする。人のつらい記憶を探り出し、それを糧にする吸魂鬼「ディメンター」、死を予告する死神犬「グリム」など、新モンスターもかつてないリアルな不気味さで登場。半身半馬の「ヒッポグリフ」、人とのあいだを行き来する「狼男」。「夜の騎士バス」「怪物的な怪物の本」、「忍びの地図」、「ニンバス2000」を上回る最新仕様の「ファイアボルト」など、続々と登場する魔界の住人や新アイテム。そのいずれもが格段にグレードアップされたCG効果のもと、前作をはるかに凌ぐ魔法の世界を創り出す。なかでも圧巻は、嵐の中で繰り広げられる大迫力のクィディッチ・シーン。さらに魔法の村「ホグズミード」などの探検で、舞台はホグワーツの外へも広がりを見せていく。

13歳になったハリーを待ち受けるのは、かつてない危機と驚愕の真実。両親を死に追いやった凶悪犯シリウス・ブラックの脱獄に迫り来る恐怖。不吉な死の予言さえ告げられる中、ハリーが直面する両親の死の真相。今まで見えなかったものが見え始め、わからなかったことがわかり始める第3章。登場人物たちの真の姿がいよいよ解き明かされていく。1章目で彼らと出会い、2章目でその成長を見届け、3章目で初めて知る、彼らの存在の意味。壮大な物語の根底をなす、時を超えた人物相関図が、今、明らかになる!

【映像特典】
DISC2:
●魔法界の不思議な生き物
●ニック・ダドマンの工房ツアー
●メイキング〜いざ魔法の世界へ〜
●メイキングPART1
●メイキングPART2
●アルフォンソ・キュアロン監督のインタビュー
●トレローニー先生の水晶玉(未公開シーン集)
●予告編集

DISC3:
占い学:トレローニー先生の水晶玉(未公開シーン集)
占い学:映画の出来るまで
占い学:シュランケン・ヘッドの頭(キャスト・監督・J.K.ローリングのインタビュー集)
大広間:スキャバーズを捕まえよう!(ゲーム)
大広間:聖歌隊の練習
大広間:カドガン卿の冒険(ゲーム)
闇の魔術に対する防衛術:見逃したかもしれない魔法(ゲーム)
ルーピン先生の教室ツアー
ハニーデュークス・ツアー
ホグワーツ校庭:ハグリッドの小屋:魔法生物飼育学
ホグワーツの校庭:ハグリッドの小屋:場面を作る
ホグワーツの校庭:ゲーム・プレビュー

13歳になったハリーを待ち受けていたのは、かつてない危機と驚愕の真実だった……。これまでの2作とは異なる世界を切り拓き、さらなる伝説に挑んだ『ハリー・ポッター』シリーズ第3章。(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
Blu-rayで鑑賞。画像の感想です。★5個、...

投稿日:2009/07/21 (火)

Blu-rayで鑑賞。画像の感想です。★5個、色彩が暗いのが残念ですが、ドキッとする映像美がありました。色彩が暗い分、CGの荒さも目立たなかった、高画質のバラつきはありましたが、Blu-rayを見た満足感は残りました。

S-VHS さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
★
★
この作品はシリーズを通して最も好きな作品...

投稿日:2008/06/09 (月)

この作品はシリーズを通して最も好きな作品です。この作品から、かなり感情移入出来る物語になって行くね。

Black-Chameleon さん | 埼玉県 | 不明

0
★
★
★
★
★
前二作から比べるとアクション的に物足りな...

投稿日:2005/12/20 (火)

前二作から比べるとアクション的に物足りないかもしれませんがその分、話の内容は非常に重要なところを描いています。主役三人の成長が見れますが中でも今回はハーマイオニー役のエマ・ワトソンが素晴らしいです。これを見て今公開中の四作目を見るとより一層楽しめると思います。でも原作を読んで欲しいというのが本音です(笑)

エイトマン さん |   | 不明

0

スタッフ・キャスト 関連するトピックス

洋画 に関連する商品情報

おすすめの商品