CD

交響曲第94番、第101番 リヒター&ベルリン・フィル

ハイドン(1732-1809)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCG4265
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

20世紀の巨匠シリーズ カール・リヒターの芸術 全15タイトル

バッハの化身とまで謳われた、20世紀バッハの第一人者リヒターのアルヒーフ、DGの録音を集大成。もちろん、バッハ以外にも定評のある演奏を残した彼の、指揮者として、そしてオルガニスト、チェンバロ奏者としての名録音を集大成しました。(ユニバーサルミュージック)

ハイドン:
・交響曲 第94番 ト長調『驚愕』
・交響曲 第101番 ニ長調『時計』
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 カール・リヒター(指揮)
 録音:1961年(ステレオ)

内容詳細

リヒターがベルリン・フィルと残したハイドン。まさに虚飾を排した古典的な均整美をたたえた演奏で、バッハでみせるリヒターとは違う一面と相通ずる面が同居している。興味の尽きない一枚だ。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
リヒターがベルリン・フィルを振った貴重な...

投稿日:2020/01/18 (土)

リヒターがベルリン・フィルを振った貴重な記録にとどまらず、この二曲のハイドンはとても素晴らしい。しっくりと耳に溶け込んでくる。聴き終えて、心地よい感動に満たされた。これは聞き応えのあるハイドンだ。

じゅんとねね さん | 北海道 | 不明

0
★
★
★
★
★
僕にとっては、これこそハイドンの基本であ...

投稿日:2008/01/11 (金)

僕にとっては、これこそハイドンの基本であります。

ヒューブーン さん | 静岡県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ハイドン(1732-1809)

ハイドンは1732年に生まれ、1809年に亡くなっています。その77年の生涯は、29歳から58歳までを過ごした30年に及ぶエステルハージ時代を中心に、それ以前とそれ以降の3つの時期に分けて考えることができます。「エステルハージ以前」の28年間は、幼少期の声楽やさまざまな楽器演奏の修行、青年期に入ってからの作曲の勉強に

プロフィール詳細へ

ハイドン(1732-1809)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品