CD 輸入盤

ピアノ・ソナタ全集 ヤンドー(10CD)

ハイドン(1732-1809)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
8501042
組み枚数
:
10
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

FRANZ JOSEPH HAYDN (1732-1809)
The Complete Piano Sonatas (10 CD Box set)

Jeno Jando (piano)

HAYDN: Piano Sonatas Nos. 1-10 8.553824
HAYDN: Piano Sonatas Nos. 11-16 and 18 8.553825
HAYDN: Piano Sonatas Nos. 17, 19 and 28 / Arietta con 12 Variazioni 8.553826
HAYDN: Piano Sonatas Nos. 20 and 30-32 8.553364
HAYDN: Piano Sonatas Nos. 29 and 33-35 8.553800
HAYDN: Piano Sonatas Nos. 36-41 8.553127
HAYDN: Piano Sonatas Nos. 42-47 8.550844
HAYDN: Piano Sonatas Nos. 48-52 8.553128
HAYDN: Piano Sonatas Nos. 53-56 and 58 / Un Piccolo Divertimento 8.550845
HAYDN: Piano Sonatas Nos. 59-62 8.550657

The variety and boldness of invention found in Haydn’s piano sonatas are rewarded by Jeno Jando’s 'no-nonsense, down-to-earth vivacity' (BBC Music Magazine) in this boxed set. Eminently collectable as the series has been, it is now presented complete. These sonatas give a more continuous and unified portrait of Haydn’s musical development than any other part of his output and as such form one of the greatest treasure troves in the history of music.

収録曲   

クラシック曲目

すべての収録曲を見る

  • Franz Joseph Haydn (1732 - 1809)
    Sonata for Keyboard no 1 in G major, H 16 no 8
    演奏者 :
    Jando, Jeno (Piano)
    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : Classical
    • 形式 : Sonata
    • 作曲/編集場所 : by 1766, Austria
    • 言語 :
    • 時間 : 4:5
    • 録音場所 : , []
  • Franz Joseph Haydn (1732 - 1809)
    Sonata for Keyboard no 2 in C major, H 16 no 7
    演奏者 :

    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : Classical
    • 形式 : Sonata
    • 作曲/編集場所 : by 1766, Austria
    • 言語 :
    • 時間 : 4:46
    • 録音場所 : , []

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
6
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
とても楽しい演奏ですね。聞き流すにはとて...

投稿日:2017/01/11 (水)

とても楽しい演奏ですね。聞き流すにはとても良いと思います。良い評価が並んでいるのもうなづけます。 ただ、私は、もう少し正確な演奏が好きなので星4つ。

氷の丈二 さん | 山梨県 | 不明

2
★
★
★
★
★
誠実でとても聴きやすく、ハイドンの愉しさ...

投稿日:2016/02/25 (木)

誠実でとても聴きやすく、ハイドンの愉しさが伝わる演奏です。全体的に快活な雰囲気が漂いますが、緩徐楽章などの歌う部分では、控えめながらも美しい演奏になっています。疾風怒涛期作品や後期作品での堂々としたタッチも見事ですし、初期の楽曲も、こんなに純粋で魅力的な曲だったんだ!と思い知らされます。もちろん、一曲一曲を取り出して他の録音と比較すると、この録音を上回る演奏は数多くあるかもしれませんが、全集であることを考えると、これほどまでに出来不出来のない演奏は中々ないと思います。全集はオルベルツやマッケイブ、ショルンスハイムなどがありますが、私はこのヤンドー盤が一番好きです(次いでオルベルツでしょうか。全集ではありませんが、アックスやアムランも素晴らしいですね)。ヤンドーと聞くと、「ヤンドーってめっちゃ録音してるあの人でしょ?手抜き演奏なんじゃないの?」と思ってしまう方が、恐らく多い気がします。かく言う私も、バッハやリストなどの録音では、もっと推敲の余地があったのでは…と思ったりします笑 しかし、このハイドンではそういうところはなく、「ああ、ハイドンっていいなあ」と、素直に思える素敵な演奏になっているんじゃないかなと思います。ハイドンが好きな方にも、ハイドンって余り聴いたことなくて…という方にもお勧めです。私はこの録音で、ハイドンにはまりました。ぜひぜひ、買ってみてください。

Franz さん | 北海道 | 不明

4
★
★
★
★
★
ずっと以前から聴きたいと思っていましたが...

投稿日:2015/04/26 (日)

ずっと以前から聴きたいと思っていましたが、今回やっとその機会が来ました。録音は良いです。ピアノの音の切れが良く、一つ一つの音が水玉が踊るように聞こえます。ただ残念なのは演奏者の呟き声が時々入り、音が濁るようだ。曲については、まだ全て聴いたわけではありませんが、初期(30歳頃か?)の作品は、あまり個性は無く、面白みは感じられませんでしたが、後期(60歳頃か?)はさすがに聴き応えがあり、いい音楽を聴いたくことができたと思います。演奏の良否はわかりませんが、私の中では、確実にスタンダードな演奏として記憶に残ると思います。演奏時間も1曲当たり5分から20分程度で比較的時間が短いので、気軽に気分転換に取り出して聴くにはいいかも知れません。

風の又三郎 さん | 岐阜県 | 不明

4

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ハイドン(1732-1809)

ハイドンは1732年に生まれ、1809年に亡くなっています。その77年の生涯は、29歳から58歳までを過ごした30年に及ぶエステルハージ時代を中心に、それ以前とそれ以降の3つの時期に分けて考えることができます。「エステルハージ以前」の28年間は、幼少期の声楽やさまざまな楽器演奏の修行、青年期に入ってからの作曲の勉強に

プロフィール詳細へ

ハイドン(1732-1809)に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品