CD

Symphonies Nos.31.59 & 73, Harnoncourt / Concentus Musicus Wien

ハイドン(1732-1809)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
WPCS4149
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

内容詳細

過激なアーノンクール節は健在。ハイドンが当時の「前衛作曲家」だったことがよくわかる。演奏も難しいんだな、これが。中でも31番「ホルン信号」の終楽章、延々とソロの変奏が続くくだりは聴いている方も緊張する。名手揃いだからこそ可能な選曲だ。(渓)(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ハイドン(1732-1809)

ハイドンは1732年に生まれ、1809年に亡くなっています。その77年の生涯は、29歳から58歳までを過ごした30年に及ぶエステルハージ時代を中心に、それ以前とそれ以降の3つの時期に分けて考えることができます。「エステルハージ以前」の28年間は、幼少期の声楽やさまざまな楽器演奏の修行、青年期に入ってからの作曲の勉強に

プロフィール詳細へ

ハイドン(1732-1809)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品