CD 輸入盤

交響曲集 クレンペラー&ニュー・フィルハーモニア管、フィルハーモニア管(3CD)

ハイドン(1732-1809)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
2153002
組み枚数
:
3
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

クレンペラー/ハイドン交響曲集(3CD)
EMIへのハイドン録音をすべて収録!

かなり以前に廃盤になってしまい、買いそびれたファンを残念がらせていたクレンペラーのハイドン交響曲集が、EMI TRIPLEシリーズから復活します。
 クレンペラー晩年のハイドン演奏には、昨今流行のオリジナル楽器演奏のような軽快さはありませんが、とはいえ重厚で大げさな昔風のハイドン演奏と異なることも確かです。その演奏の特徴は、比較的大柄で見通しの良いフォルムと、それを支える潔癖なフレージング、そして立体感の強いオーケストラ・サウンドが組み合わされたというユニークなもので、透明度の高いテクスチュアと独特の静謐なムードは、晩年のクレンペラーならではの魅力といえるものです。

CD1
・交響曲第88番ト長調(1964年録音)
・交響曲第98番変ロ長調(1960年録音)
・交響曲第101番ニ長調『時計』(1960年録音)
CD2
・交響曲第95番ハ短調(1970年録音)
・交響曲第100番ト長調(1965年録音)
・交響曲第102番変ロ長調(1965年録音)
CD3
・交響曲第92番ト長調『オックスフォード』(1971年録音)
・交響曲第104番ニ長調『ロンドン』(1964年録音)

 ニュー・フィルハーモニア管弦楽団
 フィルハーモニア管弦楽団(第98番、第101番)
 オットー・クレンペラー(指揮)

 ステレオ録音

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Haydn Symfonie Nr.88 I 6:59
  • 02. II 5:53
  • 03. III 4:24
  • 04. IV 3:57
  • 05. Symfonie Nr.98 I 6:27
  • 06. II 7:49
  • 07. III 5:59
  • 08. IV 6:46
  • 09. Symfonie Nr.101 I 7:25
  • 10. II 8:33
  • 11. III 8:11
  • 12. IV 4:36

ディスク   2

  • 01. Symfonie Nr.95 I 8:13
  • 02. II 6:22
  • 03. III 5:51
  • 04. IV 4:05
  • 05. Symfonie Nr.100 I 8:23
  • 06. II 6:28
  • 07. III 5:12
  • 08. IV 5:44
  • 09. Symfonie Nr.102 I 8:36
  • 10. II 6:23
  • 11. III 6:06
  • 12. IV 4:52

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
7
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
好みになるが、このどっしりした格調ある演...

投稿日:2013/11/13 (水)

好みになるが、このどっしりした格調ある演奏は好きだ。カラヤン、ワルターもこの部類に入るので勿論であるが、よくこれだけ録音残してくれたと感謝。88番なんか圧巻のできである。録音も古いのもありばらつくが、厚みのある音量と歪み感もあまり問題でなく良好。クレンペラーの古典として宝物と思っている。

tanobu さん | 兵庫県 | 不明

4
★
★
★
★
★
これが、あのマーラー交響曲第7番を指揮し...

投稿日:2012/01/27 (金)

これが、あのマーラー交響曲第7番を指揮した男と同一人物?と疑いたくなるほどのクレンペラーの芸風の広さ。加齢だけが要因ではあるまい。素通りの名曲88番はまさに比類なき名演。よく言われるユーモアは一切感じないし、クレンペラーに望むべきでもあるまい。標題付きも純粋に番号だけで呼びたい気がする。クレンペラー=重厚、と一言で片付けるのは短絡的。それを証明するハイドン・セットである。録音も勿論及第点。

淳メーカー さん | 愛知県 | 不明

2
★
★
★
★
★
「時計」「軍隊」「オックスフォード」など...

投稿日:2011/04/29 (金)

「時計」「軍隊」「オックスフォード」など気に入って聴いています。クレンペラー盤を聴いて、初めてハイドンにも味があって面白いなと思いました。溌剌としすぎたハイドンでは感じられない温かさがあって良いです。

TKOクラシック さん | 神奈川県 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ハイドン(1732-1809)

ハイドンは1732年に生まれ、1809年に亡くなっています。その77年の生涯は、29歳から58歳までを過ごした30年に及ぶエステルハージ時代を中心に、それ以前とそれ以降の3つの時期に分けて考えることができます。「エステルハージ以前」の28年間は、幼少期の声楽やさまざまな楽器演奏の修行、青年期に入ってからの作曲の勉強に

プロフィール詳細へ

ハイドン(1732-1809)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品