ハリソン・エヴァンズ・ソールズベリ

人物・団体ページへ

ニュー・エンペラー 毛沢東とケ小平の中国

ハリソン・エヴァンズ・ソールズベリ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784828817279
ISBN 10 : 4828817271
フォーマット
発行年月
1993年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
天児慧 ,  
追加情報
:
550p;20

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Miyoshi Hirotaka さん

    毛沢東とケ小平が過去の皇帝と違うのは、ソ連型の社会主義を支那に導入しようとしたところ。一方、支那は、国は奪うか奪われるかという異民族の王朝が入れ替わる地。同盟も忠臣も信用には値しない勝者総取りの歴史が続く。「君主論」が中世ヨーロッパの帝王学なら、支那は「資治通鑑」。西洋では、個人の欲望が組織を通じて暴走する仕組みが制御されたのに比べ、支那では、軍事力も当然の手段として行使される。文化大革命や天安門事件、最近の海洋進出で発揮されるこの国家の獣性はこれによるもの。我々は、中世の価値観で行動する国の隣にいる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品